150件中 91 - 100件表示
  • Lunascape

    Lunascapeから見たSafariSafari

    ブラウジングに利用するHTMLレンダリングエンジンをMozilla Firefoxで利用されているGeckoや、SafariやGoogle Chromeで利用されているWebKitに切り替えて表示することが可能である。補助機能としてブラウザエンジンを切り替えるソフトウェアはIE Tabなどが存在するが、標準機能で複数のブラウザエンジンを切り替えられるのは他にはない特徴となっている。Lunascape フレッシュアイペディアより)

  • Webフォント

    Webフォントから見たSafariSafari

    、Internet Explorer 9 (2011年5月14日)。Mac?OS?X?LionのSafari 5.1。Webフォント フレッシュアイペディアより)

  • SageMath

    SageMathから見たSafariSafari

    ノートブック形式で対話的に作業を行うインタフェースを持つ。そのためそれまでの入力を確認したり再利用したりすることが簡便である。文字入出力と画像の両方が扱え、多くのウェブブラウザ(Firefox、Opera、Konqueror、Safariなど)から利用できる。状況に応じてHTTPS接続を行うこともでき、Sageのノートブックはネットワーク越しでも、ローカルでも扱うことができる。SageMath フレッシュアイペディアより)

  • Adblock Plus

    Adblock Plusから見たSafariSafari

    Adblock Plusは広告をブロックするウェブブラウザの拡張機能である。その他、トラッキング(アクセス解析、行動追跡など)、マルウェアを配布していたサイト、ソーシャルボタンをブロックする機能も持つ。Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari、Opera、Internet Explorerに対応する。Android、iOS向けにはブラウザアプリとしてAdblock Browserが提供されている。Adblock Plus フレッシュアイペディアより)

  • ミュージック・カード

    ミュージック・カードから見たSafariSafari

    楽曲データはダウンロードできる上限回数が定められており、上限に達すると有効期間内であってもダウンロードが不可能となる。iPhoneのSafariブラウザなどで楽曲のダウンロードURLを開いた場合はストリーミング再生が行われ、その場合もダウンロード回数としてカウントされるので注意が必要である。ネットワーク環境が不安定な場合など、ダウンロード時に上限回数を超えてエラーが発生した場合には、専用の窓口まで問い合わせる必要がある。ミュージック・カード フレッシュアイペディアより)

  • Mac OS X v10.2

    Mac OS X v10.2から見たSafariSafari

    Windowsとのファイル共有機能強化、IPv6への対応、ファイアウォール機能、インターネット接続の共有、システムサウンドの復活、ユニバーサルアクセスの機能向上など。付属アプリケーションではないが、後に標準WebブラウザとなったSafariが登場したのもこのバージョンからである。Mac OS X v10.2 フレッシュアイペディアより)

  • Passbook

    Passbookから見たSafariSafari

    Passbookは、PDF417、QRといった2次元のバーコードを表示する。デジタルクーポンやチケットはこのアプリケーションでは「パス(pass)」と称される。ユーザーが初めてPassbookを立ち上げると、アプリケーションをダウンロードするためにApp Storeに転送される。パスはiOSやOS X 10.8.2上のOS XアプリケーションSafariや内蔵メールアプリケーションで追加する。Passbook フレッシュアイペディアより)

  • Internet Explorer

    Internet Explorerから見たSafariSafari

    また、Internet Explorer for MacはMac OS 8.1からMac OS X v10.2まではデフォルトのウェブブラウザであったため、Macにおけるシェアも高かった。現在ではMac OSの開発元アップルによるSafariの提供、さらにはマイクロソフトによるInternet Explorer for Macの開発とサポート・配布の終了ならびに代替としてSafariなど(他にFirefoxやOperaなど)の使用の推奨を受け、MacにおけるInternet Explorer for Macのシェアは、絶滅した。Internet Explorer フレッシュアイペディアより)

  • H.264

    H.264から見たSafariSafari

    ウェブ表示の次世代規格であるHTML5にはvideo要素で動画再生を行う機能が盛り込まれており、これに使用する動画フォーマットについて、ウェブブラウザベンダーのアップルとマイクロソフトはH.264を推進しているが、Mozilla Foundationとオペラ・ソフトウェア、Googleはロイヤリティが発生する点などを問題視し、積極的な利用に難色を示していた。2016年4月現在では、Safari、Internet Explorer、Mozilla FirefoxはH.264をサポートしているが、Google Chrome、Operaではサポートしていない。H.264 フレッシュアイペディアより)

  • KHTML

    KHTMLから見たSafariSafari

    KHTMLはソフトウェアの構成要素として単独利用することが可能であり、後にアップルが自社のmacOSに搭載するために作ったウェブブラウザSafariではこれに手を加えたWebKitが使用されている。KHTML フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示