66件中 41 - 50件表示
  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たなんばグランド花月

    過去1度でも準決勝以上に進出した者と特別に主催者が指定した者にはシード権があり、1回戦が免除される。準決勝は2月中旬に東京会場(年によって異なる)と大阪会場(なんばグランド花月)で行われる。以前は2日間に分けて行われていたが、観客投票が実施された2012年から同日開催となっている。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た冠スポンサー

    2010年度の第8回大会から東洋水産が冠スポンサーに付き、大会名も「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり」に変更。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た敗者復活戦

    第7回大会(2009年)から予選に3回戦が追加とサバイバルステージ(敗者復活戦)が導入され(10名が出場し2名が敗者復活)、決勝戦はゴールデンタイムで放送された。番組制作体制もフジテレビとの共同制作に切り替えられた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た日産・セレナ

    この回は、優勝者には500万円に加え副賞としてメインスポンサーの日産自動車よりセレナが贈呈された。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たお笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    フジテレビ製作で定期的に放送されている『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』『歌がうまい王座決定戦スペシャル』や過去に放送された『ものまね王座決定戦』(2000年10月放送回)に非常に近い審査方法といえる(ただし細部には若干の違いが見られる)。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た全国ネット

    第3回大会から(2005年)2月第3週土曜日に雨上がり決死隊司会で決勝戦が行われ、初めて全国中継(関西テレビ制作・フジテレビ系列全国27局ネット、決勝戦の翌日(日曜日)に16:05 - 17:20の75分枠に編集され放送、TOSは別日に放送)され、優勝賞金が一気に5倍の500万円に大幅アップされた。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た落語家

    ピン芸人で誰が一番おもしろいかを決める大会であり、同じ吉本主催の若手漫才師のコンクール・「M-1グランプリ」の成功に続く形で開催された。タイトルの「R」は本来落語を意味しているが、落語に限らず「とにかく面白い1人芸」を披露することがルールとなっている(古典落語以外なら基本的に何でもあり)。落語家、モノマネ芸人、漫談家・一人コント師だけでなく、普段はコンビ、グループで活動している芸人、アマチュアでも個人で参加出来る。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た赤いきつね

    この回から東洋水産PRESENTSとして行われ、優勝者には500万円に加え副賞として同社から「赤いきつね」と「緑のたぬき」1年分が贈呈(表彰式の時には東洋水産の関係者が登場して優勝者に贈る)、また予選敗退者には「赤いきつね」一個が贈呈された。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たV4スタジオ

    第7回(2009年)以降…東京・フジテレビV4スタジオR-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見た古典落語

    ピン芸人で誰が一番おもしろいかを決める大会であり、同じ吉本主催の若手漫才師のコンクール・「M-1グランプリ」の成功に続く形で開催された。タイトルの「R」は本来落語を意味しているが、落語に限らず「とにかく面白い1人芸」を披露することがルールとなっている(古典落語以外なら基本的に何でもあり)。落語家、モノマネ芸人、漫談家・一人コント師だけでなく、普段はコンビ、グループで活動している芸人、アマチュアでも個人で参加出来る。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「R-1ぐらんぷり」のニューストピックワード