127件中 61 - 70件表示
  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たレコード会社

    活動休止中に甲本は別バンド「ヒューストンズ」、真島はソロ、梶原はドラマーズなどで活動。結局は解散を最終決定するも、レコード会社との契約が残っていたためにアルバムを一枚出すことに。ラストのオリジナルアルバム『PAN』がブルーハーツ名義にもかかわらず、中身がブルーハーツではないのはそのためである。そしてNHK-FMミュージックスクエアで「今後の予定は?」と聞かれて「解散です」と突然の解散発表。それから10年。2005年あたりから、元メンバーが公の場に揃って姿を見せるなど、再び交流が活発化している。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たベース (弦楽器)

    河口純之助 (かわぐち じゅんのすけ) - ベース、コーラスTHE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たドラムセット

    梶原徹也 (かじわら てつや) - ドラムTHE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たJUST A BEAT SHOW

    愛称はシンちゃん。元THE POGO、KENZI&THE TRIPS、2012年現the pillows、The ピーズ。英竜介脱退後から梶原が正式加入するまで、サポートドラマーを担当していた。その際の音源はオムニバス盤『JUST A BEAT SHOW』にて確認することが可能である。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たDVD

    窓をあけよう - 作詞・作曲は甲本ヒロト。86年作。DVD『ブルーハーツが聴こえない』に収録(サビの部分のみ)。メジャーデビュー後も演奏され、2ndアルバム『YOUNG AND PRETTY』に収録される予定だった。 ヒューストンズでも演奏された。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たあんずの里

    8月13日、長野県の科野の里歴史公園「あんずの里ロックフェスティバル」にて最後の出演。これが事実上ブルーハーツの最後のライブとなる。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た青春パンク

    彼らの残した影響は強く、2000年代前半に起こった青春パンクブームでブレイクしたバンドの多くが、ブルーハーツの影響を強く受けていることを公言している。音楽界以外にも、彼らから影響を受けたと語る有名人は多数いる。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た契約

    活動休止中に甲本は別バンド「ヒューストンズ」、真島はソロ、梶原はドラマーズなどで活動。結局は解散を最終決定するも、レコード会社との契約が残っていたためにアルバムを一枚出すことに。ラストのオリジナルアルバム『PAN』がブルーハーツ名義にもかかわらず、中身がブルーハーツではないのはそのためである。そしてNHK-FMミュージックスクエアで「今後の予定は?」と聞かれて「解散です」と突然の解散発表。それから10年。2005年あたりから、元メンバーが公の場に揃って姿を見せるなど、再び交流が活発化している。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たオールナイトニッポン

    劇団 第三舞台の主宰・鴻上尚史は、自身がパーソナリティを務めた「オールナイトニッポン」内で、幾度となくブルーハーツ好きを公言しており、ライブにも度々足を運び、感想を語っていた。「1985」(鴻上曰くソノシート音源)をフルで流したり、88年2月12日の武道館ライブを見に行った日の深夜の放送では、その日披露されたばかりの新曲「青空」のライブ音源を流したりと、この番組でしか聴けない音源も多かった。後に自身の映画に「青空」を挿入歌として使用している。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たTHE BLUE HEARTS (アルバム)

    THE BLUE HEARTS』から『TRAIN-TRAIN』までの前期三部作は、ブルースをルーツとしたメッセージ性の強い、独自の日本語ロックの世界を構築していたが、イーストウェスト移籍後からの後期作品は、後のTHE HIGH-LOWSに繋がる様々なスタイルを取り入れ、メッセージ性を無視した楽曲も多い。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード