49件中 31 - 40件表示
  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たアメリカ合衆国

    試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービス(ETS)が行っている。また、ETSはTOEFL( = 「外国語としての英語のテスト」、トーフル)も主催している。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た外国語

    840点以上のスコアを獲得した者は、通訳案内士国家試験の一部科目免除(筆記試験の外国語の英語)を利用できる。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た査証

    2014年4月から、イギリスのビザ申請にTOEICとTOEFL iBTのスコアが使用不可となった。これは、同年2月に、ロンドンのTOEIC試験会場で替え玉受験や試験官の解答読み上げといった組織的な不正があり、ビザ申請を管轄する英国内務省がETSとの契約を終了したことによる。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たフィードバック

    このテストはETSのInternet-Based Testing (iBT) というシステムを介して実施される。ETS認定テスト会場のパソコンをインターネットに接続することでテスト問題および解答の送受信を行う。受験者はパソコンで音声を吹き込んだり、文章の入力を行う。iBTによって更に効率化、標準化された公正な方式で受験者の解答を評価し、受験後のフィードバックを行うことが可能となった。問題レベルはTOEFL iBTに準じている。問題形式としては、スピーキングはTOEFL iBTと同等であり、ライティングでは300字の論述問題が同等である一方、写真を短文で描写する問題があり、また英文メールの作成等、実際のビジネスでの場面を考慮に入れた構成となっている。一部の問題はETSが制作しているTOEFL-iBTテストと類似している。(例としてはSpeakingテストでは1分以内で与えられたトピックに対して意見を述べる問題やWritingでは最後のエッセイ問題等)国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た大韓民国

    1977年、アメリカのテスト開発機関である教育試験サービス (ETS) に北岡靖男が開発を依頼し、ETSがこれに同意した。1979年、日本経済団体連合会と通商産業省の要請に応えてETSが開発した。1981年にはIPテストの実施を始め、1982年には韓国でも実施されるようになった。日本での実施主体は、当初は財団法人世界経済情報サービス (WEIS) であり、1986年2月より国際ビジネスコミュニケーション協会となった。2000年には日本での年間の受験者数が100万人を超えた。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た昇進

    民間企業の入社試験・履歴書において、TOEICスコアに応じて採用判定で優先されることがある。また、企業における昇進等の人事評価でもTOEICスコアが評価材料になることがある。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た日本

    TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストとして開発された。テストの種類として、「TOEICテスト」、「TOEIC Bridge」、および「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト」が、TOEICプログラムとして実施されている。TOEICプログラム全体としては、2012年度には世界150ヶ国で実施され、約700万人が受験している。日本では、2013年度の「TOEICテスト」受験者数は約236万1000人となっている。TOEICテストの内、後述の「公開テスト」は日本では年10回実施されている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見たウェブサイト

    LPI (Language Proficiency Interview) は、TOEICと関連して行われていた、独立した口述試験である。2010年3月末を以て終了し(実際の最終試験日は2010年2月7日)、上記のTOEICスピーキングテスト/ライティングテストに一本化することが、公式ウェブサイトにて2009年10月16日に発表された。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た電子メール

    TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは、2007年1月21日に東京・大阪・名古屋等の主要都市で初めて実施された1 。実施に至った背景としては、従来のマークシートテストでは会話能力や作文能力が測れないという難点があり、ETSが研究を重ねた結果、従来のTOEICおよびTOEIC Bridgeとは別に実施することになった。特にプレゼンテーション、音読、電子メールや論文の作成問題等、マークシートでは測れなかった部分を補完している。スコアについては、運営委員会により、スピーキングテスト/ライティングテストで130〜140である場合にTOEICで700〜750相当とされている。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

  • 国際コミュニケーション英語能力テスト

    国際コミュニケーション英語能力テストから見た国際ビジネスコミュニケーション協会

    日本では、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会 (IIBC) が年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)、80都市でTOEIC公開テストを実施している。受験料は5,725円となっている(2014年4月13日の第189回公開テストより受験料を変更。旧受験料は5,565円)。なお、インターネットサービスの「TOEIC SQUARE」経由で申し込みをした際は、受験をした翌年の同じ月の受験料が割引になる。国際コミュニケーション英語能力テスト フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「TOEIC」のニューストピックワード