前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
392件中 1 - 10件表示
  • YUJI KOITO

    YUJI KOITOから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2008年、R-1ぐらんぷりに出場。2回戦敗退。YUJI KOITO フレッシュアイペディアより)

  • 町田 隼人

    町田隼人から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷり2008で2回戦敗退。町田隼人 フレッシュアイペディアより)

  • COWCOW

    COWCOWから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    山田のピンネタは主にフリップをめくる「めくり芸」でフリップに仕掛けが凝らされていることが多く、『R-1ぐらんぷり』では2008年から4年連続決勝進出。COWCOW フレッシュアイペディアより)

  • ぴっかり高木

    ぴっかり高木から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷり2007にアマチュアで出場した際、準決勝に進出をはたし、関西テレビにて放送された番組「R-1祭り」に出演した。だがその番組出演中にネタを披露したところ大スベリし、そのあと若干の問題発言をし、司会の太平サブローら出演者たちから非難を浴びたという。ぴっかり高木 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    大阪府堺市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2007年、2008年のR-1ぐらんぷりで史上初の2連覇を成し遂げた。現在は単独での仕事が多いが、実際はピン芸人ではなく、お笑いグループザ・プラン9のメンバーの一人であり、元々はお笑いコンビスミス夫人のメンバーであった。ザ・プラン9の中で最年長かつ最も芸歴が長い。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • 浅越ゴエ

    浅越ゴエから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    ザ・プラン9以外のネタはニュースキャスターの格好で、架空のニュースを読み上げるというネタ「しっくりこないニュース」を披露している(頻繁にマリオシリーズ関連のネタが登場する)。(うごメモシアターでもドナルド・マクドナルドをキャスターにして投稿してるところもいる。)また、ピン芸人としては、2003年度の「第2回R-1ぐらんぷり」において優勝している。なお、原稿を読む際、浅越はアナウンサー顔負けの滑舌のよさが特徴であるが、その理由として、過去にアナウンサー試験を受けたことがあることが、2006年の第4回R-1ぐらんぷりにおいて、浅越本人の口から語られた。自己紹介をする時「浅越…ゴエでございます、よろしくお願いします。」と、約1秒の間を置く。浅越ゴエ フレッシュアイペディアより)

  • 浅本美加

    浅本美加から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2009年1月 - R-1ぐらんぷり2009 2回戦進出浅本美加 フレッシュアイペディアより)

  • 福田恵悟

    福田恵悟から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    兄は前記の通り数学教師であるが、毎年R-1ぐらんぷり、M-1グランプリに出場しており、過去のR-1ぐらんぷりでの芸名は「ゾフィ福田」「福田ゾフィ」。福田恵悟 フレッシュアイペディアより)

  • 仙堂花歩

    仙堂花歩から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    第4回R-1ぐらんぷり2006「1回戦敗退」「幼稚園の先生が園児に夢を聞く設定のコント」仙堂花歩 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居 みゆき

    鳥居みゆきから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2008年2月、ピン芸人の頂点を決める大会、『R-1ぐらんぷり2008』(参加人数2731人)にて、有力候補者たちの予選敗退が続出した混戦を潜り抜け、自身初の決勝戦進出を果たし、451点で8人中6位となった。その際に、審査員のダンカンから「これからどう進化していくのか非常に楽しみ」と、希望を持った評価を受けた。翌2009年にも決勝に進出し8位となる。鳥居みゆき フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
392件中 1 - 10件表示

「R-1ぐらんぷり」のニューストピックワード