71件中 61 - 70件表示
  • 横河武蔵野フットボールクラブ

    横河武蔵野フットボールクラブから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2006年12月、運営法人「特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブ」(東京都知事認証NPO)を設立。サッカーを中心軸に様々なスポーツ活動に取り組んでいく姿勢を打ち出す。なお、2007年から佐川急便東京SCが佐川急便SCとして滋賀県に移転・統合されたので、2008年シーズンまでと2012年はJFL加盟クラブとしては唯一東京都に本拠を置くクラブであった。横河武蔵野フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • FC琉球

    FC琉球から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    監督に前ガイナーレ鳥取監督だった松田岳夫を就任したが、5月20日のSAGAWA SHIGA FC戦の勝利以降ホームで勝てなくなり、10月27日のホンダロックSC戦の勝利まで7試合ホーム未勝利となった。順位は前年と同じく9位となったが松田監督はわずか1年で監督退任となった。FC琉球 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市長居第2陸上競技場

    大阪市長居第2陸上競技場から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    かつてはJリーグ・セレッソ大阪や、JFLに所属していた佐川急便大阪SC(現SAGAWA SHIGA FC)のホームスタジアムとして使用されていた。近年は、天皇杯全日本サッカー選手権大会の序盤の試合が行われていたが、セレッソのキンチョウスタジアム(大阪市長居球技場)のホームスタジアム化などで、全国規模のサッカーの公式戦には2008年以降は天皇杯全日本サッカー選手権大会の大阪府代表決定戦などごく一部を除けば全く使用されていない。大阪市長居第2陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    リーグ戦は開幕2連勝後に4連敗(ナビスコ杯を入れると6連敗)。第8節終了時で3勝5敗(ナビスコ杯込みで3勝7敗)となった、4月30日に和田昌裕を監督から解任。ヘッドコーチの安達亮が暫定監督に就き。5月19日にG大阪元監督の西野朗が就任した。2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断が開けた第14節から3連勝したが、9月以降にリーグ戦および天皇杯SAGAWA SHIGA FC戦で公式戦9試合連続勝ちなし、うち3試合連続で逆転負けを喫した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2013シーズンは、SAGAWA SHIGA FCから奈良輪雄太、千葉から藤田祥史、S.C.相模原からファビオ・アギアールを獲得し、町田へ期限付き移籍していた田代真一、北九州へ期限付き移籍していた端戸仁、中国スーパーリーグ・杭州緑城へ期限付き移籍していた丁東浩が復帰した。横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

  • ツエーゲン金沢

    ツエーゲン金沢から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    池田体制2年目。松本・JSC・長野とリーグ戦を争い、リーグ戦は3位の成績。全国地域リーグ決勝大会への最後の切符を賭けた全国社会人サッカー大会北信越大会でも、AC長野パルセイロにリーグ戦と併せて3度目の敗戦を喫し、出場権を確保することができなかった。しかし、天皇杯全日本サッカー選手権大会においては、SAGAWA SHIGA FCとカターレ富山を連破した。3回戦はJリーグ ディビジョン2(J2)のFC岐阜を相手に善戦した。シーズン終了後に池田が監督を退任、また選手も大半が退団した。ツエーゲン金沢 フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    反町体制2年目。岡山から期限付き移籍していた喜山、札幌から岩沼俊介、北九州から川鍋良祐、町田から北井佑季、SAGAWA SHIGA FCから村山智彦を完全移籍で、名古屋から吉田眞紀人、清水から長沢駿を期限付き移籍で獲得した。さらに高卒・大卒選手の獲得も積極的に行い、三菱養和SCユースから永井堅梧、帯広北高校から山田満夫、興国高校から和田達也、静岡学園から木部未嵐、創造学園高校から宮下周歩、明海大学から鴇田周作、阪南大学から飯尾竜太朗、明治大学から岩渕良太、関西国際大学から蔵田岬平、中京大学から中村亮太の計10名を獲得した。その一方で片山が引退し、石川・三浦・藤川・北村・須藤・大橋・チアゴ・アリソン・崔が退団。また木島徹也がFC町田ゼルビアへ、阿部が栃木ウーヴァFCへ、吉田と一柳がFC琉球へ、益山がFC岐阜へ、渡辺が横浜FCへ、今井がMIOびわこ滋賀へ、久富が藤枝MYFCへ完全移籍。さらに橘が移籍期間満了で清水に復帰し、伊藤のFC琉球への移籍期間が延長、村瀬と有田の2名が藤枝MYFCへ期限付き移籍と、選手が大幅に入れ替わった。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    滋賀県では突出して盛んなスポーツはなく、2008年(平成20年)にバスケットボールbjリーグの滋賀レイクスターズが設立されるまでは滋賀県に本拠地を置くプロスポーツチームは存在しなかった。高校野球でも近畿勢で唯一優勝経験がない(日本の高校野球参照)。一方で近年サッカーのレベルが向上しており、2005年(平成17年)に滋賀県立野洲高等学校が全国高等学校サッカー選手権大会で優勝を果たしている。滋賀県本拠地のサッカークラブとして、日本フットボールリーグ(JFL)に、強豪SAGAWA SHIGA FC(本拠:守山市)と、Jリーグ参入を目指すMIOびわこ滋賀(本拠:草津市)が存在する。他に、栗東市には日本中央競馬会の栗東トレーニングセンターが所在する。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 流通経済大学サッカー部

    流通経済大学サッカー部から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    なお、大学サッカー部母体のサッカークラブとしては、アルゼンチン・エストゥディアンテスやチリ・ウニベルシダード・カトリカなどの例があり、また日本でもFC鹿児島(鹿屋体育大学のサッカー同好会。元は「鹿屋体育大学クラブ→大隈NIFSユナイテッド」)が将来のJリーグ入りを目指しているほか、SAGAWA SHIGA FCの母体の一つ、佐川急便大阪SCは元々大阪体育大学の同好会「体大蹴鞠団」だったという例もある。流通経済大学サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダロックサッカー部

    ホンダロックサッカー部から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    リーグ戦は16位となり、本来なら地域リーグ決勝大会3位チームとの入れ替え戦となるが、SAGAWA SHIGA FCの活動休止・JFL脱退のため繰り上げでJFL残留となった。ホンダロックサッカー部 フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「SAGAWA SHIGA FC」のニューストピックワード