318件中 71 - 80件表示
  • エドツワキ

    エドツワキから見たPUFFYPUFFY

    6月、『STUDIO VOICE』にてゲストとアート作品を作り上げる連載「Teacher EDISON」がスタート(全20回で終了、登場したゲストは吉川ひなの、りょう、浅井健一、パフィー、甲田益也子、ジェームス・イハ、CHARA、矢野顕子、立花ハジメ 他、未刊行)。エドツワキ フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトニッポンTV

    オールナイトニッポンTVから見たPUFFYPUFFY

    2006年12月26日23:55-24:55に続編『松任谷由実のオールナイトニッポンTV2』が放送された。ゲストに布袋寅泰・倖田來未・AI・黒柳徹子・『CHIMPAN NEWS CHANNEL』のゴメス・チェンバリン(声の出演:ビビる大木)を迎えトークを繰り広げた。ユーミンと「A HAPPY NEW YEAR」をコラボしたスガシカオ、「アジアの純真」をコラボしたPUFFY、「ルージュの伝言」をカバーしたザ50回転ズも出演した。オールナイトニッポンTV フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語千年紀 Genji

    源氏物語千年紀 Genjiから見たPUFFYPUFFY

    作詞・作曲・編曲 - 椎名林檎 / 歌 - PUFFY源氏物語千年紀 Genji フレッシュアイペディアより)

  • ハーモニーゴールド USA

    ハーモニーゴールド USAから見たパフィーPUFFY

    『プロトカルチャー・アディクツ (Protoculture Addicts / PA)』社は経営安定の観点から、TOKYOPOP社の例に倣(なら)い、現在は日本アニメだけではなく、広く日本の歌手パフィーを始めとするサブカルチャー文化や日本の漫画、欧米人が日本漫画のスタイル(流儀)と手法を用いて描いた『OELマンガ』、中国人、韓国人、ドイツ人が描いた漫画なども出版権を獲得、翻訳して供給しているが、創刊20周年記念特大号に於いてはその出自を忘れず、ロボテック: シャドウ・クロニクル / 影の年代記の特集記事を組む(出典源:PA#94 :20th anniversary of the magazine " ROBOTECH History ")など、ハーモニー・ゴールド USA 社と ロボテック・シリーズ との密接な関係を維持している。ハーモニーゴールド USA フレッシュアイペディアより)

  • 柴田義也

    柴田義也から見たPUFFYPUFFY

    1990年に同バンドを脱退。その後、Zion High Playersに参加。PUFFYのバックとしての活動とパーカッションの修行を経て、2007年から長野県のミュージックスクールでGee2wo名義でピアノ・パーカッションの講師を務めている。柴田義也 フレッシュアイペディアより)

  • 80kidz

    80kidzから見たPUFFYPUFFY

    PUFFY - 「ウエディング・ベル (80kidz Remix)」 2009年7月29日80kidz フレッシュアイペディアより)

  • 渚にまつわるエトセトラ

    渚にまつわるエトセトラから見たPUFFYPUFFY

    「渚にまつわるエトセトラ」(なぎさ-)は、PUFFYの4枚目のシングル。1997年4月16日発売。発売元はエピックレコードジャパン。渚にまつわるエトセトラ フレッシュアイペディアより)

  • FPM Boot

    FPM Bootから見たPUFFYPUFFY

    渚にまつわるエトセトラ(Take Me To The Disco) / PUFFYFPM Boot フレッシュアイペディアより)

  • Tokyo I'm On My Way

    Tokyo I'm On My Wayから見たPUFFYPUFFY

    『Tokyo I'm On My Way』(トキオ・アイム・オン・マイ・ウェイ)は、日本の女性歌手コンビであるPUFFYの21枚目のシングル。Tokyo I'm On My Way フレッシュアイペディアより)

  • SPARKS GO GO

    SPARKS GO GOから見たPUFFYPUFFY

    『ルーシーはムーンフェイス』(1992.05.21)(※NEW OLD STOCKに収録されているセルフカバー版がニッポン放送系、西川貴教のオールナイトニッポンのEDで使用されていた。PUFFYもカバーで出している。)SPARKS GO GO フレッシュアイペディアより)

318件中 71 - 80件表示

「PUFFY」のニューストピックワード