127件中 81 - 90件表示
  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たインタビュー

    解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が新興宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフやファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た1000のバイオリン

    2006年、「ラブレター」の歌詞を基にして作られた映画、『ラブレター 蒼恋歌』公開。同年には、このほか「1001のバイオリン」や「リンダリンダ」も、それぞれ別のCMソングとして起用されている。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た野音 Live on '94 6.18/19

    野音 Live on '94 6\.18/19 (1997年11月25日) - イーストウエスト・ジャパンTHE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たロックバンド

    THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)は、日本のロックバンド。1985年結成。1987年にメジャーデビューし、1980年代後半から1990年代前半にかけて活動し、1995年に解散した。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た人にやさしく (テレビドラマ)

    2002年、香取慎吾主演のフジテレビ系ドラマ『人にやさしく』の主題歌と挿入歌に起用され、CDが再発。ブルーハーツをリアルタイムで聴いていない世代も多く聴くきっかけとなった。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たインド

    1987年12月30日フジテレビ系音楽番組、『夜のヒットスタジオスーパーDELUXE』に出演。司会の古舘伊知郎から「インディーズから突然メジャーになった心境は?」の問いに、「インド人のことはあんまりわかんないです」と答える甲本。この1か月半後に初の日本武道館ライブを控えており、「(チケットが)売れ残ってるんで買ってくれ」と発言。また、芳村真理は色々と奇異な発言をしていた甲本の姿を見て「ちゃんと歌は歌えるんですか?」と一言。この後、熱唱した「リンダリンダ」で「ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真にはテレビにも写らない美しさがあるから」と「テレビ」を足して歌っている。またこの時ベースアンプが不調で河口のベース音が鳴らないトラブルが発生した。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たスタッフ

    解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が新興宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフやファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たコマーシャルソング

    2006年、「ラブレター」の歌詞を基にして作られた映画、『ラブレター 蒼恋歌』公開。同年には、このほか「1001のバイオリン」や「リンダリンダ」も、それぞれ別のCMソングとして起用されている。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見たTHE BLUE HEARTS TRIBUTE 2005 EDITION

    THE BLUE HEARTS TRIBUTE 2005 EDITION (2005年7月20日) - ユニバーサルJTHE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

  • THE BLUE HEARTS

    THE BLUE HEARTSから見た夜のヒットスタジオ

    1987年12月30日フジテレビ系音楽番組、『夜のヒットスタジオスーパーDELUXE』に出演。司会の古舘伊知郎から「インディーズから突然メジャーになった心境は?」の問いに、「インド人のことはあんまりわかんないです」と答える甲本。この1か月半後に初の日本武道館ライブを控えており、「(チケットが)売れ残ってるんで買ってくれ」と発言。また、芳村真理は色々と奇異な発言をしていた甲本の姿を見て「ちゃんと歌は歌えるんですか?」と一言。この後、熱唱した「リンダリンダ」で「ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真にはテレビにも写らない美しさがあるから」と「テレビ」を足して歌っている。またこの時ベースアンプが不調で河口のベース音が鳴らないトラブルが発生した。THE BLUE HEARTS フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示

「THE BLUE HEARTS」のニューストピックワード