676件中 71 - 80件表示
  • 京王電鉄バス

    京王電鉄バスから見たUDトラックスUDトラックス

    京王電鉄バスグループでは、2016年8月現在はいすゞ自動車、日野自動車、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)、三菱ふそうトラック・バス の4メーカーより導入した車両を保有している。京王電鉄バス フレッシュアイペディアより)

  • 樽見鉄道

    樽見鉄道から見たUDトラックスUDトラックス

    1984年の樽見鉄道発足時に用意された車両で、富士重工業がローカル線向けの軽快気動車として開発したLE-CarIIの初の実用車である。1985年(第25回)鉄道友の会ローレル賞受賞。バスを基本とした車体で、前面は曲面の1枚ガラス、側面は車体肩部にかかる曲面ガラスで、下半分は引き違い式のサッシ窓となっている。全長12.5mで、台車は1軸台車(FU30D/T)を履いている。機関は、バス用直噴式の日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)PE6H(180PS)である。全車ATS-S形搭載。樽見鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 西肥自動車

    西肥自動車から見たUDトラックスUDトラックス

    2012年2月までは、日野・三菱・日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の3メーカーを使用していたが、2012年からいすゞの導入が始まり、まず同年に中型ノンステップの新車(エルガミオ)が東部営業所に配置されたのを皮切りに、2014年にはいすゞの大型ワンステップ車(エルガ)1台が新上五島営業所に、2015年には大型のエルガノンステップ4台も東部営業所にそれぞれ配置されている。2015年12月現在で車両の平均車齢は17.8年となっており、北部九州地区の民営バス事業社と比較しても6年高くなっている。西肥自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス

    都営バスから見たUDトラックスUDトラックス

    都営バスでは、いすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、当時の日産ディーゼル工業(日デ)の4社によって製造または販売された車両が使用されており、導入する車両を入札制度によって調達する公営企業である性格上、特定企業および製品の宣伝とならないよう、メーカーロゴや車名表記はステアリングホイールや製造銘板などを除き、すべて省略されている。なお、日産ディーゼル工業は平成22年にUDトラックスに社名が変更されたが、変更後はバスの取り引きがなかった。都営バス フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たUDトラックスUDトラックス

    6月 - 日産ディーゼルが電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)を用いたコンドル キャパシタハイブリッドを発表。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス淡島営業所

    東急バス淡島営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    淡島営業所は長年、三菱ふそうが指定メーカーだった。1960年代の三菱日本重工の時代から、三菱重工→三菱自動車→三菱ふそうトラック・バスと受け継がれてきたが、その後、日野自動車と日産ディーゼル(現・UDトラックス)の車も目的に合わせた新造や転属などで配備された。2014年12月現在、三菱ふそう、日野車を中心に大型短尺車と中型車、小型車のバリエーションがあり、61台のバスが配属されている。東急バス淡島営業所 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス関東

    ジェイアールバス関東から見たUDトラックスUDトラックス

    三菱ふそう・UDトラックス(旧:日産ディーゼル)・日野自動車・いすゞ自動車の4メーカーを保有しているほか、ボルボ・ネオプラン製等の輸入車の導入実績がある。ジェイアールバス関東 フレッシュアイペディアより)

  • 広島交通

    広島交通から見たUDトラックスUDトラックス

    関連会社に日産販売店(広島日産自動車・福山日産自動車)を抱えるため、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)の車両が多い。広島交通 フレッシュアイペディアより)

  • SUBARU

    SUBARUから見たUDトラックスUDトラックス

    しかし、折からの「バブル景気」によって資金調達のめどが順調に立ったことや、1989年1月、レガシィの発売以来、順調に国内市場、北米市場での販売を回復することに成功。1990年(平成2年)には日産ディーゼル(現UDトラックス)の経営再建に手腕を発揮した川合勇のもとで地道なコスト削減努力が続けられ、WRCへの出場など、CI(コーポレーテッド・イメージ)の積極的な訴求効果とあわせ、年産30万台規模の世界的に見て比較的小規模なマスプロダクツ・メーカーとして現在に至っている。SUBARU フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス目黒営業所

    東急バス目黒営業所から見たUDトラックスUDトラックス

    2013年4月現在は全4メーカーの車両が在籍しており、大型短尺車と中型車・ナロー車(別名:中型ロング車)、ワンロマ車が所属。ワンロマ車を除きいずれもノンステップバスで、大型短尺車は日野・ブルーリボンシティハイブリッド(2005年度から納車、現在10台配置)とブルーリボンII、三菱ふそう・エアロスター/エアロスター-S(UDトラックスOEM車)、UD・スペースランナーRA、いすゞ・エルガが、洗足線・不動線専用の中型車は日野・レインボーIIと三菱ふそう・エアロミディMKおよびUD・スペースランナーRM、自由が丘線と品川線で主に使用されるナロー車は三菱ふそう・エアロミディMKが所属している。所属台数は81台。東急バス目黒営業所 フレッシュアイペディアより)

676件中 71 - 80件表示

「UDトラックス」のニューストピックワード