863件中 91 - 100件表示
  • フォード・コルセア

    フォード・コルセアから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    コーチビルダーのアボット(Abbott )により製造されるエステートが1966年3月のジュネーヴ・モーターショー前日に追加され、1967年には小型のコーティナと同様の豪華仕様が車体側面のクローム装飾、特徴あるホイールカバー、ビニール張りの屋根、豪華になった内装を装備して2000Eの名称で登場した。1967年の2000Eの価格1,008ポンドは競合車のローバー・2000の値引き後の価格を考慮して価格決定がされ、この車の導入により英国の4気筒エンジン高級セダンの新しい市場での位置づけを確立した。コルセア2000Eは、ローバー・2000の1,357ポンドから充分な値引き額を引き出し、それ程は強気でない価格設定のハンバー・セプターは後に1,047ポンドという広告価格を付けた。フォード・コルセア フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハドソン

    ジョージ・ハドソンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ヨークの洋服商に奉公し、やがて商人として頭角を現した。1837年にはヨーク市長に選ばれた。1827年には30,000ポンドを相続し、ノース・ミッドランド鉄道(:en:North Midland Railway)の株に投資し、まもなく役員にも選ばれた。1833年にはヨーク銀行(York Banking Company)を設立し、何度かは支配人も務めた。ジョージ・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • ブリガディアジェラード

    ブリガディアジェラードから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    競走馬引退後はニューマーケットのエジャートン牧場で種牡馬となり、総額100万ポンド(1株2万5000ポンド×40株)のシンジケートが結成された。種牡馬としての成績は芳しくなく、特に同世代のミルリーフと比較すると明らかに劣った。その原因はブリガディアジェラードの実質的な所有者であるジョン・ヒスロップがシンジケートの株を譲渡する相手をどのような繁殖牝馬を所有しているかではなく自分と気が合うかどうかという観点から選んだことにあるとも言われている。主な産駒にはライトカヴァルリー(セントレジャーステークス優勝)、ヴァイラーン(チャンピオンステークス優勝)などがいる。ただしブリガディアジェラードの父系は現在も存続している。アルゼンチンに種牡馬として渡った産駒のジェネラルが活躍馬ロードアットウォー(ウォーエンブレムの母の父でもある)を輩出し、そのロードアットウォーがトレード先のアメリカでそのまま種牡馬入りし、そこでまずまずの成功を収めたためである。2000年のブリーダーズカップ・ターフ3着馬John's Callや、2007年のドバイゴールデンシャヒーン優勝馬ケリーズランディングなどが、いずれもセン馬ではあるが、直系の子孫である。ブリガディアジェラード フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルエクスプレス

    オリエンタルエクスプレスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    その後、13万ポンド(約3000万円)で香港・中國國際信托投資公司の会長であるラリー・ヤンにトレードされた本馬は香港に移籍してオリエンタルエクスプレスに改名し、香港ダービー・クイーンエリザベス2世カップ・香港チャンピオンズ&チャッターカップを制すなどの活躍を見せ、通算56戦8勝の成績を残した。オリエンタルエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • Gumroad

    Gumroadから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    決済手数料は$0.25+5%で、受け取りは月末にPayPalで行う。支払いクレジットカードはVISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、JCB、ダイナースクラブに対応している。利用できる通貨は、米ドル・日本円・ユーロ・英ポンドである。商品の登録はウェブから手作業で行うほか、APIからも行える。Gumroad フレッシュアイペディアより)

  • ローバージャパン

    ローバージャパンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1993年頃、英国政府が欧州為替相場メカニズム (ERM) からの脱退を表明。それに伴いUKポンド安となり、ローバーはミニやローバー・400などの主力車種を相次いで値下げした。中でも大きかったのは1994年9月のレンジローバーを300万円も大幅に値下げしたことであった。多くのオーナーがローバーの政策に歓迎し、また他のインポーターも円高還元の値下げを相次いで行うようになった。ローバージャパン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロウ

    ジョン・ロウから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ロウは1984年10月13日、ワールド・マッチプレイのトーナメント中、対キース・デラー戦において、全てのダーツプレイヤーが夢見る究極の偉業を達成した。ナイン・ダート・フィニッシュを成し得たのである。これは、ゴルフのホール・イン・ワンやスヌーカーの147連続得点のMaximum Break、ボウリングのパーフェクト・ゲームなどに相当する。これまで、テレビ中継中、どのダーツプレイヤーも、ナイン・ダート・フィニッシュを成し得たことがなく、このときが初めてのことだった。これにより、ロウは、10万2千ポンドを獲得。その後の試合も彼は勝ち続け、このトーナメントのチャンピオンとなったのである。ジョン・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ミシェル・フェリ

    ジャン=ミシェル・フェリから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1998年5月に移籍金1200万フランでスュペル・リグのと2年契約を締結したが、僅か半年後の11月には120万スターリング・ポンドでプレミアリーグのリヴァプールFCと契約し、ジェラール・ウリエ新監督が最初に補強した選手となった。ポール・インスの控えとして獲得されたものの、負傷に苦しんでおり、加入から約3ヶ月後の2009年2月27日のチェルシーFC戦でインスに代わって後半から初出場した以外、もう1試合に途中出場しただけだった。ジャン=ミシェル・フェリ フレッシュアイペディアより)

  • トウルヌソル

    トウルヌソルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    競走成績は24戦6勝、2着5回、3着3回。収得賞金は6625ポンドトウルヌソル フレッシュアイペディアより)

  • イーストボーンの悲劇

    イーストボーンの悲劇から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1859年10月、ホープリーは「教育不可能と匙を投げられた」「血気盛んな」少年を教育するため、180ポンドを受給していた(1860年当時の公立小学校の男性教諭の平均年俸は 94ボンド)。少年はサリーの裁判官の息子だった。少年は以前は他の私立学校に通い、家庭教師の教育も受けていた。少年は現代からの分析では「水頭症」であり「無感動で愚鈍」であったとされ、よい生徒ではなかった。失敗しつづける少年のことを、ホープリーはその頑固さのせいだと考えた。1860年4月18日、ホープリーは少年の父に「厳しい懲罰」を行うことの許可を頼み、その2日後に許可を得た。ホープリーは体罰で使用されるムチをもっていなかったため、縄跳びの縄とステッキで代用した。イーストボーンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

863件中 91 - 100件表示