54件中 31 - 40件表示
  • Safari

    Safariから見たアンチエイリアス

    Windows版Safariでは、WindowsのClearTypeを用いず独自エンジンでフォントのアンチエイリアスを行うことができる(WindowsでのClearTypeを使用することも可能)。Mac のグラフィックコアであるQuartz自体をそのまま移植しているとみられる。また、追加面の文字の表示ができない。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たTransport Layer Security

    TLS・SSLのサポート、Cookieの管理、macOSの設定で閲覧できるサイトの制限などのセキュリティ機能をそなえる。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たMac OS X v10.6

    Mac OS X v10\.6/Safari 5.1以降では、プラグインを個別プロセスで実行する仕様となり、プラグインがクラッシュしてもブラウザ全体が落ちることはなくなった。iOS版Safariは、Flashなどのプラグインをサポートしない。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たQuartz

    Windows版Safariでは、WindowsのClearTypeを用いず独自エンジンでフォントのアンチエイリアスを行うことができる(WindowsでのClearTypeを使用することも可能)。Mac のグラフィックコアであるQuartz自体をそのまま移植しているとみられる。また、追加面の文字の表示ができない。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たCascading Style Sheets

    CSSでは、開発中の仕様も一部実装し、比較的正確な描画が望める。Acid2テストに最初期(2005年4月)に合格している。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たWebKit

    JavaScriptに関しては、おおむねGecko系ブラウザに近い挙動を示すJavaScriptCore フレームワークを中核に備えている。KDE開発のKJSを前身とするフレームワークであり、OS全般の JavaScript の処理に用いられている。図形を描画するcanvas要素を実装しており、JavaScriptもこれに対応する。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たWebkit

    主な特徴として、レンダリングエンジンにKDEのKonquerorオープンソースプロジェクトで使われているKHTMLとKJSをベースとするWebkitを使用、SVG・RSS・タブブラウズといった最新のブラウザが備える機能に対応する。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たオペレーティングシステム

    JavaScriptに関しては、おおむねGecko系ブラウザに近い挙動を示すJavaScriptCore フレームワークを中核に備えている。KDE開発のKJSを前身とするフレームワークであり、OS全般の JavaScript の処理に用いられている。図形を描画するcanvas要素を実装しており、JavaScriptもこれに対応する。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たClassic Mac OS

    1997年まで、Mac OSではNetscape Navigatorが標準ウェブブラウザであった。アップルコンピュータがマイクロソフトと提携した後は、Internet Explorer for Mac(バージョンは 3.0 から 5.2)がMac OS X v10.2まで標準ウェブブラウザとして同梱されていた。Safari フレッシュアイペディアより)

  • Safari

    Safariから見たClearType

    Windows版Safariでは、WindowsのClearTypeを用いず独自エンジンでフォントのアンチエイリアスを行うことができる(WindowsでのClearTypeを使用することも可能)。Mac のグラフィックコアであるQuartz自体をそのまま移植しているとみられる。また、追加面の文字の表示ができない。Safari フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示