36件中 21 - 30件表示
  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たインターネット

    このテストはETSのInternet-Based Testing (iBT) というシステムを介して実施される。ETS認定テスト会場のパソコンをインターネットに接続することでテスト問題および解答の送受信を行う。受験者はパソコンで音声を吹き込んだり、文章の入力を行う。iBTによって更に効率化、標準化された公正な方式で受験者の解答を評価し、受験後のフィードバックを行うことが可能となった。問題レベルはTOEFL iBTに準じている。問題形式としては、スピーキングはTOEFL iBTと同等であり、ライティングでは300字の論述問題が同等である一方、写真を短文で描写する問題があり、また英文メールの作成等、実際のビジネスでの場面を考慮に入れた構成となっている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た項目応答理論

    TOEFLで採用されているIRT(項目応答理論)は、TOEICに採用されているかどうかは明らかにされていない。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たビジネス

    試験は、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となっている。設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られている。試験問題は各国共通である。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たアメリカ合衆国

    試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体であるEducational Testing Service(教育試験サービス、ETS)が行っている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たフィードバック

    このテストはETSのInternet-Based Testing (iBT) というシステムを介して実施される。ETS認定テスト会場のパソコンをインターネットに接続することでテスト問題および解答の送受信を行う。受験者はパソコンで音声を吹き込んだり、文章の入力を行う。iBTによって更に効率化、標準化された公正な方式で受験者の解答を評価し、受験後のフィードバックを行うことが可能となった。問題レベルはTOEFL iBTに準じている。問題形式としては、スピーキングはTOEFL iBTと同等であり、ライティングでは300字の論述問題が同等である一方、写真を短文で描写する問題があり、また英文メールの作成等、実際のビジネスでの場面を考慮に入れた構成となっている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た身分証明書

    受験の際、顔写真入り身分証明書等の確認による厳密な本人確認が、必ずしも行われているわけではない。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た大韓民国

    1979年、日本経済団体連合会と通商産業省の要請に応えて米国Educational Testing Service (:en:Educational Testing Service) が開発した。1981年にはIPテストの実施を始め、1982年には韓国でも実施されるようになった。日本での実施主体は、当初は財団法人世界経済情報サービス (WEIS) であり、1986年2月より国際ビジネスコミュニケーション協会となった。2000年には日本での年間の受験者数が100万人を超えた。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た日本

    試験は、TOEICプログラム全体としては、2010年度は120ヶ国で実施されまた約600万人が受験している。TOEICは日本では年9回実施され、受験者数は、2011年度は約227万人となっている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たウェブサイト

    LPI (Language Proficiency Interview) は、TOEICと関連して行われていた、独立した口述試験である。2010年3月末を以て終了し(実際の最終試験日は2010年2月7日)、上記のTOEICスピーキングテスト/ライティングテストに一本化することが、公式ウェブサイトにて2009年10月16日に発表された。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た英語

    国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、Test of English for International Communication)、通称TOEIC(トーイック)は、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「TOEIC」のニューストピックワード