207件中 91 - 100件表示
  • PUFFY

    PUFFYから見た古田たかし

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たロドニー・アラン・グリーンブラット

    こうした成功は単なる音楽的成功というより、さらに広範な文化的成功と呼ぶべきものであり、日本のみならず台湾等の東アジア地域にも波及した。97年からアジアキャンペーンを行い、98年には台湾で発売したCD全てがゴールドディスクを受賞した。98年、99年にはツアーの一環として香港・台湾でもコンサートを行った(99年は台湾大地震により中止)。シングルCDのジャケット等を担当していた、米国のイラストレーター、ロドニー・アラン・グリーンブラットによるキャラクター商品は人気を博した。ツアーグッズは飛ぶように売れ、本人たちもステージで着用したTシャツは偽物が出回るほど爆発的な人気を得た。この時期、二人はドラマの撮影やMCを担当していた朝の生番組、パパパパパフィーの収録と、寝る暇がないほど非常に多忙を極めていたが、レコーディングや全国ツアーなど音楽活動も確実に続けていた。冠番組が4年半に渡り毎週放送されたことは、デビュー時のブームで獲得した認知度を定着させる上で重要な役割を果たし、音楽活動と併せて、PUFFYの活動の両輪とも言うべき重要な位置を占めた。しかしこの番組によって、歌手としてのPUFFYの認識が薄れてしまい、現実と世間のイメージに徐々にギャップが生じてしまう事となる。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た奥居香岸谷 香

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たPENICILLIN

    番組共演:相川七瀬、雨上がり決死隊、及川光博、大泉洋、加藤晴彦、ガレッジセール、菅野美穂、篠原ともえ、鈴木紗理奈、ピエール瀧、広瀬光治、藤井隆、PENICILLIN、MAX、ユースケ・サンタマリア、YUKIなどPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た小室ファミリー

    ELOに影響された曲調とナンセンスな歌詞を持つこの曲は、何より気さくなユーモアを備えており、それをジーンズにTシャツ姿のパフィーが「自然体」「脱力系」等と評された、力みのないパフォーマンスで表現した。偶然が重なった企画的なユニットであったが、かえって気負いのない二人のキャラクターが、当時全盛であった小室ファミリーとは一線を画す存在として世間に受け、デビュー作にしてミリオンヒットとなった。デビュー後にはPV撮影の為に渡米し、アメリカ大陸を2週間かけて横断した(この模様は『これが私の生きる道』のPVおよびビデオ・フォトブック『RUN!PUFFY!RUN!』に収められている)。その後もアルバム『amiyumi』、 2ndシングル『これが私の生きる道』 と相次いで奥田プロデュースの作品を発表し、この曲は翌春の選抜高等学校野球大会の入場曲に使用された。その年の音楽新人賞を、新人としてはPUFFYと人気を二分していたSPEEDとの一騎討ちがあったにもかかわらず、総なめにした。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たJUSTY-NASTY

    辻剛(ex.JUSTY-NASTY、1997年 - 2006年)PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たDr.StrangeLove

    古田たかし(ex.Dr\.StrangeLove、初期バンマス、1997年 - )PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たSNUFF

    SNUFFトリビュートアルバム「Yowavinalaaaafincha? -A Tribute To Snuff-」(2008年9月24日発売)PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たブッチ・ウォーカー

    曲提供(海外):アンディ・スターマー、アヴリル・ラヴィーン、ブッチ・ウォーカー、デクスター・ホーランドなどPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たナンバーガール

    2000年、米国テキサス州で行われたロック・フェスティバル「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)に出演した。この時は「思い出作り(本人談)」のつもりで気軽にライブを行ったが、現地のアメリカ人にウケが良く、また、同じく日本から出演したナンバーガールやロリータ18号のライブに感銘を受け、二人はライブに対する考え方が変化したという。レギュラー番組が終了したのを機に、2002年に初の北米ツアーを行い、『SPIKE』で全米インディーズデビューした。なお、北米で「Puffy AmiYumi」と名乗るのは、パフィーの愛称を持つラッパー、ショーン・コムズから警告を受けての事である。PUFFY フレッシュアイペディアより)

207件中 91 - 100件表示

「PUFFY」のニューストピックワード