1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • Adobe Photoshop

    Adobe Photoshopから見たペンタブレット

    パーソナルユース向けに機能を限定した廉価版として、Photoshop Elements が発売され(過去には Photoshop LE、Photo Deluxe など)、各種のデジタルカメラやスキャナ、ペンタブレットなどに付属ソフトウェアとして同梱されていたり、パッケージとして販売されている。付属ソフトウェア版は商品版よりも実質的に安く入手できるかわりに、通常商品版よりも1世代前のバージョンのものが同梱されていることが多い。通常版との違いは、レイヤー機能の一部に制限があり、トーンカーブ・パス機能がなく、CMYK画像の編集ができない点などがある。画像管理面の機能も付加され、直感的な操作で作業が行えるなど、パーソナルユース向けの性格を強くしている。また、高機能なデジタルカメラの普及にともない、RAW現像に特化したソフトウェアとして、Photoshop Lightroom が Photoshop ファミリーとしてリリースされている。Adobe Photoshop フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Photoshop

    Adobe Photoshopから見たAdobe InDesign

    主に写真編集(フォトレタッチ)としての役割を担うソフトウェアとして、画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されており、この分野では代表的な存在である。主に写真などの加工に適しており、さまざまなフィルタやプラグインを追加することによって、機能を拡張することができる。また、Illustrator や InDesign といった同社の他のソフトとは、シームレスな連携がはかられている。Adobe Photoshop フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Photoshop

    Adobe Photoshopから見た64ビット

    2008年に発売された CS4(11) から、Windows 版のパッケージには32ビット版に加えて新たに64ビット版も投入され、これにより使用可能なメモリの量からくる制約が軽減されている。Macintosh 版では Mac OS X の Carbon API に関する制限から CS4(11) では64ビット対応が実現していなかったが、2010年に発売された CS5(12)では Cocoa に移行し64ビット対応がなされた。Adobe Photoshop フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Photoshop

    Adobe Photoshopから見たベクターイメージ

    Photoshop の標準画像ファイルフォーマットはPSD形式であり、レイヤーやパス、印刷情報や著作権情報などを付加して保存できる。また多くの画像フォーマットに対応しており、ビットマップ画像だけでなくベクターイメージを扱うこともできる。Adobe Photoshop フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Photoshop

    Adobe Photoshopから見たグレースケール

    1987年、当時ミシガン大学の学生であったトーマス・ノールが Macintosh Plus 向けにグレースケールの画像を扱うソフトウェアを開発した。これに惹かれたインダストリアル・ライト&マジックの画像編集部門の社員であり、トーマスの弟でもあるジョン・ノールが開発に参加し、ImagePro として完成させた。後にこれをアップルコンピュータとアドビの社員に見せ、1988年9月にアドビがライセンスと販売権の取得を決定し、1990年に最初のバージョンである Photoshop 1.0 が発売された。Adobe Photoshop フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「Photoshop」のニューストピックワード