前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た日本経済団体連合会

    1979年、日本経済団体連合会と通商産業省の要請に応えて米国Educational Testing Service (:en:Educational Testing Service) が開発した。1981年にはIPテストの実施を始め、1982年には韓国でも実施されるようになった。日本での実施主体は、当初は財団法人世界経済情報サービス (WEIS) であり、1986年2月より国際ビジネスコミュニケーション協会となった。2000年には日本での年間の受験者数が100万人を超えた。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た大学

    非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例がある。日本の大学や大学院では、実用英語技能検定(英検)やTOEFLと同様に、受験生の英語運用能力の判定材料に用いられることがある。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たTOEIC

    「問題用紙・その他資材への書き込み」は禁止されている。更に違反行為をした場合は「TOEICの今後の受験を断られる」・「過去のスコアの無効」・「ETSが実施している他の試験TOEIC・TOEFL等」の受験資格を失うと申込時や受験時のしおりや試験前の試験監督の諸注意で強調される。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月13日実施予定であった第161回については、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響で試験会場の確保ができなくなったことなどにより、日本の277箇所のすべての会場で約16万人が受検予定であった試験の中止をすることとした。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た通商産業省

    1979年、日本経済団体連合会と通商産業省の要請に応えて米国Educational Testing Service (:en:Educational Testing Service) が開発した。1981年にはIPテストの実施を始め、1982年には韓国でも実施されるようになった。日本での実施主体は、当初は財団法人世界経済情報サービス (WEIS) であり、1986年2月より国際ビジネスコミュニケーション協会となった。2000年には日本での年間の受験者数が100万人を超えた。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た鳥飼玖美子

    教育学者の鳥飼玖美子は、「英語でのビジネスができるかどうかは、英語力だけによるものではない。その人物の実務経験や人間力、コミュニケーション力などのトータルの力があってこそ。『TOEICのスコア=仕事能力』ではないのに、ない交ぜに語られており、そこに最大の問題がある」と述べている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たTOEFL

    非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例がある。日本の大学や大学院では、実用英語技能検定(英検)やTOEFLと同様に、受験生の英語運用能力の判定材料に用いられることがある。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た非営利団体

    試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体であるEducational Testing Service(教育試験サービス、ETS)が行っている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た実用英語技能検定

    非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例がある。日本の大学や大学院では、実用英語技能検定(英検)やTOEFLと同様に、受験生の英語運用能力の判定材料に用いられることがある。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たカナダ英語

    聴き取りテストでの発音として、米国、カナダ、英国、オーストラリア(含ニュージーランド)の発音が採用され、それぞれ25%の割合となっている(但し、聴き取りテストの中での指示や案内の音声は常に米国の発音である)。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「TOEIC」のニューストピックワード