140件中 61 - 70件表示
  • レグザ

    レグザから見たWooo

    Wooo - 日立製作所(現在は日立コンシューマエレクトロニクスに移管)レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たAndroid

    リモコン機能及びタグの作成・共有が可能なアプリ。2010年11月にiOS版がリリースされ、2011年6月にAndroid版及びWindows/Mac(Mac OS X)版が配布開始されている。同年9月にWindows/Mac版のバージョンアップを実施し「dynabook REGZA PC」で録画した番組にも対応した。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たPlayStation Portable

    ZX9000/46ZX9500 - 従来の「ZX8000」と「ZH8000」を機能統合した、直下型LEDバックライト液晶のハードディスク内蔵のフルHD対応モデル。新たに500GBハードディスクを搭載し独自開発のLSIを搭載した「バックライトコントロールシステム」は発光制御と階調性を向上させ繊細な映像処理を可能にした「バックライトコントロールシステム2」に、超解像技術はアニメーション画像の輪郭部周辺のノイズを低減する機能を追加し「レゾリューションプラス3」になった。また地上デジタルチューナーを3基内蔵し、地上デジタル放送の切替視聴を行いながら2つの裏番組を同時に録画できる「地デジ見ながらW録」も搭載した。またWiiのバーチャルコンソールに対応し、ドットならではのギザギザを再現した「レトロゲームファイン」やプレイステーション・ポータブルでAVケーブルを繋げた際、画面いっぱいに表示できる「ポータブルズーム」も搭載している(ZX9000シリーズは2009年11月上旬発売、46ZX9500は2010年4月上旬発売)。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たブラウン管

    前ブランド名は「face」で、8年ぶりのブランド変更だった。これに伴いブラウン管テレビの製造を終了し、地デジ非対応テレビも姿を消した。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たイメージキャラクター

    CMイメージキャラクターは松井秀喜だったが、2007年頃に契約終了。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たブランド

    レグザ(REGZA、Regsam, Real Expression Guaranteed by amaZing Architecture)とは東芝が2006年2月から発売している液晶テレビの世界統一ブランド名。2010年からは同ブランドのレコーダーやプレーヤーなどの発売により、同社が発売する映像機器関連の総合ブランドとして展開している。同ブランド名は、日本国外においても用いられているが、本項では主に日本国内における製品について記述する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たWindows 7

    Z1/Z1S - LEDの特長である高輝度な光をありのままに透過させる「クリアLEDパネル」を搭載。本来の美しさを忠実に再現し、精度の高い繊細な描写を実現。HDDは内蔵しないものの、USB/LANハードディスクによる録画に対応しており、番組を見ながら別の2番組を同時録画できる「地デジ見ながらW録」や同社製HDDレコーダー「VARDIA」で培ってきた自動チャプター機能「マジックチャプター」を搭載。またMicrosoft Windows 7に対応しておりレグザからLAN経由でWindows 7搭載パソコンを起動したり、Windows 7搭載パソコン側でレグザをコントロールできるため、パソコン内の映像・音楽などを大画面で楽しむことができる。ゲーム関連機能も充実しておりZX9000/ZX9500の「レトロゲームファイン」、「ポータブルズーム」に加え1080p/720p/480p入力の遅延時間を短縮しながら超解像技術とスケーリング処理を行うことで鮮明でダイナミックな映像と快適な操作性を両立する「ダイレクトモード2」も搭載した。また47V型・55V型には音響にもこだわり、「CELL REGZA」の技術を取り入れた「ハイクオリティユニット」を搭載した。さらに、37V型には37Z1に比べて年間電気消費量を低減し、5つ星となったマイナーチェンジモデル37Z1Sを追加した(2010年6月上旬 - 6月下旬発売、37Z1Sは同年12月上旬発売)。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た日立コンシューマエレクトロニクス

    Wooo - 日立製作所(現在は日立コンシューマエレクトロニクスに移管)レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見た富士通モバイルコミュニケーションズ

    REGZA Phone - NTTドコモの「T-01C」「T-01D」「T-02D」および、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)の「T004」「IS04」「IS11T」には「REGZA Phone」のブランド名が付けられている。登録商標は東芝が保有しているが、開発・製造はT-01D以降のドコモ向けは富士通が、T004は東芝が、それ以外は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ→富士通モバイルコミュニケーションズが担当している。T-01D以降のドコモ向けは、富士通製・富士通ブランドのため「富士通レグザ」とも呼ばれる。T-01D以降の機種は、富士通のスマートフォンブランドであるARROWSシリーズにも属する。レグザ フレッシュアイペディアより)

  • レグザ

    レグザから見たVARDIA

    ※全てのモデルにHDMI接続したVARDIAや他対応機器の基本操作をレグザリモコンで行える、レグザリンク(REGZA LINK)を搭載。レグザ フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「REGZA」のニューストピックワード