150件中 41 - 50件表示
  • Core Foundation

    Core Foundationから見たSafariSafari

    これらのライブラリは、同社のWebブラウザSafariの移植に活用されている。APIそのものは公開されていないが、一部のユーザーによって、同DLLでCoreFoundationの機能をWindows上で実現させる方法が発見されている。。Core Foundation フレッシュアイペディアより)

  • 実行時コンパイラ

    実行時コンパイラから見たSafariSafari

    近年の主要なウェブブラウザはJavaScriptのエンジンにJITコンパイラを搭載し、高速に処理できるようになっている。Internet Explorer 9、Mozilla Firefox 3.5、Google Chrome 1、Safari 4、Opera 10.50、Opera Mobile 10.1以降のウェブブラウザに搭載されている。NetFront Browser 4.1 には搭載されていない。変数の型は統計的には安定しているという事実を使い、実行時の変数に代入された値の統計データから、変数に型を割り振ることにより、JITコンパイラが実現し、高速にJavaScriptを処理できるようになった。Google ChromeのV8など、インタプリタを使わずに最初からJITコンパイルし、変数などの型は実行時に随時割り振っていくタイプと、Firefox 3.5のように、事前に一度インタプリタで実行して、その情報を元に型を割り振りながらJITコンパイルするタイプなどがある。どちらのタイプであっても、型が安定しているケースは、高速に実行できるようになっている。JavaScriptにおいて、型が安定しているというのは、オブジェクトについては、プロパティが追加されていないという意味も含む。プロパティアクセスの時に、まず、型が期待通りの型であるかチェックし、もし、そうならば、プロパティからそれが指し示す番地へはC言語の構造体のように定数を足し算するだけで求まる。実行時コンパイラ フレッシュアイペディアより)

  • Processing.js

    Processing.jsから見たSafariSafari

    2-3次元コンテンツをHTMLのcanvas要素(最新バージョンのMozilla Firefox、Opera、Internet Explorer、Safari、Google Chromeなどでサポートしている)にレンダリングするためにJavaScriptを活用している。Processing.js フレッシュアイペディアより)

  • Raphael (JavaScriptライブラリ)

    Raphael (JavaScriptライブラリ)から見たSafariSafari

    Raphaël(ラファエル)は、クロスブラウザに対応(Chrome5.0+、Firefox3.0+、Safari3.0、Opera9.5+、Internet Explorer6.0+)した、ウェブサイト上でのベクタ形式画像描画用JavaScriptライブラリである。Raphael (JavaScriptライブラリ) フレッシュアイペディアより)

  • ブックマーク

    ブックマークから見たSafariSafari

    Mac OS Xのウェブブラウザ、SafariではSpotlightの機能により、膨大なブックマークから目的のものをすばやく見つけ出すことができる。ブックマーク フレッシュアイペディアより)

  • Spotlight

    Spotlightから見たSafariSafari

    デスクトップ上部のメニューバーに常設されている全体検索では、種類指定や日付指定のような特殊な指定を事前に解析することで自然な検索を行うようになっている。ファイルを開いたり保存する際のダイアログにも検索フィールドがついており、フォルダを探し出すのに役に立つ。対応アプリケーションではウィンドウに検索フィールドが設けられており、アプリケーション内部のデータベースを検索することができる。たとえば、iCalでスケジュールをチェックしたり、iPhotoで写真を探したり、Safariでブックマークや履歴を見つけたりできる。なおメタデータは検索対照だけでなくプレビューにも利用される。Spotlight フレッシュアイペディアより)

  • パンヤシリーズ

    パンヤシリーズから見たSafariSafari

    Mac 10.4, 10.5, 10.6 : Safari 4パンヤシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • Sleipnir

    Sleipnirから見たSafariSafari

    バージョン3.5.0.4000以降、SafariのエンジンであるWebKitを組み込み、これを標準のエンジンとした(4.1.4.4000まで)。これにより動作速度が大幅に高速化し、マルチプロセスに対応するようになった。また、Chrome拡張機能をインストールすることが可能になった。Geckoレンダリングエンジンについてはサポートを終了した。Sleipnir フレッシュアイペディアより)

  • Internet Explorer for Mac

    Internet Explorer for Macから見たSafariSafari

    1997年のマイクロソフトとアップルコンピュータ(現:アップル)との間で交わされた業務提携により、Mac OS 8.1からMacintoshのデフォルトのWebブラウザとなった。Mac OS X v10.2までデフォルトのWebブラウザとして提供されていたが、5年間の契約期間終了後、Mac OS X v10.3からはSafariがデフォルトのWebブラウザとなった。Internet Explorer for Mac フレッシュアイペディアより)

  • iPhone 3G

    iPhone 3Gから見たSafariSafari

    同年11月23日、iPhone 3GでiOS 4.2にアップデートできるようになり、YouTubeでの投票機能が追加され、セキュリティに関するバグも修正されたが、やはりAirPlayやSafariのテキストサーチなど多くの機能が使用不可だった。iPhone 3G フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示