140件中 31 - 40件表示
  • レグザ

    レグザから見たLG電子

    液晶パネルは、大型ディスプレイはLG電子(LG Display)製のIPS方式やサムスン電子製のVA方式を採用している。19インチなどの小型ディスプレイはTN方式のパネルを採用している。東芝はパネルを自社生産していない。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たソフトバンクモバイル

    REGZAケータイ - ソフトバンクモバイル「SoftBank 921T」の愛称。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た中部電力

    各電力会社が発表する電力の需要状況をグラフ化し、電力使用状況に応じて節電モードを自動制御或いは手動設定できる節電支援アプリ。対象地域の設定により、東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・九州電力の5エリアに対応。iOS版とAndroid版が配布開始されている。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たHulu

    DBP-S300 - S100後継のシンプルBDプレーヤー。新たに「ネットアプリ」を搭載し、インターネットと接続することでYouTubeやHuluの動画やコンテンツの視聴ができるようになり、また、録画対応レグザやレグザブルーレイで録画した番組を別の部屋で視聴できる「レグザリンク・シェア」に対応(別売りの無線LANアダプターを使うことで無線LANによる接続にも対応)。リモコンの電源ボタンのみで素早く起動できる「高速起動モード」も搭載した。(2013年2月8日発売)レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た東北電力

    各電力会社が発表する電力の需要状況をグラフ化し、電力使用状況に応じて節電モードを自動制御或いは手動設定できる節電支援アプリ。対象地域の設定により、東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・九州電力の5エリアに対応。iOS版とAndroid版が配布開始されている。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たKDDI

    REGZA Phone - NTTドコモの「T-01C」「T-01D」「T-02D」および、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)の「T004」「IS04」「IS11T」には「REGZA Phone」のブランド名が付けられている。登録商標は東芝が保有しているが、開発・製造はT-01D以降のドコモ向けは富士通が、T004は東芝が、それ以外は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ→富士通モバイルコミュニケーションズが担当している。T-01D以降のドコモ向けは、富士通製・富士通ブランドのため「富士通レグザ」とも呼ばれる。T-01D以降の機種は、富士通のスマートフォンブランドであるARROWSシリーズにも属する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たYouTube

    DBP-S300 - S100後継のシンプルBDプレーヤー。新たに「ネットアプリ」を搭載し、インターネットと接続することでYouTubeやHuluの動画やコンテンツの視聴ができるようになり、また、録画対応レグザやレグザブルーレイで録画した番組を別の部屋で視聴できる「レグザリンク・シェア」に対応(別売りの無線LANアダプターを使うことで無線LANによる接続にも対応)。リモコンの電源ボタンのみで素早く起動できる「高速起動モード」も搭載した。(2013年2月8日発売)レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たソニー

    1998年1月より8年間にわたって東芝製テレビに採用されたブランドである。平面ブラウン管テレビや液晶テレビ、プラズマテレビで採用された。当時のライバル機種は「WEGA」(ソニー)、「T(タウ)」(松下電器産業(現:パナソニック))など。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た動画

    H1/H1S - ハードディスク内蔵録画モデル。HDD容量は500GB、CELL REGZAの自己合同性型超解像技術を採用した超解像技術「レゾリューションプラス4」を搭載した。また37V型にはフルHD液晶パネルを採用(32V型はXGA液晶パネルを採用)し、「倍速・モーションクリア」を搭載している。内蔵HDDの他、USB接続の外付ハードディスクによる録画や増設にも対応。内蔵HDDやUSB接続の外付けハードディスクに録画した番組を当社製のHDDレコーダー「VARDIA」やDTCP-IP対応サーバーに無劣化ダビングできる「レグザリンク・ダビング」やDTCP-IP対応サーバーにダビングした録画番組を別の部屋にあるDTCP-IP対応のテレビで視聴したりパソコンの動画や音楽、写真も再生できるDLNAに対応。またパソコンを使わずにリモコンひとつでインターネットを利用することができ、光ブロードバンド映像配信による多チャンネル放送サービスやハイビジョン映画が楽しめる「ブロードバンド放送」にも対応した(テレビ版Yahoo! JAPAN・アクトビラビデオフル対応)。また、32V型については新たに32H1よりも年間電気消費量を抑え、5つ星となったマイナーチェンジモデル32H1Sを追加した(2010年6月上旬発売、32H1Sは同年12月下旬発売予定)。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たスマートフォン

    ZG2 - メインLSIを2基搭載したことで「レグザエンジン」の約6.8倍の処理能力を実現した「レグザエンジンCEVO Duo(シーボ デュオ)」を搭載。高画質回路と2D3D変換回路も備えており、緻密で色鮮やかな映像を再現する。パネルも「レグザエンジンCEVO Duo」で制御された美しい映像を余すことなく引き出すため、「新IPSパネル」を採用。また、4倍速駆動と8分割バックライトスキャンを同時に行うことで動きの速い映像も残像を効果的に低減する「アクティブスキャン480」も搭載した。また、HDDを2TB、地上デジタルチューナーを9基搭載しているが、このうち、HDD 1.5GBと地上デジタルチューナー6基は「タイムシフトマシンCEVO」専用に用意されているものである。この「タイムシフトマシンCEVO」は最大で6チャンネル・約30時間分の番組を一時保管することが可能で、過去番組表から選ぶことで見たい番組を好きな時に見ることができる。また、チャンネル数・曜日・時間帯を指定することが可能で、チャンネル数に応じて一時保管できる時間も連動され、チャンネル数1つの場合で約180時間分を一時保管することができる。さらに、一時保管した番組から通常録画用のハードディスクや外付けUSBハードディスクへ移動(ムーブ)させることもできる。なお、通常用の地上デジタルチューナーを3基備えているため、番組を見ながら別の2番組を同時に録画できる「地デジ見ながらW録」にも対応している。また、スマートフォンをレグザリモコンとして使用できる「レグザAppsコネクト」、約0.3秒の瞬間起動を可能にした「高速レグザ番組表」、フレームに帯電防止素材を使用し、ほこりの吸着を防ぐ「ホコリクリア」を採用し、Windows 7に対応。低遅延と高画質を両立した「ゲームダイレクト」も3Dゲームに対応し、「3Dゲームダイレクト」に進化した。(2011年5月下旬発売)。レグザ フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「REGZA」のニューストピックワード