36件中 11 - 20件表示
  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た履歴書

    企業・学校・団体が、履歴書・入学願書にTOEIC「公開テスト」のスコアを記入することを指定する場合、TOEIC-IPのスコアは記入することができない。また、公式認定証の提出が必要である場合、TOEIC-IPでは公式認定証は発行されないため提出することができない。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たマークシート

    TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは、2007年1月21日に東京・大阪・名古屋等の主要都市で初めて実施された1 。実施に至った背景としては、従来のマークシートテストでは会話能力や作文能力が測れないという難点があり、ETSが研究を重ねた結果、従来のTOEICおよびTOEIC Bridgeとは別に実施することになった。特にプレゼンテーション、音読、電子メールや論文の作成問題等、マークシートでは測れなかった部分を補完している。スコアについては、運営委員会により、スピーキングテスト/ライティングテストで130〜140である場合にTOEICで700〜750相当とされている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たニュージーランド英語

    聴き取りテストでの発音として、米国、カナダ、英国、オーストラリア(含ニュージーランド)の発音が採用され、それぞれ25%の割合となっている(但し、聴き取りテストの中での指示や案内の音声は常に米国の発音である)。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たパーソナルコンピュータ

    このテストはETSのInternet-Based Testing (iBT) というシステムを介して実施される。ETS認定テスト会場のパソコンをインターネットに接続することでテスト問題および解答の送受信を行う。受験者はパソコンで音声を吹き込んだり、文章の入力を行う。iBTによって更に効率化、標準化された公正な方式で受験者の解答を評価し、受験後のフィードバックを行うことが可能となった。問題レベルはTOEFL iBTに準じている。問題形式としては、スピーキングはTOEFL iBTと同等であり、ライティングでは300字の論述問題が同等である一方、写真を短文で描写する問題があり、また英文メールの作成等、実際のビジネスでの場面を考慮に入れた構成となっている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た絶対評価

    評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5〜495点の5点刻みで行われ、合計では10〜990点となり、これらのスコアが認定される。スコアは素点による絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方式を用いて統計的に算出される。これにより、各回で問題の難易度に多少の差があっても、受験者の英語運用能力が同等であればスコアに大幅な変化は生じないとされている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たオーストラリア英語

    聴き取りテストでの発音として、米国、カナダ、英国、オーストラリア(含ニュージーランド)の発音が採用され、それぞれ25%の割合となっている(但し、聴き取りテストの中での指示や案内の音声は常に米国の発音である)。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た母語

    国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、Test of English for International Communication)、通称TOEIC(トーイック)は、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たイギリス英語

    聴き取りテストでの発音として、米国、カナダ、英国、オーストラリア(含ニュージーランド)の発音が採用され、それぞれ25%の割合となっている(但し、聴き取りテストの中での指示や案内の音声は常に米国の発音である)。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たプレゼンテーション

    TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは、2007年1月21日に東京・大阪・名古屋等の主要都市で初めて実施された1 。実施に至った背景としては、従来のマークシートテストでは会話能力や作文能力が測れないという難点があり、ETSが研究を重ねた結果、従来のTOEICおよびTOEIC Bridgeとは別に実施することになった。特にプレゼンテーション、音読、電子メールや論文の作成問題等、マークシートでは測れなかった部分を補完している。スコアについては、運営委員会により、スピーキングテスト/ライティングテストで130〜140である場合にTOEICで700〜750相当とされている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た大学院

    非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例がある。日本の大学や大学院では、実用英語技能検定(英検)やTOEFLと同様に、受験生の英語運用能力の判定材料に用いられることがある。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「TOEIC」のニューストピックワード