207件中 21 - 30件表示
  • PUFFY

    PUFFYから見たピエール瀧

    番組共演:相川七瀬、雨上がり決死隊、及川光博、大泉洋、加藤晴彦、ガレッジセール、菅野美穂、篠原ともえ、鈴木紗理奈、ピエール瀧、広瀬光治、藤井隆、PENICILLIN、MAX、ユースケ・サンタマリア、YUKIなどPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た千原ジュニア

    PUFFYのスタイルは、当時の風潮である緊張感や露骨な向上心の対極に位置する物であり、打ち込みサウンドが主流となっていた音楽シーンにおいて'60?'70年代ロックやモノラルサウンドが逆に新鮮さを与え、多くの支持を受けたのである。また、プロデューサーの奥田をはじめ豪華な作家陣、有名コレオグラファーの南流石による振り付け、カジュアルではあるが身につけていたジーンズやベルトなどは高価なものと、過剰となりがちな要素をバランス良く消化して自分のスタイルにするセンスが受け入れられ、音楽界のみならず各方面に取り上げられた。さらに二人のユニークで自由なキャラクターをテレビ業界は放っておかず、1997年10月に初の冠番組である『パパパパパフィー』が放送開始された。この番組は、デビュー直後のHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(1996年10月28日放送)出演時に、内気な性格と経験不足から何も喋ることができない二人に対し、「その様なことでは、もし冠番組を持ったときにどうするのか」として、司会の予行演習を行わせようとした松本人志が発した架空のTV番組のタイトルを、そのまま採用して生まれたものであった。また、2010年に千原ジュニアが戦場カメラマン渡部陽一を初めて見た際に「初めてPUFFYを見た時と同じ感覚で、この人引っ張りだこになるやろな」と感じたと引き合いに出している。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た甲本ヒロト

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た横山健

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たJUN SKY WALKER(S)

    小林雅之(JUN SKY WALKER\(S\)、テレビ出演時、2000年 - )PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た松本人志

    PUFFYのスタイルは、当時の風潮である緊張感や露骨な向上心の対極に位置する物であり、打ち込みサウンドが主流となっていた音楽シーンにおいて'60?'70年代ロックやモノラルサウンドが逆に新鮮さを与え、多くの支持を受けたのである。また、プロデューサーの奥田をはじめ豪華な作家陣、有名コレオグラファーの南流石による振り付け、カジュアルではあるが身につけていたジーンズやベルトなどは高価なものと、過剰となりがちな要素をバランス良く消化して自分のスタイルにするセンスが受け入れられ、音楽界のみならず各方面に取り上げられた。さらに二人のユニークで自由なキャラクターをテレビ業界は放っておかず、1997年10月に初の冠番組である『パパパパパフィー』が放送開始された。この番組は、デビュー直後のHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(1996年10月28日放送)出演時に、内気な性格と経験不足から何も喋ることができない二人に対し、「その様なことでは、もし冠番組を持ったときにどうするのか」として、司会の予行演習を行わせようとした松本人志が発した架空のTV番組のタイトルを、そのまま採用して生まれたものであった。また、2010年に千原ジュニアが戦場カメラマン渡部陽一を初めて見た際に「初めてPUFFYを見た時と同じ感覚で、この人引っ張りだこになるやろな」と感じたと引き合いに出している。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たELO

    ELOに影響された曲調とナンセンスな歌詞を持つこの曲は、何より気さくなユーモアを備えており、それをジーンズにTシャツ姿のパフィーが「自然体」「脱力系」等と評された、力みのないパフォーマンスで表現した。偶然が重なった企画的なユニットであったが、かえって気負いのない二人のキャラクターが、当時全盛であった小室ファミリーとは一線を画す存在として世間に受け、デビュー作にしてミリオンヒットとなった。デビュー後にはPV撮影の為に渡米し、アメリカ大陸を2週間かけて横断した(この模様は『これが私の生きる道』のPVおよびビデオ・フォトブック『RUN!PUFFY!RUN!』に収められている)。その後もアルバム『amiyumi』、 2ndシングル『これが私の生きる道』 と相次いで奥田プロデュースの作品を発表し、この曲は翌春の選抜高等学校野球大会の入場曲に使用された。その年の音楽新人賞を、新人としてはPUFFYと人気を二分していたSPEEDとの一騎討ちがあったにもかかわらず、総なめにした。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たグループ魂

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たジョン・レノン

    ジョン・レノントリビュートアルバム「HAPPY BIRTHDAY,JOHN」(2005年9月30日発売)PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た草野マサムネ

    曲提供(国内):井上陽水、奥居香、奥田民生、ギターウルフ、グループ魂、草野マサムネ、甲本ヒロト、小西康陽、斉藤和義、サエキけんぞう、桜井鉄太郎、椎名林檎、志村正彦、鈴木祥子、SPARKS GO GO、チバユウスケ、トータス松本、古田たかし、細美武士、真心ブラザーズ、真島昌利、山中さわお、横山健、吉井和哉などPUFFY フレッシュアイペディアより)

207件中 21 - 30件表示

「PUFFY」のニューストピックワード