676件中 41 - 50件表示
  • トラックコレクション

    トラックコレクションから見たUDトラックスUDトラックス

    UDトラックス・ クオン、キャブのマークは新CI(新塗装)トラックコレクション フレッシュアイペディアより)

  • UD・SLF

    UD・SLFから見たUDトラックスUDトラックス

    SLF(エスエルエフ)は、UDトラックスの大型路線バスである。UDバスィズの路線バスとしてはほかに連節バスのBRTがある。UD・SLF フレッシュアイペディアより)

  • バンガロール

    バンガロールから見たUDトラックスUDトラックス

    日本とのつながりとしては、日本の本田技研工業の子会社であるホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーター・インディアがリージョナルオフィスを構えており、2013年稼働開始として自動二輪車の組み立て工場(インド国内の第三工場、年間生産台数120万台予定)を建設した。ちなみに、2014年にボルボグループのUDトラックスがUD Busesのブランドで販売するバスの生産工場を建築。バンガロール フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市交通局

    北九州市交通局から見たUDトラックスUDトラックス

    一般路線車のシャーシは日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)製もしくは三菱ふそう製が採用されている。多くの車両が西鉄バスと同じく地元の西日本車体工業製ボディを架装している。西日本車体工業解散後の2011年5月には三菱ふそうバス製造 (MFBM) 製の三菱ふそうエアロスターが5台採用された。これは市の政策によって先行導入された車両である。その後もエアロスターが毎年度数台程度導入されている。他にわずかながら1980年代から1990年代にかけて当時の純正ボディメーカーの富士重工製や新呉羽自動車工業・三菱自動車バス製造製ボディを架装して導入された車両がある。北九州市交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス瀬田営業所

    東急バス瀬田営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    かつては淡島と同様に三菱自動車工業(現・三菱ふそうトラック・バス)が事実上の指定メーカーとなっていたが、現在は日野車が加わっている。かつてはUD車も平行して導入されていた時期もある。一般塗装車の他にコーチ塗装車も在籍する。都内営業所でありながら、僅かにワンステップバスやツーステップバスが配置されている。大型車、中型ロング車と中型車、小型車が存在し、小型車の一部は狭隘道路走行のため無線機を装備する。東急バス瀬田営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 西武バス練馬営業所

    西武バス練馬営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    北陸の都市間高速バスの草分け的存在として、池袋 - 富山間を結ぶ富山線が西武・富山地鉄の2社で1987年に運行を開始した。昼行便と夜行便が設定され、使用車両は両社ともスーパーハイデッカー、ハイデッカーの独立3列シート車(日産ディーゼル)が使用されてきた。ただし、続行便については4列シート車が使用される場合があった。西武バス練馬営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 上尾道路

    上尾道路から見たUDトラックスUDトラックス

    2004年(平成16年)8月21日 - 上尾市大字地頭方でサービス道路(約900 m)が開通。UDトラックス(旧:日産ディーゼル工業)本社工場外周道路に当たる(上り線は自動車道路一般部を暫定使用)。上尾道路 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・エアロミディMK

    三菱ふそう・エアロミディMKから見たUDトラックスUDトラックス

    この記事では、三菱ふそうがこれまで発売してきた中型バスについて解説を行う。また、かつて発売されていた日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)からのOEM車種、エアロミディ-Sについても記述する。三菱ふそう・エアロミディMK フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ電バス

    江ノ電バスから見た民生デイゼル工業UDトラックス

    戦後のバス事業再開時は様々なメーカーの車両が採用されていたが、1950年代中頃に民生デイゼルのRRバス(BR系・RF系)を性能的に高く評価し、また納期の確実性などから日産車・日産ディーゼル車の比重が高くなり、1970年代までに藤沢・横浜両営業所には日産車・日産ディーゼル車、鎌倉営業所(後の裏八幡車庫)、大船営業所(現 鎌倉営業所)には三菱ふそう車が集中配備(少数派のいすゞ車は1970?1980年代は藤沢営業所に集中)される図式が成立した。1970年代以前から集中配備の傾向は強かったが、例外も多数あり各営業所に複数メーカー車が混在していた。しかし1975年10月16日に大規模な配転を実施した結果、同一営業所(鎌倉営業所横浜支所は本所と別個とみなす)には同一メーカー車でほぼ統一された。1976年7月には例外的に、当時長尺路線車の配置が無かった鎌倉営業所(本所)に日産ディーゼルU20Nが7台新製配備されたが、翌1977年9月にはふそうMP117Nの新製配備を受けて全車横浜支所に転属している。また、これ以前は転属を頻繁に実施しており、顕著な例では在籍期間中に5回転属し、藤沢、鎌倉、大船、横浜の各営業所を数年おきに渡り歩いた車両が1963年式ふそうMR470の中に2台存在したが、以後はあまり実施されなくなった。ただし、これ以後も各営業所の車両需給と使用年数均衡化の関係から、廃車時期まで1?2年と迫った経年車を転属させる措置は時折実施されており、所属車両の中に他メーカー車が1?2台混在する事象は度々発生している。江ノ電バス フレッシュアイペディアより)

  • UDトラックス道東

    UDトラックス道東から見たUDトラックスUDトラックス

    UDトラックス道東株式会社(ユーディートラックスどうとう)とは、UDトラックス(以前は日産ディーゼル工業) が製造する自動車全般と、三菱ロジスネクスト(以前は日産フォークリフト)が製造するフォークリフトを販売するボルボグループの会社である。北海道帯広市に本社を置き、北海道東部を営業範囲とする。UDトラックス道東 フレッシュアイペディアより)

676件中 41 - 50件表示

「UDトラックス」のニューストピックワード