79件中 61 - 70件表示
  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCより中村元を、新卒で松岡祐介、荻原健太、不老祐介をそれぞれ獲得した。またGK金子進が長期離脱の怪我を負ってしまったため3月にベガルタ仙台から石川慧を急遽レンタル移籍で獲得した。8月にリーグ戦で12得点した大久保がモンテディオ山形へ完全移籍した。大久保が抜けてからは決定力不足に陥ったものの、最終的には9位でシーズンを終えた。シーズン終了後に谷池洋平と東北リーグ時代から唯一ソニー仙台に所属していた千葉雅人が現役引退し、千葉はJFL特別賞を受賞した。また山藤健太がツエーゲン金沢へ移籍。石川慧はベガルタ仙台に戻った。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷司

    塩谷司から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2007年、国士舘大学へ進学 し、国士大サッカー部に所属する。同期に新井章太や大竹隆人。なお、後に広島でチームメイトとなる柴崎晃誠は4学年、 柏好文は1学年上の先輩にあたる。主にボランチや左サイドのMFとしてプレーしていたものの、レギュラーを掴むに至らなかった。2009年大学3年時、父親が急死、退学し就職を考えていたが細田三二国士大監督に説得され思いとどまる。2010年大学4年時に、柱谷哲二が国士大コーチに就任したことが転機となる。この年、柱谷によりセンターバックにコンバートされ鍛えられ、レギュラーを獲得した。大学卒業の際にはJリーグクラブからオファーがなく、唯一JFL・SAGAWA SHIGA FCが声をかけたぐらいだった。塩谷司 フレッシュアイペディアより)

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    JFL昇格初年度。リーグ最少失点(27失点)、13試合連続無敗(前期第16節 - 後期第9節(東日本大震災で順延となった8月17日の前期第4節と8月21日の前期第5節も含む))といった記録を残し、SAGAWA SHIGA FCに次ぐ2位の成績を収めた。AC長野パルセイロ フレッシュアイペディアより)

  • 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    3回戦ではJFL所属の佐川急便東京SCがJ2コンサドーレ札幌を破り、4年ぶりのJクラブ撃破となった。佐川東京は2007年から佐川急便SCとして改組され、同大会が最後の天皇杯本大会出場になった。第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンフットボールリーグ

    ジャパンフットボールリーグから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    第1回大会 (1992年) の参加チームはJSL1部・2部合計28クラブのうち、Jリーグに参加しなかった18クラブに全国地域リーグ決勝大会を勝ち抜いた大阪ガスサッカー部と西濃運輸サッカー部を合わせた20クラブであった。JSL2部の読売ジュニオールは同1部の読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ)に吸収され、また全国地域リーグ決勝大会2位の体大蹴鞠団(大阪体育大学のサッカー同好会。後に実業団・佐川急便大阪SC → 佐川急便SC/SAGAWA SHIGA FC)は参加を辞退した。ジャパンフットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 近石哲平

    近石哲平から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    近大附属高校から近畿大学に進学し、2011年にJFLのSAGAWA SHIGA FCに加入。しかし2012年でSAGAWA SHIGA FCが活動停止となり、2013年にアミティエSCに移籍した。近石哲平 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木ウーヴァFC

    栃木ウーヴァFCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    原田欽庸がV・ファーレン長崎に移籍し、守備が不安定となる。その結果、シーズン当初から成績低迷となり、8月の中断前には最下位、同年の天皇杯栃木県予選も敗退したため、横浜誠監督が辞任、ヘッドコーチだった井出大介が監督に昇格した。また元栃木SC監督の高橋高がテクニカルアドバイザーに就任した。その後は監督交代前までの大量失点試合は少なくなったものの成績につながらず、11月10日の第33節をもって最下位が決定。本来なら地域リーグに自動降格となるところ、SAGAWA SHIGA FCの活動停止・JFL脱退のため、同年の地域リーグ決勝大会3位・ノルブリッツ北海道との入れ替え戦に残留を賭けることとなった。第1戦は若林学のゴールで先制しながら2-1の逆転負けとなったが、第2戦は濱岡和久のPKで1-0となり、トータルスコアで2-2の同点となり延長戦となった。しかし延長戦でも決着がつかずPK戦の末4-1で勝利し、辛うじてJFL残留を果たした。栃木ウーヴァFC フレッシュアイペディアより)

  • 大沢朋也

    大沢朋也から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2006年、日本フットボールリーグ(JFL)の佐川急便東京SCへ移籍し、活躍の機会を得るがシーズン途中に負傷して長期離脱。その後、2007年からは同チームを含む合併により成立した佐川急便サッカークラブ(2008年よりSAGAWA SHIGA FC)に加入した。当初は出場機会が少なかったものの、2008年シーズンは11月1日のアルテ高崎戦でハットトリックを達成 するなど結果を残し、主に左サイドMFとしてレギュラーに定着した。大沢朋也 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    滋賀県では突出して盛んなスポーツはなく、2008年(平成20年)にBリーグ(当時bjリーグ)の滋賀レイクスターズが設立されるまでは滋賀県に本拠地を置くプロスポーツチームは存在しなかった。2017年より滋賀ユナイテッドベースボールクラブが独立リーグのベースボール・チャレンジ・リーグに参戦した。高校野球でも近畿勢で唯一優勝経験がない(日本の高校野球参照)。一方で近年サッカーのレベルが向上しており、2005年(平成17年)に滋賀県立野洲高等学校が全国高等学校サッカー選手権大会で優勝を果たしている。滋賀県本拠地のサッカークラブとして、日本フットボールリーグ(JFL)に、強豪SAGAWA SHIGA FC(本拠:守山市)と、Jリーグ参入を目指すMIOびわこ滋賀(本拠:草津市)が存在する。他に、栗東市には日本中央競馬会の栗東トレーニングセンターが所在する。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回日本フットボールリーグ

    第9回日本フットボールリーグから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    第9回日本フットボールリーグは2007年3月18日から同12月2日まで行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。優勝は佐川急便SCであった。第9回日本フットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示