前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    第77回 野田正義投手(にかほ・TDK都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    予選では、それまで本戦への出場を何度も阻まれてきたチームが次々と初出場を決めた。石巻市・日本製紙石巻、新潟市・バイタルネット、大和高田市・大和高田クラブ、福岡市・九州三菱自動車の4チームが初出場。初出場チームが4チームを数えるのは41年ぶり。一方で有力チームが予選敗退する波乱も起こり、前回大会の九州第1代表の沖縄電力が1次予選で敗退したのをはじめ、前回大会まで3年以上連続出場していたTDK、富士重工業、鷺宮製作所、セガサミー、JX-ENEOS(新日本石油ENEOSから改称)、パナソニックが2次予選で涙をのんだ。さいたま市・日本通運、京都市・日本新薬は危なげなく出場を決め、連続出場を10年の大台に乗せた。東海地区からは愛知県のチームが5チーム出場し、同一都道府県からの最多出場チーム数を記録した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手21赤べこ野球軍団

    岩手21赤べこ野球軍団から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    連盟加盟の初年度からクラブチーム激戦区の岩手県で都市対抗野球の県1次予選を圧倒的な強さで突破、また全日本クラブ野球選手権大会本大会への出場を決めた。都市対抗野球東北2次予選でも本大会で優勝したTDKに2?1で競り勝ち第1代表決定戦に駒を進めたが、そこから2連敗し、「加盟初年度の都市対抗野球本大会初出場」の偉業は達成できなかった(その後エースの関連太郎と4番の高倉啓司はTDKの補強選手として都市対抗野球に出場、優勝を経験している)。岩手21赤べこ野球軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    9月5日 - 第77回都市対抗野球大会最終日が東京ドームで行われ、にかほ市・TDKが横須賀市・日産自動車を4-3で破り初優勝。TDKは9回目の出場で今まで本大会未勝利だったが、1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)で初勝利を挙げるとそのまま決勝に進出して優勝を飾った。東北地区のチームが都市対抗野球を制するのは史上初。MVPにあたる橋戸賞には、5試合全てに登板したエース・野田正義投手が選ばれた。一方日産自動車は2年連続準優勝に終わった。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回都市対抗野球大会

    第77回都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    大会本戦では前年度優勝の三菱ふそう川崎や準優勝の日産自動車を中心に試合が進められていったが、大会出場9回目のTDKが本大会初勝利を挙げるとそのまま勝ち進んで初優勝。前年秋に市町村合併で誕生した人口3万人足らずの秋田県にかほ市代表チームが、77回目にして初の東北勢優勝チームとなった。この大会から、社会人野球日本選手権大会の出場権が与えられる。その第1号がTDKとなった。第77回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    8月27日 - 第78回都市対抗野球大会4日目は1回戦3試合が行われ、前回大会で東北勢初優勝を飾ったにかほ市・TDKが初出場の熊本市・熊本ゴールデンラークスに1?4で敗れる波乱が起きた。これで第33回大会の横浜市・日本石油(現:JX-ENEOS野球部)が2連覇して以来、45年間連覇チームが現れないこととなった。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回都市対抗野球大会

    第80回都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    世界的な景気低迷の影響から、シーズン前から日産自動車・日産自動車九州の今季限りでの活動停止、TDK千曲川の本社チームへの統合といった規模縮小のニュースが相次ぎ、本大会への波及が懸念されたが、主催者は80回記念の特例と、「大会を通じて社会人野球界を盛り上げたい」として、出場チーム数を4チーム増加させ36チームとした。東海地区からの7チーム出場は、1地区からの出場チーム数としては過去最多。第80回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    佐々木 弥(ささき わたる、1972年4月29日 - )は、社会人野球の選手(内野手。右投げ右打ち)。TDK所属、180cm、88kg。背番号19。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉啓司

    高倉啓司から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    高倉 啓司(たかくら けいじ、1978年10月4日 - )は、社会人野球選手(外野手)。現在は、TDK硬式野球部に所属。高倉啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回社会人野球日本選手権大会

    第33回社会人野球日本選手権大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    この大会から、日本選手権改革の一環としてその年の都市対抗、クラブ選手権の優勝チームが推薦出場することとなった。よって出場チーム数が28チームに増加。それぞれ推薦出場の第1号となったTDK、和歌山箕島球友会はいずれも初戦でホンダに敗れた。また、NOMOベースボールクラブが近畿予選を勝ち上がって本戦初出場し、前年の都市対抗・クラブ選手権に続き史上初の3大大会出場を果たした。近畿地区からクラブチームが本戦に出場するのは史上初。第33回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「TDK野球部」のニューストピックワード