1985件中 21 - 30件表示
  • ラリーX

    ラリーXから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    プレイステーション・ポータブル版『ナムコミュージアム VOL.1』に収録。ラリーX フレッシュアイペディアより)

  • モンハン日記 ぽかぽかアイルー村

    モンハン日記 ぽかぽかアイルー村から見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    2010年(平成22年)8月26日にカプコンから発売されたプレイステーション・ポータブル(PSP)用コンピュータゲームソフト。本シリーズで最初に発売されたゲーム作品。モンハン日記 ぽかぽかアイルー村 フレッシュアイペディアより)

  • 英雄伝説VII

    英雄伝説VIIから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    これまでの《英伝シリーズ》は全てパーソナルコンピュータ (PC) をオリジナルプラットフォームとして発売されていたが、本作は両作ともにプレイステーション・ポータブル (PSP) 向けに制作・発売され、初のコンシューマ機をオリジナルプラットフォームとした作品となった。英雄伝説VII フレッシュアイペディアより)

  • ペルソナシリーズ

    ペルソナシリーズから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    2009年4月29日に、プレイステーション・ポータブルにてリメイク作品『ペルソナ』が発売された。ペルソナシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤芳樹 (編曲家、作曲家)

    近藤芳樹 (編曲家、作曲家)から見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    「ソールトリガー」(PSP用ゲームソフト)「binarylovers.com」としてBGM作編曲提供(2012年)近藤芳樹 (編曲家、作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルファンタジー

    ファイナルファンタジーから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    前述のように、本作はシリーズ中でも特に多くのリメイク・移植がなされている。ワンダースワンカラー版以降のリメイク版のタイトルロゴは、『FFIV』以降の字体が用いられ、「光の戦士」が描かれている。ロゴのキャラクターデザインは天野喜孝である。プレイステーション・ポータブル版では、再度タイトルロゴがリニューアルされた。ファイナルファンタジー フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation Vita

    PlayStation Vitaから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    PlayStation Portable (PSP) の次世代型携帯ゲーム機で、Wi-Fiモデルと3G/Wi-Fiモデルの2種類が用意されている。SCEによれば「エンタテインメントと現実の境界を越え、日々の生活そのものを遊びに変えていきたいという気持ちをこめて」、英語の「Life」に相当するラテン語の「Vita」が名称に採用された。キャッチコピーは「遊んだら仲間だ。」。公式では「携帯型エンタテインメントシステム」と表現している。PlayStation Vita フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント

    ソニー・コンピュータエンタテインメントから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    しかし、2004年に発売したPlayStationプラットフォーム初の携帯型ゲーム機PlayStation Portable(PSP)や、ブルーレイプレイヤーとしても普及の引導役を期待されていた2006年発売のPlayStation 3(PS3)は、任天堂のニンテンドーDSやWiiとの普及競争に苦戦した。両ハードとも日本や欧州で一定の成功を収めていたが、PS3は北米市場においてマイクロソフトのXbox 360にも先を越され、据置機では3番手にまで落ち込んでいた。ソニー・コンピュータエンタテインメント フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルファンタジーIV

    ファイナルファンタジーIVから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    オリジナル版は、スーパーファミコン向けソフトとして1991年7月19日に発売された。スクウェアのスーパーファミコン参入第1弾ソフト。また同年10月29日には『イージータイプ』と呼ばれる初心者向けの別バージョンも発売されている。1997年3月21日、及び1999年3月11日にはプレイステーション版が発売されている(1997年に発売されたのはコンビニエンスストア向けの単品、1999年に発売されたのは『FFV』及び『FFVI』を含めた一般ルート向けの『ファイナルファンタジーコレクション』)。2002年3月28日には「スクウェア マスターピース」シリーズの1つとしてワンダースワンカラー版が、2005年12月15日にはゲームボーイアドバンス版が発売されている。2007年12月20日には3DでフルリメイクされたニンテンドーDS版が発売され、2009年8月4日からWiiのバーチャルコンソールでスーパーファミコン版が配信されている。2009年10月5日よりiアプリ(NTTドコモ)版の配信が始まり、同年12月10日にはEZアプリ (au) 版が配信され、2010年1月13日にはS!アプリ(ソフトバンクモバイル)版が配信されている。価格はいずれも800FFポイント(税込840円相当)。2011年3月24日には『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』 (FINAL FANTASY IV Complete Collection FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS) として、プレイステーション・ポータブルにて発売された。PSP版は本編と続編『月の帰還』に加え、2つの話を繋ぐシナリオも挿入されている。2012年6月27日にはプレイステーション3とプレイステーション・ポータブルにてプレイステーション版がゲームアーカイブス版として配信開始された。2012年12月20日にはDS版を移植したiOS版が配信開始された。2013年春にはAndroid版の配信も予定されている。ファイナルファンタジーIV フレッシュアイペディアより)

  • グランド・セフト・オートシリーズ

    グランド・セフト・オートシリーズから見たPlayStation PortablePlayStation Portable

    グランド・セフト・オートIIIシリーズ第5弾で、グランド・セフト・オートシリーズ初のPSP版。2005年10月25日にPSP北米版が発売され、2006年6月6日にPS2北米版が発売された。2007年7月26日にPSPの日本版が発売され、2007年9月6日にPS2の日本版も発売された。今作は『GTA3』の約3年前の1998年を舞台にし本作の主人公は同ゲームに登場したレオーネ・ギャングの一員、トニー・シプリアーニ。グランド・セフト・オートシリーズ フレッシュアイペディアより)

1985件中 21 - 30件表示

「プレイステーション・ポータブル」のニューストピックワード

  • はぐれ署長の殺人急行 九十九里浜迷宮ダイヤ