115件中 41 - 50件表示
  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た南正人

    ON TOUR 1989(1989年5月3日 - 同31日)から解散するまでの間、ライブとレコーディングでキーボードを担当。真島の友人であった杉浦逸生の紹介でブルーハーツに参加。サポートでありながら、アルバム『HIGH KICKS』の歌詞カードでは顔写真付きで紹介されたり、『ミュージックステーション』にブルーハーツが出演した際は、演奏のみならずスタジオトークにもメンバーと共に並んで出演していたり、ライブ時には甲本ヒロトから5人目の仲間として紹介されるなど、ブルーハーツの中では正式なメンバーとしての意識があった。伝説のバンドめんたんぴんのメンバー(第4期-)で、浅川マキや南正人のバックを務めた事もある実力派だが、ピアノは全くの独学で、「ギターコードを鍵盤に乗せただけ」と、ファンクラブの会報で答えている。後のTHE HIGH-LOWSでも正式メンバーとして活躍し、2003年に同バンドを脱退した。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た諸井克英

    ハイロウズの掟-青年のかたち- 諸井克英著 (2005年10月 晃洋書房)THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た中村あゆみ

    愛称はリュースケ。1986年3月に脱退しているが、1985年に無料配布されたソノシート「1985」で彼の演奏を聴く事が可能である(「1985」はベストアルバム『SUPER BEST』に収録されている)。脱退後は中村あゆみや織田哲郎のバックバンドやスタジオミュージシャンとして活躍。損害保険の調査員、トラックやタクシードライバー等を経験したのちホテルなどで馬車を運行する会社を立ち上げる。2017年1月、白血病にて他界。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たライブハウス

    1985年の1月から、それぞれバンドを解散したり脱退したりしていた真島や甲本らは、本気でバンド結成のことについて考えるようになり、1985年2月に、真島と甲本の2人を中心として「THE BLUE HEARTS」を結成。同年4月に、THE BLUE HEARTSの初ライブを行うことになった。同年の夏に、彼らのマネージャーとしてバンドに関わっていた河口が前メンバーの替わりにベースとして参加し、翌年の4月ごろに梶原徹也が甲本に加入を懇願し、ドラマーとして参加した。結成当初は、渋谷のライブハウス(渋谷屋根裏)を拠点として多く活動していた。1986年、梶原が加入した頃から「面白いバンドがいる」と、話題になり始める。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た第三舞台

    劇団 第三舞台の主宰・鴻上尚史は、自身がパーソナリティを務めた「オールナイトニッポン」内で、幾度となくブルーハーツ好きを公言しており、ライブにも度々足を運び、感想を語っていた。「1985」(鴻上曰くソノシート音源)をフルで流したり、88年2月12日の武道館ライブを見に行った日の深夜の放送では、その日披露されたばかりの新曲「青空」のライブ音源を流したりと、この番組でしか聴けない音源も多かった。後に自身の映画に「青空」を挿入歌として使用している。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たファン

    解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフやファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たヨルタモリ

    ブルーハーツ解散後にメンバーがブルーハーツ時代の曲を歌うことは原則ないが、甲本は一度、他人のライブの飛び入りで「僕の右手」を歌い、また『ヨルタモリ』出演時に「リンダリンダ」のセッションにブルースハープで参加しハミングをしたものの、歌唱はしなかった。真島はイベントで何度か「青空」を歌い、河口がSUMMER SONICで間寛平らと共に「リンダリンダ」を、梶原が「THE 3 peace」として「リンダリンダ」を演奏した。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たろくでなしBLUES

    漫画家の森田まさのりは、メンバーをモデルとしたキャラを『ろくでなしBLUES』(週刊少年ジャンプ連載)に登場させた。また、「英雄にあこがれて」と題された回では、同タイトルのブルーハーツの楽曲(『YOUNG AND PRETTY』収録)の歌詞を作中で引用している。また、ヒロインの初恋の思い出の曲として、「リンダリンダ」を作中で引用し、1話作っている。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た幸福の科学

    解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフやファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た晃洋書房

    ハイロウズの掟-青年のかたち- 諸井克英著 (2005年10月 晃洋書房)THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

115件中 41 - 50件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード