82件中 11 - 20件表示
  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た大沢朋也

    10月のリーグ戦再開を前に、田中信孝がテクニカルコーディネーターに退き、代わってテクニカルディレクターだった中口雅史が監督に復帰した。あわせてケガで離脱していた選手も復帰し、中村や竹谷に加えてMF大沢朋也や高橋延仁、FW米倉将文などが得点を重ねて調子を取り戻し、再開後は5勝3分け無敗としたが、最終的には12位でシーズンを終えた。優勝したHondaや、この年Jリーグ参入を争った栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山、鳥取など上位には互角の戦績を残したが、中位のチームに星を落とすことが多かった。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た旗手真也

    開幕3試合で2分1敗とやや低調なスタートを切るものの、前期第4節のニューウェーブ北九州戦で初勝利をあげると、MF中村や大沢など好調な選手を軸にパスをつないで、中盤からの飛び出しや両サイドバック旗手真也、榎本周平の積極的な攻撃参加でチャンスをつくる攻撃の形ができ、順位を上げ始める。米倉、竹谷といったFWの主力をケガで欠くとMF高橋がFWとして入るようになり、いわゆる0トップの形に近い攻撃陣の構成となった。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た中村元 (1981年生)

    合併・ホーム移転の困難から序盤は苦戦を強いられ、開幕戦は辛くも勝利したものの、翌節では前年の下位チーム相手に星を落とした。しかし、MF堀健人、嶋田正吾の両サイドアタッカーにトップ下の中村元が絡み、FW御給匠が得点する攻撃の形ができると勝利を重ね始め、競り合いの試合ではFW竹谷英之がスーパーサブとして試合を決めるなど勝負強さも発揮して、5月上旬に首位に立った。以降首位を明け渡すことなく、後期第15節に2位のロッソ熊本が敗れ、同節にHonda FCと引き分けて、前身の佐川東京、佐川大阪を含めても初の優勝を果たした。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た中口雅史

    佐川急便SCとしてのJFL参入1年目である2007年は、旧佐川大阪の中口雅史を監督に、旧佐川東京の田中信孝をヘッドコーチに据え、佐川東京から15名、佐川大阪から16名の選手が集まり、新たな獲得選手は迎えずにシーズンに臨んだ。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た堀健人

    合併・ホーム移転の困難から序盤は苦戦を強いられ、開幕戦は辛くも勝利したものの、翌節では前年の下位チーム相手に星を落とした。しかし、MF堀健人、嶋田正吾の両サイドアタッカーにトップ下の中村元が絡み、FW御給匠が得点する攻撃の形ができると勝利を重ね始め、競り合いの試合ではFW竹谷英之がスーパーサブとして試合を決めるなど勝負強さも発揮して、5月上旬に首位に立った。以降首位を明け渡すことなく、後期第15節に2位のロッソ熊本が敗れ、同節にHonda FCと引き分けて、前身の佐川東京、佐川大阪を含めても初の優勝を果たした。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見たアンブロ

    この年から地域密着のためにチーム名を「佐川急便滋賀フットボールクラブ」(略称はSAGAWA SHIGA FC)に改称したが、同年5月2日にチームの正式名を略称だった「SAGAWA SHIGA FC」に変更。また、同じ滋賀県のチームであるMIOびわこ草津がJFLに昇格し、JFLにおける初の滋賀ダービーが実現することになった。この年からユニフォームサプライヤーをアンブロに変更。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た高橋延仁

    10月のリーグ戦再開を前に、田中信孝がテクニカルコーディネーターに退き、代わってテクニカルディレクターだった中口雅史が監督に復帰した。あわせてケガで離脱していた選手も復帰し、中村や竹谷に加えてMF大沢朋也や高橋延仁、FW米倉将文などが得点を重ねて調子を取り戻し、再開後は5勝3分け無敗としたが、最終的には12位でシーズンを終えた。優勝したHondaや、この年Jリーグ参入を争った栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山、鳥取など上位には互角の戦績を残したが、中位のチームに星を落とすことが多かった。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た竹谷英之

    合併・ホーム移転の困難から序盤は苦戦を強いられ、開幕戦は辛くも勝利したものの、翌節では前年の下位チーム相手に星を落とした。しかし、MF堀健人、嶋田正吾の両サイドアタッカーにトップ下の中村元が絡み、FW御給匠が得点する攻撃の形ができると勝利を重ね始め、競り合いの試合ではFW竹谷英之がスーパーサブとして試合を決めるなど勝負強さも発揮して、5月上旬に首位に立った。以降首位を明け渡すことなく、後期第15節に2位のロッソ熊本が敗れ、同節にHonda FCと引き分けて、前身の佐川東京、佐川大阪を含めても初の優勝を果たした。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た岡村政幸

    約1カ月のブランクをおいて、9月5日に行われた第90回天皇杯2回戦では水戸ホーリーホックと対戦。試合開始直後に御給、さらに後半に岡村政幸がゴールを奪い、2点のリードで優位に立ったが、その後終盤に逆転を許し、2-4と敗退した。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

  • SAGAWA SHIGA FC

    SAGAWA SHIGA FCから見た田中信孝

    佐川急便SCとしてのJFL参入1年目である2007年は、旧佐川大阪の中口雅史を監督に、旧佐川東京の田中信孝をヘッドコーチに据え、佐川東京から15名、佐川大阪から16名の選手が集まり、新たな獲得選手は迎えずにシーズンに臨んだ。SAGAWA SHIGA FC フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「SAGAWA SHIGA FC」のニューストピックワード