205件中 31 - 40件表示
  • レグザ

    レグザから見た日本アンテナ

    かつては「REGZA」カタログに「TOSHIBA」ブランド(東芝テクノネットワーク製)のアンテナ及び周辺部品が掲載されていたが、東芝グループの組織改編(東芝テクノネットワーク・東芝コンシューママーケティング両社の経営統合)に伴い東芝は2014年限りでアンテナ&周辺部品生産より撤退。現在東芝ストアーへ供給されるアンテナと周辺部品は(マスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナなどの)他社製品に変わっている。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た沖縄セルラー電話

    REGZA Phone - NTTドコモの「T-01C」「T-01D」「T-02D」および、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)の「T004」「IS04」「IS11T」には「REGZA Phone」のブランド名が付けられている。登録商標は東芝が保有しているが、開発・製造はT-01D以降のドコモ向けは富士通が、T004は東芝が、それ以外は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ→富士通モバイルコミュニケーションズが担当している。T-01D以降のドコモ向けは、富士通製・富士通ブランドのため「富士通レグザ」とも呼ばれる。T-01D以降の機種は、富士通のスマートフォンブランドであるARROWSシリーズにも属する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た東芝

    レグザ(REGZA、Regsam, Real Expression Guaranteed by amaZing Architecture)とは、東芝(現在は中国・ハイセンスグループ傘下の東芝映像ソリューション)が2006年2月から販売している液晶テレビの世界統一ブランド名。2010年からは同ブランドにレコーダーやプレーヤーなどが追加され、同社が販売する映像機器関連の総合ブランドとして展開している。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た東芝ライフスタイル

    以前は東芝本体で発売されていたが、テレビやBDレコーダー等に関しては2014年4月から東芝ライフスタイル株式会社に移管した後、2016年6月からは東芝映像ソリューション株式会社に再移管されている。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た三菱電機

    face以前に採用されていたブランドである。BSアナログチューナーを内蔵した大画面テレビのブームに乗って1989年に登場した。ライバル機種は「プロフィール・スター」「ドラマゾーン」「キララバッソ」(ソニー)、「パナカラーイクス」「画王」(パナソニック)、「CZ」(三菱電機)、「帝王」(三洋電機)など。特に音質にこだわり、以降の東芝製ハイエンドテレビに多く搭載された重低音専用スピーカー「バズーカウーハー」を特徴とした。また、リモコンのボタン1つで白黒の映像を鮮やかに映し出す「モノトーンモード」を搭載したモデルも存在した。ワイドテレビは「ワイドバズーカ」というブランドで販売していた。faceブランドが採用された後も、球面ブラウン管テレビのブランド名として採用されていた。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た船井電機

    従来、東芝製レコーダーは「VARDIA」という別ブランドで用いていたが2010年8月発売の3D対応ブルーレイプレーヤーから従来ブランド名を用いなかったBD/DVDプレーヤーを含めて「レグザ」にブランド名が統一された。なお、ブルーレイディスクドライブを搭載したRDシリーズは「レグザブルーレイ」が初である。その為、最初のモデルは自主生産ではなく船井電機からのOEM供給で発売した。その後2011年からは自主生産とOEM供給を併売して対応している。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たKDDI

    REGZA Phone - NTTドコモの「T-01C」「T-01D」「T-02D」および、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)の「T004」「IS04」「IS11T」には「REGZA Phone」のブランド名が付けられている。登録商標は東芝が保有しているが、開発・製造はT-01D以降のドコモ向けは富士通が、T004は東芝が、それ以外は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ→富士通モバイルコミュニケーションズが担当している。T-01D以降のドコモ向けは、富士通製・富士通ブランドのため「富士通レグザ」とも呼ばれる。T-01D以降の機種は、富士通のスマートフォンブランドであるARROWSシリーズにも属する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た日本ビクター

    当時のライバル機種は「クイントリックス」(パナソニック)、「キドカラー/ニュー・ポンパ」(日立製作所)、「ステレオトリニトロン」(ソニー)、「ステレオ純白カラー」(日本ビクター)など。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たマスプロ電工

    かつては「REGZA」カタログに「TOSHIBA」ブランド(東芝テクノネットワーク製)のアンテナ及び周辺部品が掲載されていたが、東芝グループの組織改編(東芝テクノネットワーク・東芝コンシューママーケティング両社の経営統合)に伴い東芝は2014年限りでアンテナ&周辺部品生産より撤退。現在東芝ストアーへ供給されるアンテナと周辺部品は(マスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナなどの)他社製品に変わっている。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た九州電力

    各電力会社が発表する電力の需要状況をグラフ化し、電力使用状況に応じて節電モードを自動制御或いは手動設定できる節電支援アプリ。対象地域の設定により、東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・九州電力の5エリアに対応。iOS版とAndroid版があり、2013年9月まで配布されていた。レグザ フレッシュアイペディアより)

205件中 31 - 40件表示

「REGZA」のニューストピックワード