50件中 11 - 20件表示
  • 第62回国民体育大会

    第62回国民体育大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    スギッチは本大会のマスコットキャラクターである。愛称募集には1,001点の応募があり、6人から提案された「スギッチ」が採用された。秋田杉をモチーフにしたもので、スーパーマーケットのレジ袋や日本酒ラベルなど関連グッズも販売され、薬物乱用防止キャンペーンなどに登場した。2006年4月にはテレビ東京系列で放送されたTVチャンピオン「ゆるキャラ選手権」で優勝している。また、同年8月から9月にかけて行なわれた都市対抗野球では、PRのためTDK(にかほ市)の応援団の一員となっていた。第62回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 仁部智

    仁部智から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    卒業後、TDKに入社し、2003年の第74回都市対抗野球大会や第30回社会人野球日本選手権大会出場に貢献する。2003年のドラフト5巡目で広島東洋カープに入団。仁部智 フレッシュアイペディアより)

  • 大和高田クラブ

    大和高田クラブから見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    2007年の第34回社会人野球日本選手権大会近畿地区予選を勝ち抜き、企業チームの参加する全国規模の大会に初出場を果たした。2009年の同大会に2度目の出場を決めると、本大会ではTDK、三菱重工神戸相手に勝利を収め、ベスト8入りする躍進を見せた。2010年、第81回都市対抗野球大会予選でパナソニックを破り、初の本戦出場を決めた。パナソニックには2003年の予選で敗れて本大会出場を阻まれており、7年越しのリベンジが果たされた。これにより、都市対抗・日本選手権・クラブ選手権の3大大会すべての出場権を獲得したチームとなった(第1号はNOMOベースボールクラブ)。本戦ではバイタルネットを相手に延長タイブレークの試合を制し、本戦奈良県勢初勝利を挙げた。大和高田クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ユーランドクラブ

    ユーランドクラブから見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    当初は結果を残すことができなかったが、近年は大卒選手やTDKからの移籍選手が加入し、全日本クラブ野球選手権大会に頻繁に出場するなど、徐々にクラブ激戦区の東北地区で頭角を現してきていた。しかし、経営母体の「ユーランド」が資金難を理由に活動停止を表明し、2月4日付けでに休部になった。ユーランドクラブ フレッシュアイペディアより)

  • TDK千曲川硬式野球部

    TDK千曲川硬式野球部から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    に、秋田県に所在するTDKに続く本社第2のチームとして長野県佐久市の千曲川工場で『TDK千曲川硬式野球部』として創部。TDK千曲川硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 永和商事ウイング硬式野球部

    永和商事ウイング硬式野球部から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    、コーチの西正文が監督兼コーディネーターに就任した。同年は、都市対抗野球の東海地区2次予選でHonda鈴鹿を2度破るなどし、東海地区第4代表の座を獲得し2年連続で本戦に出場した。また、秋の日本選手権に初出場し、初戦でTDKに勝利し、全国1勝目を挙げた。永和商事ウイング硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • アジア都市対抗野球大会

    アジア都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    秋田県チームはTDKの単独チーム。アジア都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回社会人野球日本選手権大会

    第33回社会人野球日本選手権大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    この大会から、日本選手権改革の一環としてその年の都市対抗、クラブ選手権の優勝チームが推薦出場することとなった。よって出場チーム数が28チームに増加。それぞれ推薦出場の第1号となったTDK、和歌山箕島球友会はいずれも初戦でホンダに敗れた。また、NOMOベースボールクラブが近畿予選を勝ち上がって本戦初出場し、前年の都市対抗・クラブ選手権に続き史上初の3大大会出場を果たした。近畿地区からクラブチームが本戦に出場するのは史上初。第33回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回都市対抗野球大会

    第80回都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    世界的な景気低迷の影響から、シーズン前から日産自動車・日産自動車九州の今季限りでの活動停止、TDK千曲川の本社チームへの統合といった規模縮小のニュースが相次ぎ、本大会への波及が懸念されたが、主催者は80回記念の特例と、「大会を通じて社会人野球界を盛り上げたい」として、出場チーム数を4チーム増加させ36チームとした。東海地区からの7チーム出場は、1地区からの出場チーム数としては過去最多。第80回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回都市対抗野球大会

    第77回都市対抗野球大会から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    優勝したのは、大会出場9回目のTDK。本戦では、前年度優勝の三菱ふそう川崎や準優勝の日産自動車を中心に試合が進められていったが、TDKが本大会初勝利を挙げるとそのまま勝ち進んで初優勝を勝ち取った。前年秋に市町村合併で誕生した人口3万人足らずの秋田県にかほ市代表チームが、77回目にして初の東北勢優勝チームとなった。また、今大会から優勝チームに秋の日本選手権への出場権が与えられることになっており、その第1号がTDKとなった。TDKの応援団は、寝台特急あけぼの号で応援に駆けつけたが、TDKが勝ち進むにつれてその数が増え続け、JR側も客車を増車できる上限いっぱいの12両まで増結して対応、都市対抗期間終盤は連日あけぼの号が満員で運転されたという。第77回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「TDK野球部」のニューストピックワード