1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • SC相模原

    SC相模原から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    木村体制2年目。宮川大輔、鈴木祐輔が引退し、ファビオが横浜FM、吉岡航平が盛岡、中川勇人がカセサート(タイ)にそれぞれ移籍。奥山雅之、古賀誠史、エウデルも退団となった。一方、SAGAWA SHIGA FCから森田耕一郎・吉村修平・御給匠、栃木ウーヴァFCから田村仁崇、MIOびわこ滋賀から桝田雄太郎、ブラジルからホニ・ソウザとウイリアンス、ルーキーでは安藝正俊と鈴木翼が加入した。SC相模原 フレッシュアイペディアより)

  • FC琉球

    FC琉球から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    監督に鳥取元監督の松田岳夫が就任。リーグ戦は5月20日のSAGAWA SHIGA FC戦の勝利以降ホームで勝てなくなり、10月27日のホンダロックSC戦の勝利まで7試合ホーム未勝利となった。順位は前年と同じく9位。松田がシーズン終了後に監督を退任した。FC琉球 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダロックSC

    ホンダロックSCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    リーグ戦は16位となり、本来なら地域リーグ決勝大会3位チームとの入れ替え戦となるが、SAGAWA SHIGA FCの活動休止・JFL脱退のため繰り上げでJFL残留となった。ホンダロックSC フレッシュアイペディアより)

  • 第11回日本フットボールリーグ

    第11回日本フットボールリーグから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    第11回日本フットボールリーグは2009年3月15日から同年11月29日まで行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。SAGAWA SHIGA FCが2年ぶり2回目の優勝を果たした。第11回日本フットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 第13回日本フットボールリーグ

    第13回日本フットボールリーグから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    第13回日本フットボールリーグは、2011年(平成23年)4月23日から同年12月11日にかけて行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。SAGAWA SHIGA FCが2年ぶり3回目の優勝を果たした。第13回日本フットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    リーグ戦は開幕2連勝後に4連敗(ナビスコ杯を入れると6連敗)。第8節終了時で3勝5敗(ナビスコ杯を入れると3勝7敗)となった、4月30日に和田を監督から解任。ヘッドコーチの安達亮が暫定監督に就き。5月19日にG大阪元監督の西野朗が就任した。2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断が開けた第14節から3連勝したが、9月以降にリーグ戦および天皇杯のSAGAWA SHIGA FC戦で公式戦9試合連続勝ちなし、うち3試合連続で逆転負けを喫した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木SC

    栃木SCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    2008年12月31日 前期第5節 TDK戦 ・ 前期第14節 SAGAWA SHIGA FC戦 ・ 後期第15節 アルテ高崎戦栃木SC フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    反町体制2年目。岡山から期限付き移籍していた喜山、札幌から岩沼俊介、北九州から川鍋良祐、町田から北井佑季、SAGAWA SHIGA FCから村山智彦を完全移籍で、名古屋から吉田眞紀人、清水から長沢駿、ブラジルからホドリゴ・カベッサを期限付き移籍で獲得した。さらに高卒・大卒選手の獲得も積極的に行い、三菱養和SCユースから永井堅梧、帯広北高校から山田満夫、興國高校から和田達也、静岡学園から木部未嵐、創造学園高校から宮下周歩、明海大学から鴇田周作、阪南大学から飯尾竜太朗、明治大学から岩渕良太、関西国際大学から蔵田岬平、中京大学から中村亮太の計10名を獲得。シーズン中もFC東京から阿部巧を完全移籍で、湘南から岩上祐三、清水から犬飼智也、ブラジルからフェリペ・アウベスを期限付き移籍で獲得した。一方、片山・石川・大橋が引退、藤川・北村・須藤・チアゴ・アリソン・崔が退団。また木島徹也が町田へ、阿部が栃木ウーヴァFCへ、吉田正樹と一柳がFC琉球へ、益山が岐阜へ、渡辺が横浜FCへ、三浦が清水へ、今井がMIOびわこ滋賀へ、久富が藤枝MYFCへ完全移籍。橘が移籍期間満了で清水に復帰し、伊藤がFC琉球へ、村瀬と有田の2名が藤枝MYFCへ、鴇田が福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍した。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見たSAGAWA SHIGA FCSAGAWA SHIGA FC

    樋口体制2年目。SAGAWA SHIGA FCから奈良輪雄太、千葉から藤田祥史、相模原からファビオを獲得し、町田へ期限付き移籍していた田代真一、北九州へ期限付き移籍していた端戸仁、中国スーパーリーグ・杭州緑城へ期限付き移籍していた丁東浩が復帰。開幕から6連勝で第1節から第7節まで首位をキープ。第15、16節で4位に順位を下げたが、第21節で首位に浮上。第23節からは第28節を除いて第33節まで首位に立ったが、第33節、第34節(ホームの新潟戦、アウェーの川崎戦)と勝てば優勝という残り2節を続け様に落とし、残り2節を連勝した広島に優勝を奪われリーグ戦2位の成績。横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示