262件中 51 - 60件表示
  • 相模原麻溝公園競技場

    相模原麻溝公園競技場から見たSC相模原SC相模原

    当スタジアムを本拠地とするJリーグ・SC相模原はスタジアム建設後の2008年設立ということもあり、J1・J2ライセンス基準は考慮されていない。そのため、座席数(後述)やトイレの数も不足しているほか、諸室(記者会見場など)も一部整備されておらず、SC相模原がJ2リーグに昇格するためにはこれらを整備する必要があるが、相模原市はこれらの整備費用を約50億円と試算しており積極的な整備に踏み切れない状況にある。その内照明については基準を満たす1500Lxのものが2018年4月に設置されることが決定している。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた事前キャンプ地にブラジルが検討中であることが分かった。相模原麻溝公園競技場 フレッシュアイペディアより)

  • レノファ山口FC

    レノファ山口FCから見たSC相模原SC相模原

    J1広島元コーチの月岡利明を新監督に迎え、同年の中国リーグで2年ぶりに優勝。第34回地域決勝に3年連続で出場を果たすが、1次ラウンドグループAでY.S.C.C.・HOYO Atletico ELAN大分に連敗しこの時点でグループ敗退が決定。SC相模原には意地を見せたものの、結局グループ最下位で終了。レノファ山口FC フレッシュアイペディアより)

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロから見たSC相模原SC相模原

    美濃部体制3年目。旗手真也、野澤健一、高野耕平が引退、松尾昇悟、川邊裕紀、田中恵太、下村悠太、畑田真輝、川鍋良祐がチームを去った。補強は、長崎から金久保彩、相模原から菅野哲也、盛岡から土井良太、京都から内野貴志を完全移籍で、岡山から仙石廉を期限付き移籍で獲得。鮫島晃太の期限付き移籍期間が延長され、山田晃平が期限付き移籍から完全移籍に移行した。AC長野パルセイロ フレッシュアイペディアより)

  • 乾達朗

    乾達朗から見たSC相模原SC相模原

    2014年、SC相模原に完全移籍。同年6月に退団。乾達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松原良香

    松原良香から見たSC相模原SC相模原

    2015年11月、SC相模原の監督に就任した。J3リーグ残り3戦での監督就任で2勝1分けの好成績を残すも2015年シーズン限りで退任。松原良香 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎

    岡崎慎から見たSC相模原SC相模原

    2016年に2種登録選手としてトップチームに登録され、J3リーグで開幕節からフル出場を続けた。U-23とU-18を行き来する過密日程の中、同年7月から8月に開催された日本クラブユース選手権では自身出場の5試合を1失点に抑える堅守で優勝に貢献。同年10月30日、J3第27節SC相模原戦でJリーグ初得点を決めた。岡崎慎 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田涼

    飯田涼から見たSC相模原SC相模原

    2015年5月、SC相模原へ期限付き移籍。飯田涼 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たSC相模原SC相模原

    シーズン中には、MFチアゴ、FWボカが退団、DF石川大徳が相模原へ期限付き移籍、さらにDF川島將が藤枝に期限付き移籍したが、鳥栖からFW平秀斗、長野からMFパク・ゴン、神戸からFW田代容輔を育成型期限付き移籍で獲得、退団した外国人選手の代わりにFWルーカス・ガウショを補強、ザスパ草津チャレンジャーズからDF鵜飼亮多がアマチュア契約で加入した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見たSC相模原SC相模原

    一方で、7月に佐野裕哉がSC相模原へレンタル移籍、河内勇太が契約満了により退団した。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たSC相模原SC相模原

    シーズン開幕後に昨年度チーム得点王の高原直泰が相模原に期限付き移籍で退団し、前年まで琉球に所属した永井秀樹が6年ぶりに復帰した。また8月13日にオペラリオに所属していたアブダを獲得した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

262件中 51 - 60件表示
[an error occurred while processing this directive]

「SC相模原」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]