323件中 51 - 60件表示
  • 人間なのさ

    人間なのさから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    また、この曲については、THE BLUE HEARTSの「終わらない歌」を意識して制作したものでもあることを、コザック前田本人が公表している(前述「青春狂時代」のセルフライナーノーツにて)。人間なのさ フレッシュアイペディアより)

  • ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ

    ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSの同名曲のカバー。歌詞カードにはオリジナルの歌詞が掲載されている。マキシマムザ亮君が、THE BLUE HEARTSの曲の中で一番好きな曲と語っている。ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ フレッシュアイペディアより)

  • あの娘にタッチ

    あの娘にタッチから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    「あの娘にタッチ」(あのこにタッチ)は、日本のロックバンド、THE BLUE HEARTSの通算11枚目のシングル。あの娘にタッチ フレッシュアイペディアより)

  • 篠原太郎

    篠原太郎から見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    ブレイカーズ解散後の85年、THE BLUE HEARTSのオープニングアクトとして、真島と二人で「ホリー・バーバリアン」名義でのライブを一度だけ行った。篠原太郎 フレッシュアイペディアより)

  • おやすみモンスター

    おやすみモンスターから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    ライブではTHE BLUE HEARTSの代表曲であるTRAIN-TRAINとセットで歌われることが多いおやすみモンスター フレッシュアイペディアより)

  • ヤング@ハート

    ヤング@ハートから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    2010年3月に行われた初の日本公演では、THE BLUE HEARTS「リンダリンダ」やRCサクセション「雨あがりの夜空に」といった日本の楽曲も歌われた。ヤング@ハート フレッシュアイペディアより)

  • サカグチケン

    サカグチケンから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTS『ザ・ブルーハーツのテーマ』、『チェルノブイリ』サカグチケン フレッシュアイペディアより)

  • 戦線スパイクヒルズ

    戦線スパイクヒルズから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    「戦う」ということをメインにしたかったため、原作と漫画では題名を変えている。「スパイクヒルズ」は担当編集者の造語、「戦線」は井田ヒロトが考えた。各話のサブタイトルはTHE BLUE HEARTS、あるいはTHE HIGH-LOWSの楽曲を元につけられている。戦線スパイクヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 大和さくら

    大和さくらから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    1988年5月、コロムビアから「王将一代 小春しぐれ」でレコードデビュー。演歌低迷期であった時期にスマッシュヒット、歌番組にもたびたび出演する。佐藤食品工業の「サトウの切り餅」や「サトウのごはん」などのコマーシャルモデルとしても起用された。1988年度のFNS歌謡祭では最優秀新人賞を受賞。しかし、新人賞レースの終わったデビュー2年目からはメディアへの露出は激減していった。1989年頃の歌謡界は、Winkや工藤静香、光GENJIらアイドル全盛期、また、プリンセス・プリンセス、ユニコーン、THE BLUE HEARTSらなどのJ-RockやJ-Pankなどバンドブームが席巻しはじめたこともあり、演歌歌手の活躍の場は少なくなっていった。大和さくら フレッシュアイペディアより)

  • TOO MUCH PAIN

    TOO MUCH PAINから見たTHE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

    「TOO MUCH PAIN」(トゥ・マッチ・ペイン)は、日本のロックバンド、THE BLUE HEARTSの通算12枚目のシングル。TOO MUCH PAIN フレッシュアイペディアより)

323件中 51 - 60件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード