323件中 21 - 30件表示
  • ブルーハーツのテーマ

    ブルーハーツのテーマから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    「ブルーハーツのテーマ」は、日本のロックバンド、THE BLUE HEARTSのメジャーデビュー後に発売した自主制作シングル。ブルーハーツのテーマ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストンズ

    ヒューストンズから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    ヒューストンズは、1995年、甲本ヒロトがTHE BLUE HEARTS活動休止中の時、期間限定で結成したバンド。同年1月31日の下北沢 CLUB QUEで行われたライブを最後に解散。ヒューストンズ フレッシュアイペディアより)

  • BABY!BABY!BABY!

    BABY!BABY!BABY!から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    「BABY!BABY!BABY!」(ベイビー・ベイビー・ベイビー)は、日本のR&B歌手加藤ミリヤによる楽曲。楽曲制作は加藤とVERBAL主宰のプロデューサー集団KOZMからMajor Dudeが行っている。楽曲は加藤のベスト・アルバム『M BEST』(2011年)からのセカンド・シングルとしてリリースされた。音楽性的に、この楽曲はエレクトロやダンス・ミュージックの要素を持つ楽曲であり、またザ・ブルーハーツの「リンダリンダ」がサンプリングされている。加藤はサンプリングの使用許可を得るためにドラムンベースでアレンジをした楽曲のデモ音源を制作。その音源を元にブルーハーツ側に申請、許諾を得た。歌詞は「リンダリンダ」の世界観を踏襲しており、加藤は"私は私"というメッセージ性とともに"人生は死ぬまで自分を探す旅"という楽曲に与えたテーマを前向きに歌っている。BABY!BABY!BABY! フレッシュアイペディアより)

  • 沢知恵

    沢知恵から見たブルーハーツTHE BLUE HEARTS

    沢は、カヴァ・ワークの多さ、秀逸さという点でも高く評価されている。過去のアルバムやライヴでは、さだまさし、松田聖子、荒井由実、美空ひばり、島倉千代子、長渕剛、小椋佳、泉谷しげる、モンゴル800、ブルーハーツ、山口洋(ヒートウェイヴ)&ソウル・フラワー・ユニオン、尾崎豊、武満徹、ニーナ・シモン、サム・クック、マーヴィン・ゲイ、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、シンディ・ローパー、キャロル・キング、ジョン・レノン等々、内外のたくさんのシンガー/作家の作品をカヴァしてきている。その領域は日本の童謡や唱歌、フォーク、パンク、欧米のポップスやソウル、賛美歌など驚くほど多岐にわたっているが、ここでもやはり、言葉/歌詞の伝達、表現というポイントは最大限に重視されている。結果、その作品が持つ本来の魅力やメッセージがオリジナル版以上に顕になることが少なくなく、オリジナル・パフォーマーの新たなファン獲得にもつながっている。沢知恵 フレッシュアイペディアより)

  • ローリング☆ガールズ

    ローリング☆ガールズから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    これまでに『進撃の巨人』や『鬼灯の冷徹』を制作してきたWIT STUDIO初のオリジナルテレビアニメ作品である。全編にTHE BLUE HEARTSのオマージュがみられるのが特徴。ローリング☆ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • あんずの里

    あんずの里から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSが最後にライブを行った地でもある。あんずの里 フレッシュアイペディアより)

  • 藍坊主

    藍坊主から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    バンド名は、高校時代に組んだザ・ブルーハーツのコピーバンド「ザ・ブルーボーズ」のブルーを“藍”に、ボーズを“坊主”に変えて“藍坊主”となった。藍坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 草野マサムネ

    草野マサムネから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSにショックを受けて音楽活動を休止(後述)。草野マサムネ フレッシュアイペディアより)

  • 氣志團

    氣志團から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    影響を受けたアーティストに、BOOWY、COMPLEX、筋肉少女帯、岡村靖幸、COBRA、浜田省吾、eastern youth、JUN SKY WALKER(S)、THE BLUE HEARTS、THE YELLOW MONKEY、BUCK-TICK、THE WILLARD、ヒルビリー・バップス、Corneliusなどを挙げる。氣志團 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めた(後に変更、同曲は巨人・鈴木尚広の入場曲として定着)。その後、2008年まではカウボーイビバップのOP『Tank!』を、2009年は当初はTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』だったが、通常時は『キスして欲しい』、チャンス時は『Tank!』の併用使用となった。2011年からはチャンス時も含め常にTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』を入場曲として使用している。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

323件中 21 - 30件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード