前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示
  • 仲畑貴志

    仲畑貴志から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    1981年にサントリー・トリスの子犬が京都の路地裏を駆け巡るCMの企画・コピーを担当し、カンヌ国際広告映画祭金賞を受賞。これを機に同年サン・アドより独立し、フリーとなり仲畑広告制作所を設立する。翌1982年にはTOTOのウォシュレット発売キャンペーンを手掛けて話題を集めると共に、以後TOTOが発売する商品のキャンペーンクリエイターとして活躍(この後、仲畑広告制作所は乃木坂に在するTOTO乃木坂ビル内にオフィスを移している)。またTOTOが九州発祥の企業であることなどの経緯もあってか、その後もJR九州や岩田屋など九州を本拠とするの企業の広告を多数手掛けてゆく。1988年には、爆発的反響を呼んだソニーのウォークマンでニホンザルのチョロ松が目を閉じて音楽を聴き入る姿を映したCMなど、CM企画にも数多く関わってゆく(コピーの「音が進化した。ヒトはどうですか。」はサントリー宣伝部を経て、仲畑の門下生の一人となった一倉宏が書いた。一倉は他にサントリーモルツの「うまいんだな、これが。」などの名コピーを書いている)。仲畑貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州工業地帯

    北九州工業地帯から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    関門海峡から洞海湾沿岸にかけて、官営製鉄所の後身新日鐵住金八幡製鐵所(八幡東区・戸畑区)や同社小倉製鐵所(小倉北区)などの鉄鋼業、新日鉄住金化学(戸畑区)や三菱化学(八幡西区)などの化学工業、TOTO(小倉北区)や黒崎播磨(八幡西区)などの窯業、三菱重工業(下関市)などの造船業が発達し、周防灘沿岸には日産自動車(苅田町)やダイハツ九州(中津市)などの自動車産業、宇部興産、三菱マテリアル(苅田町)などのセメント製造拠点が集積。内陸部は石灰石の一大産出地で、東谷鉱山(小倉南区)、香春鉱山(香春町)、船尾鉱山(田川市)、関の山鉱山(田川市)などがあり、セメント工業が発達しているほか、トヨタ自動車九州(宮若市・苅田町)などの工場がある。また、九州地方は半導体産業が集積している事からシリコンアイランドと呼ばれ、ローム福岡(行橋市)や東芝LSIパッケージソリューション(宮若市)などの工場がある。製鉄、化学、窯業、セメントなどの重厚長大型の素材産業で名をはせた北九州工業地帯だが、現在の主力品目は自動車。日産、トヨタ、ダイハツの生産拠点が増産体制を強めていることから、2006年の自動車生産量は100万台に達した。これは、生産高でロシア一国に匹敵する規模である。北九州工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • トイレ用擬音装置

    トイレ用擬音装置から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    日本では、TOTOやINAXが開発販売を行っており、単体および温水洗浄便座装備のものを用意している。トイレ用擬音装置 フレッシュアイペディアより)

  • 大倉和親

    大倉和親から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    大倉 和親(おおくら かずちか、1875年(明治8年)12月11日 - 1955年(昭和30年)7月1日)は、明治期の実業家。大倉孫兵衛の長男で日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)初代社長。東洋陶器(現・TOTO)や日本碍子の社長、伊奈製陶株式会社会長も務めた。大倉和親 フレッシュアイペディアより)

  • 日暮真三

    日暮真三から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    その後、1972年に大手広告制作プロダクション、ライトパブリシティに移籍。ここでもTOTOやヤマハなどの広告コピーを書くと共に、1980年には独立してフリーとなり、銀座に「日暮真三事務所」を設立する。その間にアートディレクターで友人の長友啓典と共に、小学館の雑誌「GORO」で篠山紀信の激写シリーズの広告を担当するなどし、評判を呼ぶ。また無印良品などのネーミングを手がける。その他にも多数の製品の広告コピーなどを担当したが、1980年後半以降、徐々に広告企画の仕事から撤退。東京コピーライターズクラブも辞し、コピーの仕事とあわせて作詞活動を始める。日暮真三 フレッシュアイペディアより)

  • 大歳卓麻

    大歳卓麻から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    TOTOにおいては、取締役を兼任するとともに、「買収防衛策に基づく特別委員会」の委員を兼任していたが、同社より「一身上の都合により辞任する旨、申し出があり受理した」との発表があり、2012年8月30日付で全ての役職を退任した。同様に、カルビーでも取締役を兼任していたが、同日付で「一身上の都合によるものであります」との理由で退任した。また、花王の取締役も兼任していたが、同日付で「一身上の都合による」との理由で退任した。大歳卓麻 フレッシュアイペディアより)

  • ハンドドライヤー

    ハンドドライヤーから見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    風で、水を乾かし、または吹き飛ばす製品。1990年代初頭のTOTOの「クリーンドライ」を皮切りに、普及が始まってきた。それ以前にもごく一部で採用されていた(国鉄151系電車や新幹線0系電車のビュッフェなど)。長谷川町子の漫画『いじわるばあさん』には、百貨店のトイレにあったハンドドライヤーを使った意地悪が描かれており、1960年代末期にすでに見られていたことがわかる。ハンドドライヤー フレッシュアイペディアより)

  • 大建工業

    大建工業から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    リモデル事業でTOTOおよびYKK APと提携している。大建工業 フレッシュアイペディアより)

  • セフィオンテクト

    セフィオンテクトから見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    [[File:0140便所.jpg|thumb|セフィオンテクトが表面処理されている最新のエロンゲートタイプ床下給水和風便器 TOTO C755U]]セフィオンテクト(CeFiONtect)は、表面処理技術の一つであり、TOTOが特許を取得し、同社の大小便器、洗面器などの衛生陶器に使用されている。セフィオンテクト フレッシュアイペディアより)

  • TOTO (バンド)

    TOTO (バンド)から見たTOTO (企業)TOTO (企業)

    メンバーによって、またその時によって説明が異なっているため、正確には不明であるが、元メンバー、ボビー・キンボールの本名「ロバート・トトース(Robert Toteaux) 」をもじったもの、「全てを含む」を意味するラテン語を英語風に変えたもの、日本の便器メーカーTOTOからとった(来日の際、TOTOの便器を欲しがったと言われる)など、複数の説、及びメンバーの説明がある。ただし便器メーカーのTOTOからとったという説明については、デビュー当時は日本での人気が先行していたため、日本のファンへのリップサービスがてらのジョークとして音楽雑誌『ミュージック・ライフ』のインタビューで語ったものである。また、キンボールの本名説に関しても、実際の本名はトトースではない。これもメンバーによるジョークであると考えられている。TOTO (バンド) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示

「TOTO」のニューストピックワード