510件中 71 - 80件表示
  • ハリウッドザコシショウ

    ハリウッドザコシショウから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2016年3月6日放送のR-1ぐらんぷりでは決勝まで進出し、今までの世間の評価とは裏腹に小島よしお、ゆりやんレトリィバァの2芸人を抑え圧倒的な得票差で見事優勝を果たした。ハリウッドザコシショウ フレッシュアイペディアより)

  • オールザッツ漫才

    オールザッツ漫才から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    トーナメント制ではない年でも、ネタ組制度は導入されている。また2004年以降は出場芸人の知名度や実績(「M-1グランプリ」「R-1ぐらんぷり」等の全国ネットでも放送されている賞レース番組で好成績の残した組)も考慮し、若手クラスの芸人でも、(これまでのトーナメント組の実績を度外視し)ネタ組に昇格することもある。オールザッツ漫才 フレッシュアイペディアより)

  • スギちゃん

    スギちゃんから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    本名から「スギちゃん」への改名は、占い師ゲッターズ飯田のアドバイスによるものなのだが、改名の相談を受けて直ちに改められた訳ではなく、最も良い日である2011年11月21日のタイミングまで待ってから行われた。改名した途端にR-1ぐらんぷりで準優勝し、知名度が一気に上昇した。スギちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ハッポゥくん

    ハッポゥくんから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2011年10月から「ハッポゥくん」として発泡スチロールの眼鏡をかけ、足でステップを踏んで喋りながら発泡スチロールを切って形を作る芸を披露するようになる。。発泡スチロールで作る形は基本的には著名人の横顔である。R-1ぐらんぷり2012、2013、には「ハッポゥくん」名義で出場し、3回戦まで進出した。ハッポゥくん フレッシュアイペディアより)

  • 中村涼子

    中村涼子から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりでは、2010年に3回戦まで進出、2014年、2016年、2017年はいずれも準決勝まで進出。2008年は『財団法人涼子』の芸名で出場した。中村涼子 フレッシュアイペディアより)

  • Cygames

    Cygamesから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    01月 - 2014年の東洋水産の後継として『R-1ぐらんぷり』の冠スポンサー契約締結。Cygames フレッシュアイペディアより)

  • バカリズム

    バカリズムから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    松下の脱退後、升野は「今まで積み重ねてきたものを0にするのはもったいない」という理由でバカリズム名義で活動を継続。松下脱退後すぐ『R-1ぐらんぷり2006』に初出場し、ピンでの活動開始からわずか3ヶ月後に決勝進出。以降5年連続で出場し、そのうち4回決勝進出を果たした。2009年には審査員の清水ミチコから大会史上初の「100点満点」をつけられるなど記録を残したが、2010年を最後に『R-1卒業』を発表した。バカリズム フレッシュアイペディアより)

  • 吉原功兼

    吉原功兼から見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2008年7月12日の阪神タイガース対広島東洋カープ戦でプロ野球実況デビュー。また、堀田篤・川島壮雄・坂元龍斗とともにR-1ぐらんぷり2009に挑戦。その後、2009年7月にイケメンアナウンサーユニットとして「KT☆BOYS」を結成。9月6日に開催された「アナウンサー朗読会2009・恋する時間」の演出を手がけたわかぎゑふの「“劇団関テレ”を支える看板スターが必要」という発案だった。吉原功兼 フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    この最終決戦の制度は後に『ABCお笑い新人グランプリ』や『R-1ぐらんぷり』など他の演芸コンクールの決勝大会でもM-1にならって採用された。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 小島よしお

    小島よしおから見たR-1ぐらんぷりR-1ぐらんぷり

    2016年3月6日放送のR-1ぐらんぷりでは決勝まで進出した。小島よしお フレッシュアイペディアより)

510件中 71 - 80件表示

「R-1ぐらんぷり」のニューストピックワード