231件中 61 - 70件表示
  • Perfume

    Perfumeから見たCandy (歌手)

    Candy「Promise」- ヒップホップ系のダンスを踊るバックダンサーとして出演。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た近田春夫

    (平成19年12月22日号)「たちまち、語リンピックせん?スペシャル! 「ジェニーはご機嫌ななめ」対談 Perfume×近田春夫Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た凛として時雨

    ミュージシャン、芸人など男女を問わずファンであることを公言している有名人も多い。 スガシカオやピエール中野(凛として時雨)は、Perfumeがメジャーデビューして間もない頃からのファンであり、ブレイク以前のPerfumeがかつて開いていた握手会にも通っていた。土田晃之は「Perfume芸人」を公言し、本人達の前で、本人達曰く「完璧な」ダンスの振り付けを披露した。 ウッチャンナンチャンの内村光良もファンを公言し、「チョコレイト・ディスコ」「ポリリズム」のダンスを番組で披露している。内村は山小屋の前で「完璧」なポリリズムのダンスを披露した。オリエンタルラジオの中田敦彦は、独自に編み出した「Twinkle Snow Powdery Snow」のダンスを、テレビ番組において度々披露している。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た田中裕介 (映像作家)

    「エレクトロ・ワールド」、「Twinkle Snow Powdery Snow」、「ポリリズム」、「love the world」、「Dream Fighter」のPVのCGはゴンゾが制作している。また、「シークレットシークレット」「ナチュラルに恋して」「ねぇ」のPVディレクターは児玉裕一、「スパイス」のPVディレクターは島田大介、「Spring of Life」「Spending all my time」のPVディレクターは田中裕介が務めた。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見たMIKIKO (振付師)

    Perfumeの大きな特徴の2つ目として挙げられるのはアクターズスクール広島時代から3人のダンス指導にあたった演出振付家 MIKIKOの振り付けによるダンスパフォーマンスである。Perfumeのデビュー以来のすべての楽曲の振り付けを担当している。Perfumeのダンスは、パッと見てキャッチーで簡単そうに見えて、実は難しい。なお、「Perfumeの掟」はMIKIKOによる提案企画である。MIKIKOは現在もアクターズスクール広島の常勤講師であり、メンバーからは「水野先生」と呼ばれている。MIKIKO自身は、「Perfumeの曲から受け取るイメージは、現在ではなく近未来、有機的というよりも無機質なもの。そんなこともあって、なるべく人間離れした質感を出せるように、所々のポージングや目線をマネキン・人形風にしていますね。3人のキャラクターからは、頭がいいけど純粋な“コケティッシュ”なオンナノコといった印象を受けます。そのニュアンスを出すために、振り付けの難しさ(ややこしさ)で頭のよさを、少し間の抜けたカワイイ仕草でコケティッシュな女の子を感じてもらえるようにしています。彼女達のダンスは不思議で独特だと言われますが、それは音のとり方をあえて変則的にして、一瞬見ただけでは分析しにくいようにしているからかもしれません」と語っている。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た奥居香岸谷 香

    Peachy(奥居香プロデュース)の同名曲のカバー。近年のライブでも稀に披露される。「ファン・サーヴィス[bitter]」に収録。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見たサエキけんぞう

    Perfumeをアイドルというカテゴリーに入れるか否かについてが議論があるが、サエキけんぞうは2011年の著書『ロックとメディア社会』の中で「日本のアイドル文化とその可能性」という項目に於いて、Perfumeを「日本のアイドル史」に於いても重要な存在と位置付け、「Perfumeはデジタルなイメージと中田ヤスタカプロデュースによるオートチューンというロボット的音声を駆使した楽曲で、未来的でオリジナルな個性的なアイドルとして2000年代後半にブレイクした。彼女たちはコンピュータやネット化された社会像を歌い、世界に類を見ない新しいアイドル像を作り出した。(中略)秋葉原オタク層までも取り込んだPerfumeの登場で、アイドルはマーケット、ターゲット共に時代性を反映して進化した。(中略)そして現在、モーニング娘。、Perfume、AKB48という三者のブレイクにより、日本のアイドル産業は1980年代を凌ぐ活況をものにしたのである」と論じている。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た島田大介

    「エレクトロ・ワールド」、「Twinkle Snow Powdery Snow」、「ポリリズム」、「love the world」、「Dream Fighter」のPVのCGはゴンゾが制作している。また、「シークレットシークレット」「ナチュラルに恋して」「ねぇ」のPVディレクターは児玉裕一、「スパイス」のPVディレクターは島田大介、「Spring of Life」「Spending all my time」のPVディレクターは田中裕介が務めた。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見たギュウゾウ

    2005年夏 - 『打ち水大作戦!2005』出演に合わせて、「元祖アキバの女王」こと桃井はるこプロデュース作品「アキハバラブ」に参加。その一方で、RHYMESTER宇多丸や掟ポルシェ、電撃ネットワークギュウゾウ、ミッツィーらによる日本語DJ集団申し訳ナイタズと、度々共演していた。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た木の子

    2003年8月 - 「Perfume」として、最初のシングル「スウィートドーナッツ」を、BEE-HIVE レコードよりリリース。サウンドプロデューサーに、capsuleの中田ヤスタカを迎え、広島時代とは全く異なるテクノポップ路線に転換する。なお、インディーズ期は、全楽曲を木の子が作詞している。Perfume フレッシュアイペディアより)

231件中 61 - 70件表示

「Perfume」のニューストピックワード