676件中 51 - 60件表示
  • UDトラックス北海道

    UDトラックス北海道から見たUDトラックスUDトラックス

    UDトラックス北海道株式会社(ユーディートラックスほっかいどう)とは、北海道札幌市に本社を置き、北海道西部を範囲とする、UDトラックス(旧社名・日産ディーゼル工業) が製造する自動車全般を販売する北海道日産自動車の子会社である。UDトラックス北海道 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪バス

    京阪バスから見たUDトラックスUDトラックス

    日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)、いすゞ自動車製が在籍する。基本的には、長らく枚方を境に北側の京都・滋賀地区および高槻に三菱ふそう車、枚方に三菱ふそうと日野の両社が、南側の大阪府下に日野車が配属される形であったが、1980年代中期より交野や門真に一部三菱ふそう車の新造配置がされていた事もあった。その後1990年代後半以降は山科に日野車や交野に三菱ふそう車を新造配置するなどを行い、2000年代よりこの原則自体が無くなった。日産ディーゼル車は旧・京阪宇治交通車両に多かったが京阪宇治バスへの移籍や経年による廃車で急激に数を減らしている。いすゞ車は最近まで旧・京阪宇治交通からの引継車のみであったが、2010年11月に高槻に京阪バスでは1976年以来34年振りにいすゞ車(エルガのLKG-LV234N3)が2台導入され、その後も増備が続いている。一方、三菱ふそう車は2009年度から暫く途絶えていたが2013年に久しぶりに大津営業所にエアロスターのQKG-MP37FMが納入され、2015年度にも山科営業所にQKG-MP35FKMのワンステップ車が4台導入された。京阪バス フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス北営業所

    都営バス北営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    4月:江戸川区の(旧)江戸川営業所今井支所廃止と臨海営業所(現・臨海支所)発足に伴い、北に混在していたいすゞ(富士重工業製)車を今井の日産ディーゼル車と交換し、今井の日デM・N代を除いて両方とも車種統一化を完了。残るM・N代も臨海に移籍後1989年7月までに全車が北に転属している。都営バス北営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 日産ディーゼル・スペースアロー

    日産ディーゼル・スペースアローから見たUDトラックスUDトラックス

    スペースアロー(Space Arrow)は、UDトラックス(旧・日産ディーゼル工業)が2010年まで生産していたハイデッカーの大型観光バスシリーズの総称。スーパーハイデッカーとしては、スペースウイング(Space Wing)を生産していた。日産ディーゼル・スペースアロー フレッシュアイペディアより)

  • 日野・レインボー

    日野・レインボーから見たUDトラックスUDトラックス

    10.5mは2000年7月に追加された。このタイプの車両は1999年に発売開始した、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)のJP系に続くものとなる。後述のように5速マニュアルトランスミッション(以下MT)のみのラインナップだが、日野の大型ノンステップブルーリボンはAT仕様のみのため、MT車を要望する事業者や、全体的な導入コストを下げたい事業者に好評を得る。日野・レインボー フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・エルフ

    いすゞ・エルフから見たUDトラックスUDトラックス

    2007年1月にはマツダ、日産ディーゼル(現:UDトラックス)、日産自動車へのOEM供給(標準キャブ車については同年3月上旬から)も開始され、新型タイタン、新型コンドル(小型シリーズ)、新型アトラス20として発売された。いすゞ・エルフ フレッシュアイペディアより)

  • 一畑バス

    一畑バスから見たUDトラックスUDトラックス

    高速バス・隠岐汽船接続バスは、いすゞ製、三菱製、日野製、日産ディーゼル製がある。路線バスはほとんどがいすゞ自動車製である。いすゞ自動車製が多い理由は、一畑電気鉄道直営時代だった1990年代初頭まで、「山陰いすゞ自動車」というディーラーをいすゞ自動車との共同出資で持っていた為である。(その後、いすゞ自動車側に持株を売却し、数々の合併を経ていすゞ自動車中国四国となった)一畑バス フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川中央交通東・相模原営業所

    神奈川中央交通東・相模原営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    麻溝車庫、峡の原車庫ともに大型車は殆どの所属車両が三菱ふそう製。他にはいすゞ自動車製車両の所属もあり一時は少数派であったが、現在ではいすゞ・エルガミオワンステップ車の割合が増えており、三菱ふそう製やいすゞ自動車製の経年中型車の置き換えが進められている。かつてはUDトラックス(旧:日産ディーゼル)製車両の所属もあったが、経年のため廃車された。1990年頃までは全長11m級の長尺車も導入されていたが、現在は標準尺車を中心に中型車も所属している。特に、中型車は麻溝・峡の原を合わせて77台と、所属台数の半数近くを占めている。2013年4月に入り、麻溝車庫所属の中型車の一部で500番台(貸切輸送用)への改番が行われた。2015年3月には、麻溝車庫の中型車の一部(500番台(貸切輸送用))が秦野に転属した。秦野からエアロスターが8台、日産ディーゼル(現:UDトラックス)車(富士重工製ボディ)が2台と厚木から日産ディーゼル・スペースランナーRAが3台が麻溝車庫に転入されたため、500番台(貸切輸送用)の中型車は、全車大型車になった。また2015年12月には厚木から日産ディーゼル・スペースランナーRAが2台が麻溝車庫に転入した。さらに2016年3月には伊勢原から日野・ブルーリボンシティワンステップバスが2台、エアロスターが2台が麻溝車庫に転入、日産ディーゼル・スペースランナーRA2台が相模神奈交バス相模原営業所(現:神奈川中央交通東・橋本営業所)へ転属している。神奈川中央交通東・相模原営業所 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアール東海バス

    ジェイアール東海バスから見たUDトラックスUDトラックス

    国鉄バス時代は、中部地方自動車局時代から日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の車両が多く、国鉄専用型式も日産ディーゼル車は名古屋に集中配置されていた。また国鉄バス末期に、民営化を視野に入れて導入したスーパーハイデッカーも日産ディーゼル車であり、一般路線から撤退までずっと一般路線車については日産ディーゼル車が多かった。日産ディーゼル製シャーシに架装される車体は、全車富士重工業製であり、西日本車体工業に集約後の日産ディーゼル車は導入されなかった。いすゞ車の導入は、民営化後は貸切車を除いて少数に留まっている。ジェイアール東海バス フレッシュアイペディアより)

  • 西日本車体工業

    西日本車体工業から見た民生デイゼル工業UDトラックス

    日本国内の大型自動車メーカー4社(民生デイゼル→日産ディーゼル→UDトラックス、三菱ふそう、日野自動車、いすゞ自動車)のバス用シャシーにボディ架装を行ない、親会社である西日本鉄道(西鉄バス)向けをはじめ、主に九州・関西・中国地方のバス事業者に納入した。西日本車体工業 フレッシュアイペディアより)

676件中 51 - 60件表示

「UDトラックス」のニューストピックワード