139件中 61 - 70件表示
  • Journey without a map

    Journey without a mapから見たSUGIZOSUGIZO

    キャリア初のソロ・アルバムであり、この作品を制作するにあたって、TAKUROは「SUGIZO(LUNA SEA)や松本孝弘(B'z)が背中を押してくれた」と語っている。Journey without a map フレッシュアイペディアより)

  • STYLE (LUNA SEAのアルバム)

    STYLE (LUNA SEAのアルバム)から見たSUGIZOSUGIZO

    SUGIZO原曲。50s〜60sのオールディーズぽさをLUNA SEA風に提示した作品。冒頭のレコードに針を落とす音もその事に関係している。STYLE (LUNA SEAのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 宮本貴奈

    宮本貴奈から見たSUGIZOSUGIZO

    レネ・マリー、リズ・ライト、アラン・ハリス、アイリーン・キャラ、TOKU、佐藤竹善、中西圭三、サラ・オレイン、伊藤君子、河村隆一など、ボーカリストとの共演が多い。その他、Luna Sea&X JapanのSugizo、チェリストの溝口肇や、篠笛の狩野泰一、和太鼓の金子竜太郎との共演等、ジャンルを超えての共演も多く、ビル・エバンストリオのドラマー、マーティ・モレルとエバンストリビュートで日本ツアーも行う。宮本貴奈 フレッシュアイペディアより)

  • 松雪陽

    松雪陽から見たSUGIZOSUGIZO

    The FLARE:SUGIZOと(2004年 - 2006年)松雪陽 フレッシュアイペディアより)

  • 広末慧

    広末慧から見たSUGIZOSUGIZO

    影響を受けたギタリストに松本孝弘、SUGIZOを挙げている。広末慧 フレッシュアイペディアより)

  • BLUE BLOOD

    BLUE BLOODから見たSUGIZOSUGIZO

    ライブでは、「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」とXのキャッチフレーズを言うほか、ギターソロの直後と2回目のサビの間にToshlがメンバーを一人一人紹介する(2012年現在、順番はHEATH→PATA→SUGIZO→HIDE→TAIJI→YOSHIKI→Toshlの順)。また、ラストのサビに入る前に演奏をいったん中断し、Toshl・YOSHIKI・SUGIZOが「We are!」もしくは「You are!」と観客を煽り、観客が両手をX字にして「X!!」と返すのがお約束。過去にはHIDEが「飛べ飛べ飛べ…」と観客を煽るのがお約束となっていた。BLUE BLOOD フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN WORLD TOUR Live in TAIPEI

    X JAPAN WORLD TOUR Live in TAIPEIから見たSUGIZOSUGIZO

    X JAPANとしては2度目、またSUGIZOが正式にメンバーとして加入して初の海外公演である。(香港公演では、SUGIZOはまだサポートメンバーであった)X JAPAN WORLD TOUR Live in TAIPEI フレッシュアイペディアより)

  • 峰さやか

    峰さやかから見たSUGIZOSUGIZO

    ネイルアートの腕はプロ級。姫系ネイルの他にYOSHIKI、清春、SUGIZO、雅-miyavi-と言ったV系アーティストをイメージしたネイルも多く作っている。Myspaceにおいて海外から売って欲しいとの要望が来たこともある。峰さやか フレッシュアイペディアより)

  • hide memorial summit

    hide memorial summitから見たSUGIZOSUGIZO

    I.V.(SUGIZOがゲストギターとして参加)hide memorial summit フレッシュアイペディアより)

  • I for You

    I for Youから見たSUGIZOSUGIZO

    I for YouSUGIZO原曲。元々この曲はアルバム『EDEN』の頃から原曲が存在しており、ストリングスアレンジのアイデアもその頃から存在していたが、「まだこんな壮大な曲は俺達には早い」と、何度も収録を見送られていた。ドラマの主題歌の話が持ち上がった際に再びこの曲が浮上し、今回RYUICHIにより、メロディを全て変えられた上で完成形に辿り着いた。「美しいメロディなのに、汚いギター」ということをしたかった、とSUGIZOは語っている。また、先述の通り、このシングルを製作中にhideが他界し、歌詞に関してSUGIZOとRYUICHIがhideへのメッセージソングとしての解釈を施した、と後に語っている。この曲のストリングスのアレンジは外部に頼まず、SUGIZOが単独でマッキントッシュを使って考えたという。ストリングスには、チェロでSUGIZOの母親が参加しているらしい。2000年に、ラジオ放送『aikoのオールナイトニッポン』の中で、RYUICHIとSUGIZOがaikoとアコースティックギター1本のみでセッションした。2006年には、RYUICHIがソロカバーアルバム『evergreen 〜あなたの忘れ物〜』でセルフカバーした。I for You フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示

「SUGIZO」のニューストピックワード

  • 先週末よりPBVの一員として倉敷にボランティアに入っている。

  • 未来を育てるのはYouTuber

  • ペプシJコーラお祭りライブ