1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • チャンステーマ

    チャンステーマから見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    Let's Go TDK(TDK。元々はJTのチャンステーマだったが、同部廃部に伴い、TDKの応援団に譲渡された)チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • 相沢晋

    相沢晋から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    からは、社会人野球の日本製紙石巻に所属。10月にコーチ兼任となった。の第84回都市対抗野球2次予選東北大会では、第1代表決定戦でTDKを相手に9回無失点(被安打5)で無四球完封勝利し、チームは全国大会への出場を決めた。第84回都市対抗野球大会(全国大会)では、1回戦の信越硬式野球クラブ戦で2回3失点だったものの、七十七銀行から補強選手として参加していた相原和友がその後を7回無失点に抑えてチームは勝利した。2回戦のJFE西日本戦では、相沢が6回無失点(被安打3)に抑え、チームは勝利した。相沢晋 フレッシュアイペディアより)

  • 入来祐作

    入来祐作から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    入来 祐作(いりき ゆうさく、1972年8月13日 - )は、宮崎県都城市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、コーチ。から福岡ソフトバンクホークスの投手コーチを務め、現在は三軍投手コーチを担当。兄は元プロ野球選手の入来智。弟・博之も元野球選手で、TDK硬式野球部に所属していた。入来祐作 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田拓矢

    豊田拓矢から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    TDKでは1年目から都市対抗、日本選手権に登板。3年目にJR東日本東北の補強選手として第82回都市対抗野球大会に出場、2回戦で救援登板し勝利投手になった。5年目の第84回都市対抗野球大会の2回戦で先発登板し、ヤマハ打線相手に7回2死まで完全投球をしていたが、その後1点を失い敗戦投手になった。豊田拓矢 フレッシュアイペディアより)

  • にかほ市

    にかほ市から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    TDK硬式野球部 - TDKが保有する社会人野球の企業チーム。2006年(平成18年)の都市対抗野球で優勝。秋田県勢は勿論の事、東北勢にとっても悲願の初優勝を成し遂げた。にかほ市 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久市

    佐久市から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    TDK千曲川硬式野球部 - TDKの千曲川工場を拠点に活動していた社会人野球の企業チーム。2009年のシーズン前に解散し、秋田県にかほ市のTDK硬式野球部に統合された。佐久市 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    2月13日 - 【社会人】TDKがTDK千曲川硬式野球部を20日付けで廃部としTDK硬式野球部に一本化することを発表。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    法政大学1年生の春から主力投手として東京六大学リーグ戦に登板。春季リーグ戦は3位に終わったが、直後の新人戦・慶大戦では3失点5奪三振で完投勝利(自身も4安打)し、優勝に貢献。さらに、その年の秋季リーグ戦でも史上最年少で投手のベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。明治神宮野球大会でも法大の準優勝に貢献した(決勝戦では中大・田村政雄と投げ合うも1本のソロ本塁打に泣き、9回12奪三振、0対1の完投敗戦)。から77年の法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。なかでも1976年秋季リーグでは、投手は野手と比較して打席に立つ回数が少ないにも関わらず規定打席に到達、38打数13安打で打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(リーグ2位)、打点10(リーグ1位)の好成績を挙げている。このときはもちろん法大の規定打席数以上の選手の中では3部門すべてにおいてトップであった。通算47勝は山中正竹(法大)の48勝に次ぐ史上2位。10月22日、対明大1回戦を5安打完封して47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で連盟タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり先発を鎗田英男に譲っている。通算17完封は連盟記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ連盟2位の記録である。奪三振数(443個)も秋に当時早大4年生だった和田毅(476個)に更新されるまでは歴代最多だった。また、江川は2年生で第4回日米大学野球選手権大会日本代表、3年生で第5回日米大学野球選手権大会日本代表、4年生で第6回日米大学野球選手権大会日本代表に選出されたが、同学年で3年生時の全日本大学野球選手権大会準決勝で江川と投げ合った東海大・遠藤一彦(のち大洋)は一度も同代表に選出されず、江川に対して強烈なライバル意識を持ったことが設計士の道を諦めてプロ入りする方向転換の要因となった。なお、当時のチームメートには船木千代美(投手)がいる(のちにTDKの監督として都市対抗野球で東北勢初の優勝を果たす)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    1953年、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)にて7人兄弟の末っ子として生まれる。長嶋茂雄に憧れて野球を始め、小学生の頃は雑誌などに載っている長嶋のバッティングフォームをよく真似していた。中学・高校時代は、年間100本もの映画を観賞する映画少年で、特に『マイ・フェア・レディ』は7回見に行き、劇中歌の歌詞(英語)を覚えたほどだった。若美町の後輩(一学年下)には船木千代美がいる(後にTDKの監督として都市対抗野球で東北勢の初の優勝を果たす)。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルファンタジーV

    ファイナルファンタジーVから見たTDK硬式野球部TDK硬式野球部

    同作ゲームミュージックのバトル1がTDK硬式野球部応援団のチャンステーマとして使用されている。ファイナルファンタジーV フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「TDK野球部」のニューストピックワード