441件中 31 - 40件表示
  • 成瀬理沙

    成瀬理沙から見たSKE48SKE48

    2009年8月23日の「読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り」の昼公演において、同日付で卒業した佐伯、8月26日付でSKE48を卒業した高井つき奈とともに卒業式を行った。成瀬理沙 フレッシュアイペディアより)

  • 木下春奈

    木下春奈から見たSKE48SKE48

    10月17日 神戸国際会館でSKE48の初ツアー『SKE48 コンサート「汗の量はハンパじゃない」』最終公演に出演。木下春奈 フレッシュアイペディアより)

  • 山田裕仁

    山田裕仁から見たSKE48SKE48

    山田 裕仁(やまだ ゆうじ、1968年6月18日-)は日本の競輪選手である。岐阜県大垣市出身。日本競輪学校第61期卒業。日本競輪選手会岐阜支部所属。師匠は中嶋直人。初出走は1988年5月3日、京都向日町競輪場。初勝利は1988年9月8日、奈良競輪場。血液型はA型。SKE48チームKIIの山田澪花は娘。山田裕仁 フレッシュアイペディアより)

  • 平田璃香子

    平田璃香子から見たSKE48SKE48

    平田 璃香子(ひらた りかこ、1989年8月7日 - )は、女性アイドルグループSKE48チームSの元メンバーである。同チームではリーダーを務めていた。ジョイナス エンターテインメント所属。平田璃香子 フレッシュアイペディアより)

  • 北原 里英

    北原里英から見たSKE48SKE48

    北原 里英(きたはら りえ、1991年6月24日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKおよびSKE48チームSのメンバーである。北原里英 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見たSKE48SKE48

    先行は紅組で、トップバッターは4年連続となる浜崎あゆみとNYC。NYCはリハーサルにおいて、登場したジャニーズJr.が244人、これにNYCの3人を加えたステージ上のパフォーマンス人数の合計が247人と伝えられていた。しかし当日の番組中では「ジャニーズJr.が247人」という旨の紹介がなされた(『日刊スポーツ』が同じ旨の報道をしている。その一方で、『MSN産経ニュース』はジャニーズJr.が244人登場した旨を報じている)。NYCの次はアンジェラ・アキとflumpoolが順に歌唱した。flumpoolの歌唱前には、彼らが東日本大震災の被災地である宮城県にある名取市立閖上中学校を訪れ、彼らの歌唱曲である「証」(2011年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲)を歌う生徒たちと触れ合う様子がVTRで流された。VTR後のステージでは豊島岡女子学園中学校コーラス部および町田市立鶴川第二中学校合唱部と共演しともに「証」を合唱した(リハーサル時の報道によると共演した生徒の人数は90人。また、AKB48のメンバーが登場するという報道も同じ時にあったが、実現しなかった)。それに続くAKB48は、リハーサル時にはAKB48自身(研究生を含む)およびその姉妹グループであるSKE48、SDN48、NMB48、HKT48、JKT48のメンバーからなる合計210人(内訳はAKB48が75人、SKE48が48人、SDN48が39人、他3グループが16人ずつ)がステージ上に登場していた。これは前回の130人を上回り、AKB48によるパフォーマンス人数としては史上最多である。当日のステージにおける人数も同じであり、歌唱の最後には「がんばろう日本!!」という人文字を披露した。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 村上文香

    村上文香から見たSKE48SKE48

    自他共に認める女性アイドル好きで、AKB48、SKE48の大ファン。2010年6月20日の『つぼみの開花宣言!!vol.4』のカウントダウンTBMでは、高校生ユニットとしてAKB48の「言い訳Maybe」、あまやどり(井内里菜、福田麻貴、村上文香、山口綾子)としてスマイレージの「スキちゃん」を歌った。2010年7月3日の『ニコニコ感謝祭』では、チームミューモアとしてAKB48の「初日」、Dolls(田尾悠、村上文香)としてAKB48の「となりのバナナ」を歌った。村上文香 フレッシュアイペディアより)

  • 金とく

    金とくから見たSKE48SKE48

    その他、中部7県出身やその地域で活動する著名人を起用した紀行もの(過去に名古屋市を中心に活動するSKE48など)がある。金とく フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見たSKE48SKE48

    AKB48の歌唱時には、AKB48の48人に加え、友情出演としてSKE48から48人、NMB48から16人、研究生から18人がステージに上がった。総人数は前回の72人を上回る130人となっており、1アーティストの歌唱時における人数としては史上最多である(なお、友情出演者はグループ名を含め番組中でのクレジットはされていない)。衣装は最初に赤と深緑の2種類のコートを着用し、途中でコートを脱ぎ、花柄、ピンク、緑色、菫色、橙色等複数の種類の最新型の半袖の制服を着用された。披露したメドレーの最後には「AKB RED V」という人文字を完成させた。「V」はVictoryを意味するのだろうと紅組司会の松下奈緒は語っていた。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中学生日記

    中学生日記から見たSKE48SKE48

    木本花音(SKE48のメンバー)中学生日記 フレッシュアイペディアより)

441件中 31 - 40件表示

「SKE48」のニューストピックワード