前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た東洋水産

    2010年度の第8回大会から東洋水産が冠スポンサーに付き、大会名も「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり」に変更。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た雨上がり決死隊

    第3回大会から(2005年)2月第3週土曜日に雨上がり決死隊司会で決勝戦が行われ、初めて全国中継(関西テレビ制作・フジテレビ系列全国27局ネット、決勝戦の翌日(日曜日)に16:05 - 17:20の75分枠に編集され放送、TOSは別日に放送)され、優勝賞金が一気に5倍の500万円に大幅アップされた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た関西テレビ放送

    第3回大会から(2005年)2月第3週土曜日に雨上がり決死隊司会で決勝戦が行われ、初めて全国中継(関西テレビ制作・フジテレビ系列全国27局ネット、決勝戦の翌日(日曜日)に16:05 - 17:20の75分枠に編集され放送、TOSは別日に放送)され、優勝賞金が一気に5倍の500万円に大幅アップされた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たフジテレビジョン

    第7回大会(2009年)から予選に3回戦が追加とサバイバルステージ(敗者復活戦)が導入され(10名が出場し2名が敗者復活)、決勝戦はゴールデンタイムで放送された。番組制作体制もフジテレビとの共同制作に切り替えられた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た清水ミチコ清水 ミチコ

    バカリズムのネタに審査員の1人清水ミチコが大会史上初の満点となる100点を付けた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た桂文枝 (6代目)

    初の首位同点により急遽決選投票を行い、審査員の最終投票では桂三枝(現・六代桂文枝)以外なだぎに投票。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た浅越ゴエ

    第2回大会は、決勝審査において浅越ゴエとネゴシックスでどちらを優勝とするか審査員で分かれたため、決選投票によって優勝者が決まったという審査過程が、審査員の大平サブローによって明かされている。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たネゴシックス

    第2回大会は、決勝審査において浅越ゴエとネゴシックスでどちらを優勝とするか審査員で分かれたため、決選投票によって優勝者が決まったという審査過程が、審査員の大平サブローによって明かされている。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たM-1グランプリ

    ピン芸人で誰が一番おもしろいかを決める大会であり、同じ吉本主催の若手漫才師のコンクール・「M-1グランプリ」の成功に続く形で開催された。タイトルの「R」は本来落語を意味しているが、落語に限らず「とにかく面白い1人芸」を披露することがルールとなっている(古典落語以外なら基本的に何でもあり)。落語家、モノマネ芸人、漫談家・一人コント師だけでなく、普段はコンビ、グループで活動している芸人、アマチュアでも個人で参加出来る。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た日産自動車

    この回は、優勝者には500万円に加え副賞としてメインスポンサーの日産自動車よりセレナが贈呈された。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「R-1ぐらんぷり」のニューストピックワード