100件中 71 - 80件表示
  • I for You

    I for Youから見たSUGIZOSUGIZO

    I for YouSUGIZO原曲。元々この曲はアルバム『EDEN』の頃から原曲が存在しており、ストリングスアレンジのアイデアもその頃から存在していたが、「まだこんな壮大な曲は俺達には早い」と、何度も収録を見送られていた。ドラマの主題歌の話が持ち上がった際に再びこの曲が浮上し、今回RYUICHIにより、メロディを全て変えられた上で完成形に辿り着いた。「美しいメロディなのに、汚いギター」ということをしたかった、とSUGIZOは語っている。また、このシングルを製作中にhideが他界し、歌詞に関してSUGIZOとRYUICHIがhideへのメッセージソングとしての解釈を施した、と後に語っている。この曲のストリングスのアレンジは外部に頼まず、SUGIZOが単独でマッキントッシュを使って考えたという。ストリングスには、チェロでSUGIZOの母親が参加しているらしい。2000年に、ラジオ放送『aikoのオールナイトニッポン』の中で、RYUICHIとSUGIZOがaikoとアコースティックギター1本のみでセッションした。2006年には、RYUICHIがソロカバーアルバム『evergreen 〜あなたの忘れ物〜』でセルフカバーした。I for You フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島巧

    鮫島巧から見たSUGIZOSUGIZO

    SUGIZO(Gt/Vo)、鮫島巧(Gt)、MACCHO(DJ)、OSHO(Perc.)鮫島巧 フレッシュアイペディアより)

  • RIZE

    RIZEから見たSUGIZOSUGIZO

    SUPER Goooooood!、JERK EGGPLANT、二枚舌、STARS、Screaming Soul Hill、SHAG(SUGIZOのバンド)、などのバンド活動や、田村直美、うつみようこバンドなどのサポートとして活躍。RIZE フレッシュアイペディアより)

  • Say Anything

    Say Anythingから見たSUGIZOSUGIZO

    ライブでは、主にS.Eとして使用される事が多く、1995年の東京ドームコンサート以来(バンド形式では1992年の東京ドーム3daysが最後)、生で演奏されることは無かったが、2008年のX JAPAN復活ライブ「攻撃再開 2008 I.V.〜破滅に向かって〜」では、3月28日のライブ初日にToshI、PATA、HEATHの3人によるアコースティックバージョンで、約13年ぶりに演奏された。SUGIZO加入後のWORLD TOUR Live in TAIPEIでは彼のバイオリンもフィーチャーされている。Say Anything フレッシュアイペディアより)

  • ダブルネック・ギター

    ダブルネック・ギターから見たSUGIZOSUGIZO

    SUGIZOは、LUNA SEAのライブで、楽曲「LOVELESS」「GENESIS OF MIND ?夢の彼方へ?」を完全再現するため、トリプルネック・ギター(6弦のフロイド・ローズブリッジ、6弦のフレットレスギター、12弦のギター。6弦ネックは、いずれもサスティナー装備)を使用している。ダブルネック・ギター フレッシュアイペディアより)

  • pure soul

    pure soulから見たSUGIZOSUGIZO

    LUNA SEAのメンバー・SUGIZOがギターで参加している。当時GLAY関連スタッフであった山本氏の名前が盛り込まれているなど、歌詞は遊び心に満ちたものになっている。pure soul フレッシュアイペディアより)

  • イーエスピー

    イーエスピーから見たSUGIZOSUGIZO

    主に使用しているミュージシャンは、SUGIZO(LUNA SEA・X JAPAN)、薫(DIR EN GREY)、麗(the GazettE)など。イーエスピー フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ザッパ

    フランク・ザッパから見たSUGIZOSUGIZO

    ザッパをリスペクトするPANTA(頭脳警察)と山本精一・ATR・HILAH(ボアダムス)、下山淳(ルースターズ)、EL-MALO、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、SUGIZO(LUNA SEA)の6人が選曲した、企画ベスト盤。日本国内のみでリリースされた。フランク・ザッパ フレッシュアイペディアより)

  • SHINE (LUNA SEAの曲)

    SHINE (LUNA SEAの曲)から見たSUGIZOSUGIZO

    Looperレコーディング中のセッションが元となって作られたため、原曲者は存在しない。真矢とJのリズム体が延々とループしていることからこのタイトルになった。英詞のラップは、SUGIZOが担当。SHINE (LUNA SEAの曲) フレッシュアイペディアより)

  • bice

    biceから見たSUGIZOSUGIZO

    1997年から自身の活動と平行して、他のアーティストへの楽曲提供、編曲を始める。また渡辺善太郎のソロプロジェクト atami や、カジヒデキ、SUGIZO、NORTHERN BRIGHTなどの作品への歌手としての参加、英国のフォーク・バンド、チューダー・ロッジ日本公演の演奏サポート、テレビドラマやテレビアニメのサウンドトラック(一部はアンネ名義)、CM音楽の製作など多岐にわたった活躍を見せ、2004年には、作編曲・歌・ナレーションを担当した松下電器産業(現 パナソニック)のCMが第33回フジサンケイグループ広告大賞メディアミックス部門グランプリを受賞した。bice フレッシュアイペディアより)

100件中 71 - 80件表示

「SUGIZO」のニューストピックワード

  • [Journey without a map] Documentary Film

  • VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten

  • 大学まで教育無償化