207件中 61 - 70件表示
  • PUFFY

    PUFFYから見たぴあ

    「それはなにかとたずねたら―PUFFY1996/2000」(単行本、ぴあ、2000年)PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たソニー

    東京都出身の大貫亜美は、高校在学中に結成したバンドのデモテープを、「落選通知を受け取るために」 ソニー主催オーディションに送った。結果は意外にも合格であったが、メンバー全員乗り気でなかったため解散。志望職種であったCAを目指して進学したが、彼女の声質に魅力を感じたソニーのスタッフに説得され、外語専門学校に通うかたわら歌唱指導を受けるなど、ソロ歌手としてデビューの準備を進めていた。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たコナミ

    また、PUFFYを直接キャラクター化したものではないが、コナミの音楽ゲーム『pop'n music』のメインキャラクターである『ミミ(ウサギ)』と『ニャミ(ネコ)』は、明らかに亜美・由美2人のキャラ性をモチーフとしている。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たチバユウスケ

    『Splurge』以降は、嘗ての様に複数の作曲者から作品の提供を受け、個々にプロデュースを依頼するといった傾向が続いている。曲の提供は、しばしば奥田やアンディも手掛けるが、アルバムには国内外問わず二人が好きなアーティストにリクエストし、椎名林檎や斉藤和義、チバユウスケ、山中さわおなどは複数の楽曲を提供している。これほど多くのアーティストから曲提供を受ける歌手は珍しく、また他者に楽曲提供をすることの少ない個性的なアーティスト達もクレジットに名を連ねるのは、二人のキャラクターの魅力、ジャンルレスに受け入れる寛容さ、柔軟なボーカルセンスの賜物であろう。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たギターウルフ

    ギターウルフトリビュートアルバム「I LOVE GUITAR WOLF very much」(2004年6月23日発売)PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たデクスター・ホーランド

    日本公演に訪れていたオフスプリングのデクスター・ホーランドに作曲を依頼した『Tokyo I'm On My Way』は、 LA MUSIC AWARD 06において「World Music Single of the year」に輝いた。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た山中さわお

    『Splurge』以降は、嘗ての様に複数の作曲者から作品の提供を受け、個々にプロデュースを依頼するといった傾向が続いている。曲の提供は、しばしば奥田やアンディも手掛けるが、アルバムには国内外問わず二人が好きなアーティストにリクエストし、椎名林檎や斉藤和義、チバユウスケ、山中さわおなどは複数の楽曲を提供している。これほど多くのアーティストから曲提供を受ける歌手は珍しく、また他者に楽曲提供をすることの少ない個性的なアーティスト達もクレジットに名を連ねるのは、二人のキャラクターの魅力、ジャンルレスに受け入れる寛容さ、柔軟なボーカルセンスの賜物であろう。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た南流石

    PUFFYのスタイルは、当時の風潮である緊張感や露骨な向上心の対極に位置する物であり、打ち込みサウンドが主流となっていた音楽シーンにおいて'60?'70年代ロックやモノラルサウンドが逆に新鮮さを与え、多くの支持を受けたのである。また、プロデューサーの奥田をはじめ豪華な作家陣、有名コレオグラファーの南流石による振り付け、カジュアルではあるが身につけていたジーンズやベルトなどは高価なものと、過剰となりがちな要素をバランス良く消化して自分のスタイルにするセンスが受け入れられ、音楽界のみならず各方面に取り上げられた。さらに二人のユニークで自由なキャラクターをテレビ業界は放っておかず、1997年10月に初の冠番組である『パパパパパフィー』が放送開始された。この番組は、デビュー直後のHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(1996年10月28日放送)出演時に、内気な性格と経験不足から何も喋ることができない二人に対し、「その様なことでは、もし冠番組を持ったときにどうするのか」として、司会の予行演習を行わせようとした松本人志が発した架空のTV番組のタイトルを、そのまま採用して生まれたものであった。また、2010年に千原ジュニアが戦場カメラマン渡部陽一を初めて見た際に「初めてPUFFYを見た時と同じ感覚で、この人引っ張りだこになるやろな」と感じたと引き合いに出している。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たミリオンヒット

    ELOに影響された曲調とナンセンスな歌詞を持つこの曲は、何より気さくなユーモアを備えており、それをジーンズにTシャツ姿のパフィーが「自然体」「脱力系」等と評された、力みのないパフォーマンスで表現した。偶然が重なった企画的なユニットであったが、かえって気負いのない二人のキャラクターが、当時全盛であった小室ファミリーとは一線を画す存在として世間に受け、デビュー作にしてミリオンヒットとなった。デビュー後にはPV撮影の為に渡米し、アメリカ大陸を2週間かけて横断した(この模様は『これが私の生きる道』のPVおよびビデオ・フォトブック『RUN!PUFFY!RUN!』に収められている)。その後もアルバム『amiyumi』、 2ndシングル『これが私の生きる道』 と相次いで奥田プロデュースの作品を発表し、この曲は翌春の選抜高等学校野球大会の入場曲に使用された。その年の音楽新人賞を、新人としてはPUFFYと人気を二分していたSPEEDとの一騎討ちがあったにもかかわらず、総なめにした。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見たSUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2005」「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」「SMA バリ3カーニバル」PUFFY フレッシュアイペディアより)

207件中 61 - 70件表示

「PUFFY」のニューストピックワード