47件中 21 - 30件表示
  • Sum 41

    Sum 41から見たベース (弦楽器)

    191cmとメンバーの中で身長が高く、童顔で痩せ身という外見とは裏腹に冷静で分析的な性格。マネージャー的な雑務もこなす。既婚者。時々歌うが、叫ぶような特徴的な歌い方をすることが多い。ベースはピックで弾く。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たヘヴィメタル

    落ち着きがあって社交的な性格。あだ名の由来は肌が茶色いから。カナダ出身だが、インドとガイアナの血を有している。生粋のメタルファンで、曲中にメタル・ギター・ソロを弾くなど積極的に曲にメタルの要素を取り入れていた。声域が広い。既婚者。2006年5月15日脱退。今後はクラシック・メタルのバンド、ブラウン・ブリゲード(:en:Brown Brigade)を率いていく予定。彼の脱退に伴い、後任はアヴリル・ラヴィーンという噂が流れたが、関係者は一笑に付した。彼と現メンバーとの間のしこりはアルバム「All Killer No Filler」を出した辺りからあったらしく、デリックの曲作りはデイヴの楽しみやすい曲にすると気を使っていた。故に脱退したことは(自由な曲作りが出来るという意味で)肩の荷が下りたという。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たスクワイア

    スクワイア社よりデリックのシグネイチャー・ギター(テレキャスター・デラックス)が発売中である。通常のテレキャスター・デラックスと比べると、ピックアップはリアのみ、コントロールは1ヴォリューム1トーンという仕様。最大の特徴は、ボディ下部とピックガード上部に赤い×印がペイントされている事である。デリックはUnderclass HeroとWalking Disasterのビデオで使用している。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たバンド (音楽)

    Sum 41(サム・フォーティーワン)は、カナダ・オンタリオ州エイジャックス出身のメロコアバンドである。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たオールナイトニッポン

    2003年3月31日 - 2005年7月1日の約2年3ヶ月間、Sum 41作曲のオールナイトニッポンジングルが使用された(ただし、木曜日のナインティナインのオールナイトニッポンのみ、1パターンだけ2008年9月18日まで使用された)。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たファンタスティック・フォー

    "We're All To Blame"は映画『ゴジラ FINAL WARS』の挿入歌に使用され、話題を呼んだ。また『スパイダーマン』の挿入歌の"What We're All About"も歌っている。『ファンタスティック・フォー』では、挿入歌として"Noots"を歌い、世界からゴールド、プラチナなど様々な賞を受け取っている。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たギブソン・マローダー

    2006年にアヴリル・ラヴィーンと結婚。しかし2009年に離婚。実は内気な性格。スティーヴが歌う時には代わりにドラムを叩く。アヴリルのものによく似たモデルのギターを持つ(フェンダー社のテレキャスターまたはテレキャスターデラックス)。2人ともスクワイアからシグネイチャーのモデルが販売されている。また、ミュージック・ビデオでは、今ではあまり見かけないギブソン・マローダーをしばしば使用している事がわかる。パリスヒルトン等と交際していたことが判明している。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たアンダークラス・ヒーロー

    バンド名の由来は、夏休みの41日目にメンバーが行ったワープド・ツアーで感銘を受け、この日から活動を開始したことによる。アメリカ、カナダの世界的パンクバンドで、日本をはじめ各国で絶大な人気を得ている。2006年にギターのデイヴが抜けてメタルの要素が抜け、4thアルバムでは新しいサウンドになった。2009年には新たなギタリストとしてトムが加わった。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たメロディック・ハードコア

    Sum 41(サム・フォーティーワン)は、カナダ・オンタリオ州エイジャックス出身のメロコアバンドである。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

  • Sum 41

    Sum 41から見たラップ

    ドラマーでありながら歌うのが好きで、ラップもよく歌う。ドラムのテクニックは若手パンクバンドの中ではかなり高い。オヤジギャグとマシンガントークで突っ走る、ある意味メンバーで一番キャラが濃いと言える人物。過激なユーモアを好み、ライヴ・アルバムHappy Live Surpriseの特典DVDのグロテスクなコメディ・ムービーは彼が中心になって作った。撮影が好きで、自分たちのPVも何本か作った。オーストラリア人の彼女と結婚したとデリックが話している。モーラー奏法を体得しているらしい。Sum 41 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示