484件中 91 - 100件表示
  • ヴェーデル

    ヴェーデルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1999年、キャドバリー・シュウェップスはヴェーデルとその工場をペプシコ社から譲渡された。買収金額は7650万ドル。ワルシャワのプラガ地区にあるヴェーデル社のプラガ工場は2007年に最新式に改装された。これにより新しい研究所やオフィスと、ヴェーデルの売れ筋である「鳥のミルク」(Ptasie mleczko、マシュマロをチョコレートでコーティングした菓子)の新しい製造ラインが完成した。2007年、キャドバリー=ヴェーデル・ポルスカ社はヴァウブジフ広域経済特区に属するオポーレ県の街スカルビミェシュに1億ポンドのチューインガム工場を建設した。この工場は現在、トライデント、スティモロール、V6、ハリウッドといったチューインガムを生産している。同社は次にこのチューインガム工場に隣接する60エーカー(0.24平方キロ)の土地の使用権を取得、2009年よりチョコレート工場として整備している。現在イギリスのブリストル近郊の街ケイシャムにあるキャドバリーのサマーデール工場で生産されていた製品は同工場の閉鎖に伴い2011年よりスカルビミェシュ工場に移管して生産することになっている。2008年にキャドバリーはポーランド情報外国投資庁(PAIiIZ)より「ポーランドにおける最も重要な投資家」の栄誉を与えられている。ヴェーデル フレッシュアイペディアより)

  • カウンティ裁判所

    カウンティ裁判所から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    現在の州裁判所制度は、1846年州裁判所法が翌1847年に施行された時に発足した。州裁判所は、訴額が5万ポンド(10万USドル、8万ユーロに相当)以下の事件を一般的に審理する。現在の制度は完全に制定法によって設けられたものであり、中世に各州長官が設置した「州裁判所」とは異なるものである。カウンティ裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 法曹院

    法曹院から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    4つの法曹院で最大の所属人数を誇るのはリンカーン法曹院で、所属人数が最も少ないのがグレイ法曹院である。法廷弁護士候補生にとって、法曹院の所属人数はスカラシップへの合格率に直結するので、重要な指標となっているようである。4つの法曹院が毎年法廷弁護士候補生に与えるスカラシップの総額は4百万ポンド (2009年5月26日のレート£1=?150.6で約6億円)にもなる。ただし、法曹院は財政的に独自運営されているので、財政規模の大きい法曹院はスカラシップが充実して居る可能性が高い。法廷弁護士候補生の多くはスカラシップへの合格率と法曹院のその時点での財政状態を探りつつ、自分に合った法曹院に所属するようである。英国では法曹院のスカラシップへの関心が高く、スカラシップ獲得者は新聞紙面で紹介される 。法曹院 フレッシュアイペディアより)

  • ウェストミンスター条約

    ウェストミンスター条約から見た英ポンドスターリング・ポンド

    1674年2月19日に締結された、(英蘭戦争)を終結させた講和条約。オランダは、フランスとの同盟を離脱したイギリスに対して賠償金20万から25万英ポンド相当(原文ではスペイン銀貨で80万ペソとなっているが、どちらにせよオランダの経済力からすれば少額であり、イギリス側もこの賠償金でスチュワート王家が亡命時代にオランダ政府から借りた負債を支払ったため、差し引きはほぼゼロであった)を支払うと共に、占領したニューヨーク(ニューアムステルダム)、ニュージャージーなどの北アメリカ植民地をイギリスへ返還(これはもともと和平交渉開始の圧力のためオランダが占領した地域であった)することで合意した。3次にわたった英蘭戦争の結果、オランダは経済的に大打撃を受けたが、両国はいずれも決定的な勝利を得られず、中途半端な結果に終わった。ウェストミンスター条約 フレッシュアイペディアより)

  • クイーン・メリー (客船)

    クイーン・メリー (客船)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1930年12月にクライドバンクにあるジョン・ブラウン・アンド・カンパニーで建造が始まったが、1931年12月に世界恐慌による資金不足により工事が中止された。キュナード・ラインは534番船体を完成させるための建造資金補助を政府に依頼し、政府は経営不振に陥っていたホワイト・スター・ラインとの合併を条件に552番船体「クイーン・エリザベス」の分も援助することを承認し、両社は1934年4月に合併することで合意した。合併した際、社名がキュナード・ホワイト・スター・ラインとなった。こうして約3年半中断されていた工事が再開され、クイーン・メリーは1934年9月26日に進水した。建造にかかったコストは350万UKポンド、工期は3年半となった。クイーン・メリー (客船) フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の背景

    第二次世界大戦の背景から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    この世界恐慌を打開するため、植民地を持つ大国は自国と植民地による排他的な経済圏いわゆるブロック経済を作り、植民地を持たない(もしくはわずかしか持たない)国々は新たな植民地を求めるべく近隣諸国に進出していった。例として、前者はイギリスのスターリング・ブロック、フランスのフラン・ブロックである。後者は1930年代の日本による中国大陸への侵略と事実上の傀儡政権である満州国の設立、イタリア王国によるエチオピアの侵略やドイツによるオーストリアの無血占領(併合)が挙げられる。また、後者においては、経済の停滞による政情不安によりファシズム的思想の浸透やそれにともなう軍部の台頭がみられた他、この時期における人種差別的志向の台頭が顕著なものとなった。第二次世界大戦の背景 フレッシュアイペディアより)

  • ラゴンダ・ラパイド

    ラゴンダ・ラパイドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    生産は受注に基づいて行われ、価格が4950ポンドと非常に高価であったこともあり、総生産台数は僅か55台に留まるが、そのうち48台の現存が確認されている。ラゴンダ・ラパイド フレッシュアイペディアより)

  • フローリン銀貨

    フローリン銀貨から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    イギリスでは、1846年から47年にかけて、十進法通貨制度を模索した時期があり、この時に1/10ポンド(2シリング)に相当する補助通貨単位としてフローリンが採用された。他の単位の候補としては、centum、decade などがあった。フローリン銀貨 フレッシュアイペディアより)

  • ローデシア・ポンド

    ローデシア・ポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ローデシア・ポンドは、導入当初、ローデシア・ニヤサランド・ポンドと同様に、UKポンドと等価に固定されていた。1967年に1UKポンド=2.8USドルの固定相場からUKポンドが切り下げられると、固定相場は1ローデシア・ポンド=2.8USドルとされた。ローデシア・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • ヘネシーコニャックゴールドカップ

    ヘネシーコニャックゴールドカップから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ヘネシーコニャックゴールドカップ(Hennessy Cognac Gold Cup)は毎年11月末にニューベリー競馬場で行われる競馬の競走である。本競走はハンデキャップで行われ、距離は3マイルと2?ハロン(約5331メートル)、障害数は21、格付けはG3(グレード3)、賞金総額は17万5000ポンドである。ヘネシーコニャックゴールドカップ フレッシュアイペディアより)

484件中 91 - 100件表示

「UKポンド相場」のニューストピックワード