533件中 21 - 30件表示
  • スバルカスタマイズ工房

    スバルカスタマイズ工房から見たUDトラックスUDトラックス

    スバルカスタマイズ工房株式会社(スバルカスタマイズこうぼう・Subaru Customize Kobo Corporation)は、2003年から2011年まで存在した群馬県伊勢崎市にある富士重工業(スバル)の子会社。かつて日本のバスボディコーチビルダーのリーディングカンパニーであった富士重工業製バスのアフターサービスを目的に設立された。自動車部門はスバル車のカスタマイズ、バス部門は日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)車のアフターサービス、日産ディーゼル車および他メーカー車のリニューアルを行っていた。2011年4月1日付で同じく富士重工業グループである桐生工業と合併、桐生工業が存続会社となり、スバルカスタマイズ工房は解散した。ここでは富士重工業製バスボディを主軸に取り扱うこととする。スバルカスタマイズ工房 フレッシュアイペディアより)

  • UDトラックス新潟

    UDトラックス新潟から見たUDトラックスUDトラックス

    UDトラックス新潟株式会社(ゆーでぃー - )とは、新潟県新潟市に本社を置く、UDトラックス(旧「日産ディーゼル」) が製造する自動車及び日産自動車製フォークリフトを販売する会社である。UDトラックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • ハイデッカー

    ハイデッカーから見たUDトラックスUDトラックス

    日本のバス分野でのハイデッカーの登場は1960年(昭和35年)前後に遡るとされるが、1964年(昭和39年)には三菱ふそう(ボディは三菱重工業)が観光バス向けのオプション仕様として「セミデッカー」と呼ばれる部分高床車を設定、観光車のほか高速路線車としても採用された。1976年(昭和51年)にはいすゞ自動車(ボディは川重車体工業)が全高3.3m・全室高床構造の「ハイデッカー I型」を発売、さらに翌1977年(昭和52年)にはUDトラックス(旧:日産ディーゼル)(ボディは富士重工業)や三菱ふそう(ボディは三菱自動車工業)がこれに追随してフルデッカー型の車体を設定したことから、急速に全室高床車が普及していくこととなった。ハイデッカー フレッシュアイペディアより)

  • 西武バス狭山営業所

    西武バス狭山営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    一般路線用には、CNGノンステップバス(UA452、シャシー:日産ディーゼル、車体:西日本車体工業)が5台在籍する。いずれも2004年製造車で、この5台のうち2台(A4-22・23)が国土交通省認定標準仕様ノンステップ車である。CNGノンステップバスは、主に狭山22・24・28・29に運用される(5台のうち1台(A4-965)は所沢から転属)。西武バス狭山営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 広島バス

    広島バスから見た日産ディーゼルUDトラックス

    路線車両は日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)と三菱ふそうが在籍しているが、2000年までの導入車両は殆ど富士重工ボディを架装している。尚、97年に導入したノンステップバスは全て三菱ふそうで、三菱自動車バス製造(MBM)(当時、現「三菱ふそうバス製造」)架装の車両である。2003年春には富士重工がバスボディ製造から撤退した関係で、2010年まで一時的に西日本車体工業の三菱ふそう及び日産ディーゼルの導入も導入も行われた他、2009年からは三菱自動車バス製造架装の三菱ふそう及び日産ディーゼルの導入も行われている(日産ディーゼルのバス事業撤退後は三菱ふそうのみ導入)。路線車約200台のうち、ほとんどが大型車だが、商工センター循環線(28号線)用に中型車が2台在籍している(この2台は、三菱ふそうのエアロミディである)。広島バス フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・エアロミディMK

    三菱ふそう・エアロミディMKから見たUDトラックスUDトラックス

    この記事では、三菱ふそうがこれまで発売してきた中型バスについて解説を行う。また、かつて発売されていた日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)からのOEM車種、エアロミディ-Sについても記述する。三菱ふそう・エアロミディMK フレッシュアイペディアより)

  • 上尾市

    上尾市から見たUDトラックスUDトラックス

    もともと農業が主産業であり稲作のほか各種野菜の栽培がなされていたが、ベッドタウンとしての宅地開発が進むと同時に企業の進出が相次いだ。市域における農地は減少傾向にあるが梨・ぶどう・キウイなどのほか、トマト・きゅうり・ほうれんそうなど多様な品目が生産されている。工業では輸送用機器の製造がさかんであり、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)の本社及び工場、ブリヂストンサイクルの本社及び工場のほかアイチコーポレーションをはじめ自動車部品関連の企業が多数ある。その他、三井金属鉱業の工場・研究所や市北西部には「上尾領家工業団地」として多数の企業が工場を有している。流通業では、通信販売大手のベルーナが上尾駅東口に本社を構えている。その他、大正製薬が薬草園および総合運動場と称して土地を保有しているが上尾道路予定地に重なっている。上尾市 フレッシュアイペディアより)

  • 日野・レインボー

    日野・レインボーから見たUDトラックスUDトラックス

    10.5mは2000年7月に追加された。このタイプの車両は1999年に発売開始した、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)のJP系に続くものとなる。後述のように5速マニュアルトランスミッション(以下MT)のみのラインナップだが、日野の大型ノンステップブルーリボンはAT仕様のみのため、MT車を要望する事業者や、全体的な導入コストを下げたい事業者に好評を得る。日野・レインボー フレッシュアイペディアより)

  • 西武バス新座営業所

    西武バス新座営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    在籍車両はUDトラックス製がほとんどで、いすゞ自動車は2006年以降に入った車両(いすゞ・エルガ)が配置されている。日野自動車は朝霞市・清瀬市コミュニティバス向けと、朝霞市コミュニティバスの予備車が配置されている。西武バス新座営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 本四海峡バス

    本四海峡バスから見たUDトラックスUDトラックス

    開業当初の車両は日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)スペースアロー、ユーロツアーを中心に導入されてきたが、2002年からは三菱ふそうエアロバス(MS8系)、2005年からは日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)スペースランナー(トップドア車:主に「大磯号」で使用)と日野セレガ(2代目のみ:主に徳島発着路線)も採用している。2010年頃から三菱ふそうエアロエースが導入されている。開業当初から淡路花博終了までの一時期は西日本ジェイアールバスから三菱ふそうエアロバス(MS7系)の中古車数台と、山陽電気鉄道からいすゞ車の中古車1台を購入して使用していたこともあった。本四海峡バス フレッシュアイペディアより)

533件中 21 - 30件表示

「UDトラックス」のニューストピックワード