323件中 11 - 20件表示
  • ザ・コーツ

    ザ・コーツから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTS結成初期(1985年6月 ~ 8月17日)には助っ人でベースを担当した。1991年には、真島昌利のソロツアーに参加している。ザ・コーツ フレッシュアイペディアより)

  • リンダ リンダ リンダ

    リンダ リンダ リンダから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    とある地方都市にある高校。文化祭を数日後に控えたある日、軽音楽部所属の5人組のガールズバンドがギターの骨折を発端に分裂してしまった。ギター、ボーカルがバンドを離れたが、ステージに立つことを諦めなかった3人。彼女たちはたまたま目の前を通った韓国からの留学生をボーカルに引きいれ、THE BLUE HEARTSのカバーを目指す。文化祭ライブ当日まであと3日。寄り道だらけの4人の練習が始まる………。リンダ リンダ リンダ フレッシュアイペディアより)

  • 萩原 聖人

    萩原聖人から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSのファン。メンバーとは雑誌で対談を行ったことがあり、ボーカルの甲本ヒロトは萩原が主宰していた「アーリータイムリーズ」の公演に訪れたことがある。その後、打ち上げとして THE BLUE HEARTSが主宰する野音ライブで自身の出演作『はいすくーる落書2』(TBS)の主題歌でもあった『情熱の薔薇』や『TRAIN-TRAIN』を歌った。また、自らが声優を務めた『逆境無頼カイジ』(日本テレビ系)のオープニング曲でもTHE BLUE HEARTSの『未来は僕等の手の中』のカバー曲を歌った。萩原聖人 フレッシュアイペディアより)

  • THE BIG HIP

    THE BIG HIPから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BIG HIP(ザ・ビッグ・ヒップ)は、白井幹夫(元THE HIGH-LOWS)と梶原徹也(元THE BLUE HEARTS)の2人によって2005年に結成された、キーボードとドラムによる日本の2ピース・ロックバンドである。THE BIG HIP フレッシュアイペディアより)

  • 白井幹夫

    白井幹夫から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    ロックバンドめんたんぴんに在籍し、浅川マキ、南正人&RIVERのバックメンバーとしても参加。その後、THE BLUE HEARTSのサポートメンバーとしてツアーに帯同。解散後、THE HIGH-LOWSに正式メンバーとして加入。2003年に脱退後、2005年に梶原徹也(元・THE BLUE HEARTS)とTHE BIG HIPを結成。2008年からはソロ活動を東京中心に行い、セッション活動も精力的に行っている。白井幹夫 フレッシュアイペディアより)

  • THE POGO

    THE POGOから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    現JIGHEADの小河原良太が中心となり現the pillowsの佐藤シンイチロウと共に、1985年に結成(結成ライブの対バンはTHE BLUE HEARTS)。新宿LOFT・渋谷屋根裏を中心にライブを行う。1986年6月、ドラムスを塚本純にチェンジ。同年9月に出したEP「ラジカルゲーム」を発売後即完売させたことで業界から注目される。発売後、純の実弟である塚本研がベースで加入、人気も相乗効果で高まる。THE POGO フレッシュアイペディアより)

  • BEAT CHILD

    BEAT CHILDから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    前座のTHE HEARTが登場した時間帯の天候は、分厚い雲が空を覆っていたものの、雨は降っていなかった。2組目のTHE BLUE HEARTSは小雨が降る中でのステージだった。4組目のRED WARRIORSが登場した頃には、少し雨は弱まったものの、その後は雨脚は弱まるどころか、強くなっていき、6組目の岡村靖幸がステージに上がる頃には再び雷が鳴り出す。客席は草地の斜面であったため、泥濘と化す。午後8時頃、再び大雨が会場を襲う。大雨によってセッティングが長引き、予定よりも1時間以上遅れて7組目に登場した白井貴子のステージでは機材が雨のため故障。白井は当時を振り返り、「気付いたら後ろで演奏していたはずのギタリストがテントの中に逃げていて、前にあったモニターも無くなっていた。歌ってる私だけがステージに一人いた!」と語っている。その後も雨は止むことはなく、日が変わると気温も急激に下がりはじめ、午前2時ごろに11人目となった尾崎豊がステージに登場した頃に雨脚はピークを迎えた。会場一帯には大雨警報が出され、雨量71.5ミリメートルを観測する記録的豪雨で、ステージ上には水たまりができたほどであった。BEAT CHILD フレッシュアイペディアより)

  • kumi

    kumiから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    5歳からサッカーを始め、サッカー選手になる夢を実現するため女子サッカー強豪校の聖和学園高等学校に入学した。フォワードのポジションを担当し、全日本高等学校女子サッカー選手権大会で優勝。一方、子供の頃から尾崎豊に影響を受けて作詞・作曲を始め、また、ギターも始めた。高校卒業後は社会人となったが、THE BLUE HEARTSに影響を受けてパンク・ロックに目覚め、パンクバンドのボーカル・ギターとして音楽活動を始めた。同バンド解散後ソロになり、アコースティックギターを手にメッセージソングを歌うようになる。kumi フレッシュアイペディアより)

  • RAW LIFE

    RAW LIFEから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    『RAW LIFE』(ロウ・ライフ)は、日本のギタリスト、真島昌利(現ザ・クロマニヨンズ、元THE BLUE HEARTS、THE HIGH-LOWS)の三枚目のソロ・アルバム。1992年11月1日発売。発売元はソニーレコード。RAW LIFE フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤シンイチロウ

    佐藤シンイチロウから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    1984年、THE POGOでの活動を経て、パンク・ロックバンドのKENZI & THE TRIPSにドラムス担当として参加。また、同バンドのメンバーとして活動中の1986年に、当時まだドラムス担当が不在であったTHE BLUE HEARTSのサポートドラマーを担当した(その際の音源はオムニバス盤『JUST A BEAT SHOW』にて確認することが可能である)。以降も、長らくKENZI&THE TRIPSのメンバーとして活動していたが、1989年、ボーカルKENZIの麻薬事故が原因でバンドは解散する(KENZI&THE TRIPSは後に再結成するが、佐藤は不参加)。その直後、同バンドのベースを担当していた上田ケンジに誘われthe pillowsに加入(同バンドでの活動詳細はthe pillowsの項を参照のこと)。佐藤シンイチロウ フレッシュアイペディアより)

323件中 11 - 20件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード