79件中 41 - 50件表示
  • 馬場悠企

    馬場悠企から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    草津東高校から京都産業大学を経て、2009年よりJFLのSAGAWA SHIGA FCに加入。加入初年度から中盤の守備的なポジションで起用され、2009年、2011年の2度のJFL優勝に貢献した。馬場悠企 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    滋賀県 - SAGAWA SHIGA FC(2年連続2回目)第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良輪雄太

    奈良輪雄太から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    セレクションを経て2010年よりJFLのSAGAWA SHIGA FCに加入すると、開幕から右サイドバックで出場、開幕2戦目のツエーゲン金沢戦において直接フリーキックでJFL初得点を奪うなど活躍をみせて、この年のJFL新人王を獲得した。翌2011年も右サイドバックで31試合に出場し、チームのJFL優勝に貢献。2012年も安定した活躍をみせて初のJFLベストイレブンに選ばれるとともに、天皇杯2回戦におけるJ1のヴィッセル神戸との対戦では決勝点をアシストしたが、この年のシーズン終了とともにSAGAWAは活動を休止し、チームを離れることとなった。奈良輪雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 清原翔平

    清原翔平から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    帯広北高校から札幌大学サッカー部を経て、2010年よりJFLのSAGAWA SHIGA FCに加入。加入初年度の2010年は、前年にJFL優勝を果たしたメンバーが揃うチームにあってベンチ入りの機会もままならず、7試合の出場にとどまった。清原翔平 フレッシュアイペディアより)

  • 根本知治

    根本知治から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    市立船橋高校から専修大学を経て、2006年よりJFLの佐川急便東京SCに加入。初出場した4月30日の横河武蔵野FC戦でゴールを挙げる。2007年、佐川東京が佐川急便大阪SCと合併して発足した佐川急便SC(後のSAGAWA SHIGA FC)に加入したものの、合併に伴う競争の激化により出場機会を失った。2008年には出場機会を得たが、この年でSAGAWA SHIGAを離れた。根本知治 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部雅明

    矢部雅明から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2012年に横河武蔵野FCに加入。開幕2戦目からベンチ入りし、リーグ5戦目のSAGAWA SHIGA FC戦で初出場、14戦目の佐川印刷SCで初スタメン。1年目のリーグ戦は24試合出場だった。同年、第92回天皇杯東京都代表を決定する第17回東京都サッカートーナメントにも出場し、第5回大会以来、12年ぶり2度目の優勝に貢献。横河武蔵野FCは第89回大会以来、3年振り3回目の出場、本人は昨年度の静岡産業大学での出場と合わせ2年連続2回目。1回戦グルージャ盛岡戦で試合終盤に貴重な追加点となる天皇杯初得点でチームの勝利(2-0)に貢献、2回戦で前回優勝チームのFC東京に勝利(1-0)し、クラブ史上初のJ1クラブチーム勝利に貢献。3回戦で同じJFL所属のAC長野パルセイロにPK戦の末勝利(0-0、延長0-0、PK10-9)し、4回戦でベスト8を賭けJ1クラブの柏レイソルと対戦。チームは惜敗(0-1)したが、自身は何度も決定機を作るなどJ1チーム相手にその実力を存分に発揮する。尚4回戦で対戦した柏レイソルはその年の天皇杯で優勝している。矢部雅明 フレッシュアイペディアより)

  • 大杉誠人

    大杉誠人から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2007年、佐川大阪が佐川急便東京SCと合併して発足した佐川急便SC(後のSAGAWA SHIGA FC)に加入したが、合併に伴う競争の激化により出場機会を失った。2008年には主にDFのバックアップとしてメンバー入りし、右サイドバックなどで先発出場も果たした。大杉誠人 フレッシュアイペディアより)

  • 森田耕一郎 (サッカー選手)

    森田耕一郎 (サッカー選手)から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2007年、佐川東京SCが佐川急便大阪SCと合併して新たに発足した佐川急便SC(後のSAGAWA SHIGA FC)に加入。元佐川大阪のGK真子秀徳とのポジション争いを制し、積極的なプレーでチームのJFL初優勝に貢献。JFLベストイレブンにも選出された。2008年はチームが下位に低迷する中でやや出場機会を減らしたが、2009年にはチームも復調し、自身初の全試合出場とともにシーズンを優勝で飾った。中でも8月2日に行われた鳥取との上位対決では、1点リードの状況で試合終了直前の相手PKを止めるなど、勝負強さも発揮した。2010年は31試合に出場、調子の波があったチームの中で安定したプレーを見せた。2011年は、村山智彦とのポジション争いによりシーズン中盤からは控えに回り、出場機会を減らした。2012年のシーズン中盤から再びレギュラーに定着。同年の天皇杯の2回戦ではヴィッセル神戸に対して好セーブを連発し、勝利に貢献した。この年限りでSAGAWA SHIGA FCが活動停止となり、退団を余儀なくされた。森田耕一郎 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 村山智彦

    村山智彦から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2010年にSAGAWA SHIGA FCに加入。2011年に当時正GKだった森田耕一郎からポジションを奪い、SAGAWA SHIGA FCの2年ぶりのJFL優勝に貢献。その年のJFLベスト11に選ばれた。しかし同クラブは2012年に活動停止となる。村山智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野倫久

    狩野倫久から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    枚方FCユース時代はMF、チームのキャプテンとして活動した。卒業後はブラジルへ留学し、1996年7月SEパルメイラスU-20に入団し、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)U-20に出場した。1997年3月、SEパルメイラス・アスピランチに所属。その後、1998年3月オザスコFCとプロ契約を結び、右サイドバックでカンピオナート・パウリスタに出場した。帰国後は、1999年7月からJFL佐川急便大阪SCでプレーし、2002年に引退した。2003年からは同チームの役員・実行委員、ヘッドコーチを務めた。2007年に同チームのSAGAWA SHIGA FCへの集約に伴い、SAGAWA SHIGA FCのトップコーチに就任。2008年からはSAGAWA SHIGA FOOTBALL ACADEMY ディレクター兼ジュニアユース監督を務めた。2015年よりナショナルトレセンコーチ関西女子担当として活動。狩野倫久 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示