219件中 11 - 20件表示
  • Opera

    Operaから見たYahoo! JAPAN

    ただし、GoogleやYahoo! JAPANなどのツールバーをはじめとする、特定のブラウザを対象とした拡張ソフトウェアは、Operaでは利用できない。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たAndroid

    クロスプラットフォームなソフトウェアとして開発されており、デスクトップ版はWindowsやMacintosh、Linuxなどのオペレーティングシステムに対応している。また、携帯機器・デジタル家電などへの組み込みにも適しており、2000年代にはニンテンドーDSやWiiなどの各種ゲーム機、ハイビジョンテレビ、携帯電話(フィーチャーフォン)などに幅広く採用された。スマートフォン・タブレット(Android・iOS)向けの製品も提供されている。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たSolaris

    コンピュータ用Operaの対応OSはBeOS、Linux、FreeBSD、Solaris、macOS (Intel Mac) と16ビット及び32ビットのWindowsの各オペレーティングシステム。バージョン12より、64ビット版 (Windows, Mac OS X) を提供していたが、バージョン15以降HTMLレンダリングエンジンの変更に伴い廃止された。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たフィーチャーフォン

    クロスプラットフォームなソフトウェアとして開発されており、デスクトップ版はWindowsやMacintosh、Linuxなどのオペレーティングシステムに対応している。また、携帯機器・デジタル家電などへの組み込みにも適しており、2000年代にはニンテンドーDSやWiiなどの各種ゲーム機、ハイビジョンテレビ、携帯電話(フィーチャーフォン)などに幅広く採用された。スマートフォン・タブレット(Android・iOS)向けの製品も提供されている。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たフィッシング (詐欺)

    普及率が低いためInternet Explorerなどに比べてクラッカーの標的にされにくい面がある。新たに発見されたセキュリティホールへの対処はIEのような修正パッチではなく新しいバージョンで提供されるため、最新の安定版を使うことが推奨される。またバージョンアップのたびにフィッシング詐欺やマルウェアなどへの対策を強化している。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たオペラ・ソフトウェア

    Opera(オペラ)は、ノルウェーのソフトウェア開発会社、オペラ・ソフトウェア (Opera Software ASA) によって製作されているウェブブラウザである。法人としてのオペラ・ソフトウェアは、2016年7月、中国の奇虎360に6億アメリカドルで売却され、同社の傘下に入っている。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たゲイル・イヴァルセイ

    ゲイル・イヴァルセイ(共同開発者)Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たGyao

    for Gyao NEXT用セットボックスOpera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たBing

    バージョン10.60で実装された(当初は隠し機能だった)。アドレスフィールドに「g 検索ワード」と入力すると、Googleの検索予測候補を表示する。BingやWikipediaの英語版などにも対応している。Google ChromeやInternet Explorer 9にも同様の機能がある。最新バージョンでは、IMEの未確定文字にも対応した。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たRSS

    この他、IRCクライアント、ネットニュースリーダー、RSSフィードリーダーの各機能、またVer.9からはBitTorrentクライアント機能やウィジェット機能も搭載されている。BitTorrentクライアント機能に関しては、米BitTorrent社との間で、商標の使用やBitTorrentサーチエンジンへのアクセスなどに関して提携が結ばれている。Opera フレッシュアイペディアより)

219件中 11 - 20件表示

「Opera」のニューストピックワード