前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
227件中 1 - 10件表示
  • Canvas (グラフィックソフト)

    Canvas (グラフィックソフト)から見たPhotoshopAdobe Photoshop

    1988年に発売された最初のバージョンではMacintosh専用のペイントも扱えるドロー中心のソフトウェアであった。Canvasはその後の機能拡張で、主にPageMakerのようなテキスト編集機能が追加された。現在では、イメージ画像に対するPhotoshopのような写真編集ソフトウェアとしての機能と、ベクトル画像に対するIllustratorのようなドロー系グラフィックデザインソフトの機能、InDesignのようなDTPに特化したページレイアウトソフトの機能、CADソフト、Webデザインソフト的な面など多彩で多数の機能を備えているほか、フローチャート等も直感的に作成できるプレゼンテーションソフトとしての基本機能やアニメーションの作成機能も備えているなど、アドビシステムズがジャンルによりソフトウェアを細かく分類してラインナップしているのに対し、Canvasは1つのパッケージ内にこれらのソフトウェアが持つ多くの機能を集約している点が特徴。これにより、ドキュメント内の写真編集、ページレイアウト、ドローなどデザイン作成に必要な一連の作業がソフトウェア間を介さずCanvas上だけで完結できるというメリットを持つ。またCanvasでは多種多様なファイル形式の読み込みと編集に対応しており、汎用的な画像形式やCAD形式、CGM形式はもとよりAdobe社のIllustrator、Photoshopをはじめ、CorelDRAWやMicrosoft Officeなどで作られたファイルの読み込みにも対応している。Canvas (グラフィックソフト) フレッシュアイペディアより)

  • レイヤー (DTP)

    レイヤー (DTP)から見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    レイヤー (Layer) とは、グラフィックソフトウェアなどに搭載されている、画像をセル画のように重ねて使うことができる機能のことである。レイヤとも呼ばれる。日本語では層、重ね合わせの意味である。Adobe PhotoshopやPainterなどの商用ソフトだけではなく、フリーのグラフィックソフトウェア(GIMPなど)にも搭載されているものがある。レイヤー (DTP) フレッシュアイペディアより)

  • Adobe GoLive

    Adobe GoLiveから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    一方、アドビシステムズはWeb製作ツールの開発でグラフィックソフト界の長年のライバル・マクロメディアに完全に遅れをとっていた。アドビシステムズはオーサリングツールとしてPageMillを販売していたが一般サイトならかろうじて作成できる程度の廉価製品でしかなく、マクロメディアのDreamweaverと比較するとプロユースのWeb開発ツールとしてはとても使い物にならなかった。また、PageMillは同社のIllustratorやPhotoshopとの連携性があまり良くなく(というより開発の遅れから連携性を高めるための開発期間が取れなかった)、マクロメディアのFlash・Fireworksのようなオーサリングツールと連携性が強いWeb製作向けのグラフィックツールを揃えていなかったことも不利に働く要因になっていた。そのような状況を打開するため、アドビシステムズは1999年にGoLive社の買収を決行。Adobe GoLiveに改称の上Windowsにも対応し、アドビシステムズによって引き続き開発・販売された。Adobe GoLive フレッシュアイペディアより)

  • GIMP

    GIMPから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    Adobe Photoshop文書 (.psd、.pdd)GIMP フレッシュアイペディアより)

  • 写真編集

    写真編集から見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    1980年代には、Quantelのコンピュータとその上で動作するPaintboxやScitexという専用ワークステーションが登場し、デジタル写真編集が可能となった。1980年代後半にはシリコングラフィックスのワークステーション上で動作する Barco Creator が登場し、その後各社が画像編集ソフトウェアを発売した。今では事実上 Adobe Photoshop が市場をほぼ独占している。写真編集 フレッシュアイペディアより)

  • AMD FirePro

    AMD FireProから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    CAD、建築/設計(AEC)、デジタルコンテンツ制作(DCC)アプリケーション分野において、各種認証を取得している。10ビット表示(RGB合計30ビット、約10億色)にも対応しており、10ビット表示対応モニターとDisplayPortによる接続を行なったのち、AMD Catalystドライバーユーティリティによって設定を有効化することで、Adobe Photoshop CS4などの対応ソフトウェアでの10ビット表示が可能となる 。AMD FirePro フレッシュアイペディアより)

  • Photoshop

    Photoshopから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    Photoshop フレッシュアイペディアより)

  • フォトショップ

    フォトショップから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    フォトショップ フレッシュアイペディアより)

  • フォトショッパー

    フォトショッパーから見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    フォトショッパー フレッシュアイペディアより)

  • Founder Pack#

    Founder Pack#から見たAdobe PhotoshopAdobe Photoshop

    クリッピングパスがある場合はパス付きで書き出し(書き出したリンク画像ファイルはPhotoshopや他の画像処理ソフトで修正可能)Founder Pack# フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
227件中 1 - 10件表示

「Photoshop」のニューストピックワード

  • WPS Office for Mobile