676件中 91 - 100件表示
  • UDトラック

    UDトラックから見たUDトラックスUDトラックス

    UDトラック フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フロンティア

    日産・フロンティアから見たUDトラックスUDトラックス

    2001年、それまでの地味な印象を払拭し、攻勢に転ずるべく、フェイスリフトを行う。若年層に訴えるより大胆なスタイルへと変更され、日産ディーゼルから供給を受けていたUDエンジン搭載の大型車を除き、MA09ERT以来2機種目となる、機械式スーパーチャージャー付のVG33ERを設定した。日産・フロンティア フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄北九州観光

    西鉄北九州観光から見たUDトラックスUDトラックス

    車両は自社発注車両のほか、西鉄から譲渡を受けた車両もあった。三菱ふそう、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)製で、カラーリングは自社カラー(クリーム色地に黄・オレンジ・茶色の帯)から西鉄グループ共通のルーセントカラー(白色地に黒・朱色・金色の帯)へ変更中であったが、2007年4月の車体更新車より西鉄観光バスが採用している青鳥カラーを使用している。2006年に一部の車両が西鉄バス北九州に譲渡されている。西鉄北九州観光 フレッシュアイペディアより)

  • 八千代市公共施設循環バス

    八千代市公共施設循環バスから見たUDトラックスUDトラックス

    2015年3月31日までUDトラックス(旧:日産ディーゼル)のKC-RN210CSNを用いていた。京成バスは予備車がなかったので検査時にはいすゞのP-MR112Dを使用したこともあった。バスデザインは、公募により決定されたものである。東洋バス、京成バス共に日産ディーゼル車は一般路線車で使用されていない。八千代市公共施設循環バス フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス東北十和田南営業所

    ジェイアールバス東北十和田南営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    当所と象潟営業所は信越地方自動車部管轄(1985年3月末まで)であったため、他の東北地区の営業所にはないUDトラックス(旧:日産ディーゼル)車が多く配置されていた。ジェイアールバス東北十和田南営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪宇治バス宇治営業所

    京阪宇治バス宇治営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    2000年代前半まで、日産ディーゼル(現・UDトラックス)製の車両が大多数配置されていた。これは旧・京阪宇治交通が日産ディーゼル車を宇治営業所に集中投入する方針であった事によるものである。京阪宇治バス宇治営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 日産ディーゼル・フィリピン

    日産ディーゼル・フィリピンから見たUDトラックスUDトラックス

    日産ディーゼル・フィリピン(にっさんディーゼル・フィリピン、NDPC)は、フィリピンのサンタローサ市にて1991年にフィリピン国内向けにバスの製造を行う目的で設立。資本金は1億5000万ペソ、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)の出資割合は48.5%。1996年には資本金が1億8600万ペソ(当時の通貨レートで7億4400万円)まで増資された。この時点での出資比率は日産ディーゼル30%、富士重工業13%、ニチメン(現在の双日)12%。日産ディーゼル・フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • 頸南バス

    頸南バスから見たUDトラックスUDトラックス

    路線バスは、いすゞ自動車製、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)製を導入している。頸南バス フレッシュアイペディアより)

  • のげかぜ型巡視艇

    のげかぜ型巡視艇から見たUDトラックスUDトラックス

    主機関としては、日産ディーゼルUDV816ディーゼルエンジンを搭載した。従来の15メートル型CLが直列型エンジンを採用していたのに対し、これは2サイクルのV型エンジンであった。のげかぜ型巡視艇 フレッシュアイペディアより)

  • 九州産交バス山鹿営業所

    九州産交バス山鹿営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    基本的に国産4メーカーでの導入となっているが、大型車・中型車を含め導入割合としてはいすゞ・日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)車が最も多い。日野車は少数派である(産交唯一の純正車体ブルーリボンシティも配属)。また、中型車に三菱車もごく少数ではあるが存在する他、2014年10月には元神戸市交通局のエアロスター(前後扉・ツーステップ)が5台導入され、そのうち3台が当営業所に配属された。その一方で、最近では経年化を迎えた車両においては近年のコスト削減などにより従来からの新車での導入を差し控え、本州大都市において使用されていた県外他事業者(川崎鶴見臨港バス、京浜急行バス、横浜市交通局、西武バス、大阪市交通局、神戸市交通局など)からの移籍車両へ徐々に置き換えられている。また、ノンステップバスも購入され、その中には1998年において小島営業所(現在の熊本営業所)とともにドイツのネオプラン・セントロライナーN4011といった日本にも数少ない輸入車も1台のみ長年にわたって保有していたが、晩年には熊本営業所へ転属し僚車と共に熊本交通センターから熊本港間のオーシャンアローシャトルバス専用車として用いられるも、2013年2月に運用離脱・廃車されている。九州産交バス山鹿営業所 フレッシュアイペディアより)

676件中 91 - 100件表示

「UDトラックス」のニューストピックワード