863件中 111 - 120件表示
  • ソブリン金貨

    ソブリン金貨から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ソブリン金貨(ソブリンきんか、Sovereign)とは、イギリスの1スターリング・ポンドに相当する金貨の名称である。日本語標記としては「ソベリン」「ソヴァリン」「ソボレン」など訳者により様々な標記が使われる。15世紀後期に初めてこの名称の金貨が登場したが、通常は19世紀前期の金本位制施行により登場した新しい金貨のことをいう。本項では主に新しいソブリン金貨について述べる。ソブリン金貨 フレッシュアイペディアより)

  • シタデルカラー

    シタデルカラーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ゲームズワークショップ社が、フランスの画材メーカーと共同で開発した水溶性アクリル系塗料である。有機溶剤を使用しない水性塗料であるため安全性が高く、使用後の筆も水で洗い流すことができる。同社では塗料の他に、筆やエアブラシなどの画材、ニッパー、接着剤、パテなどのミニチュア組み立て用工具を自社ブランドで多数取り扱っている。ポンドを基準とする輸入品のため国産品と比べると価格は割高であるが、ミニチュアの塗装を主眼に置いた特性とラインナップが利点といえる。なお、全ての製品が日本語に対応している。シタデルカラー フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン地下電気鉄道

    ロンドン地下電気鉄道から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ロンドンでヤーキスはまずチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道(英語:Charing Cross, Euston and Hampstead Railway、CCE&HR)を買収した。チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道はチャリング・クロスからハムステッド及びハイゲートへの大深度路線の議会許可を得ていたが、株式の売却は不調であり、建設資金を集められていない状態だった。多数の鉄道会社の顧問弁護士を務め、選出の国会議員だったは、1900年9月28日にヤーキスとアメリカの投資家集団にチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道をポンド(2013年の約ポンドに相当)で購入することを提案した。ロンドン地下電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • アスカリ・KZ1

    アスカリ・KZ1から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2001年、アスカリがイギリスのバンベリーに新工場を立ち上げるのと同時に開発をスタート。2003年にエコッセに続く2番目の市販車として発表した。1台につき340時間以上かけて手作業で組み立てられるため、50台限定での販売であった。価格は23万5,000UKポンド(日本円で約4230万円)。アスカリ・KZ1 フレッシュアイペディアより)

  • 新アラビア夜話

    新アラビア夜話から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    エディンバラの誠実、温厚な銀行員フランシス・スクリムジャーは高名な弁護士から呼び出しを受けた。用件はさる高貴な人物が彼に年額500ポンドの手当てを支給したいと申し出ているという話だった。条件は指定された日にパリのコメディ・フランセーズに行き、用意された席に座っている事と、指定された相手と結婚する事であった。会話の過程でフランシスは今まで父親と信じていたスクリムジャー老が実の父親ではなく、この依頼が実の父親からのものらしいと知りショックを受ける。パリで劇場の入場券を受け取る際、これを預けた人物がたった今去ったばかりであり、その人物が刀傷のある老人だと聞き後を追う。そして特徴が合致するジョン・ヴァンデラーとロールズ師が言い争う場面に出くわした。ヴァンデラーが実の父親なのかも知れないと思い込み後を付けると老人は緑の日除けがある家に入っていった。フランシスは隣の空き家を借りる事にした。新アラビア夜話 フレッシュアイペディアより)

  • マイスワロー

    マイスワローから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    マイスワロー (My Swallow) はイギリスの競走馬。現役時代には1970年のフランス2歳主要競走を連勝したことなどから、同年のフリーハンデで133ポンドという破格の評価を与えられ、「近年最強の2歳馬」と称された。1972年にイギリスで種牡馬となったのち、1978年に日本へ輸出され、吉田牧場で1988年まで供用された。マイスワロー フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・マーシャル

    フレデリック・マーシャルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    連載中の1871年、日本の在フランス公使としてパリに赴任した鮫島尚信に雇用され、日本の情報発信業務に従事する。当時、ヨーロッパ各国視察と不平等条約改正のための岩倉使節団がアメリカ合衆国での旅程を終え、ヨーロッパへ到着する直前であり、鮫島は日本の現状の制度や文化について一般市民に伝える必要を感じ、マーシャルにその発信を依頼したのである。雇用契約は半日勤務で月額50ポンド(≒250円≒1250フラン相当)、翌1872年秋からは全日勤務で月額80ポンド(≒400円≒2000フラン相当)だったという。さっそく同誌で日本に関する連載が始められたが、全般的にアジアに関心が薄かったヨーロッパ市民にはほとんど無視され、逆に英国の廉価月刊誌『マクミランズ・マガジン』にはマーシャル論文の情報源は信用できず、条約改正は時期尚早であるとの批判まで書かれる結果となった。フレデリック・マーシャル フレッシュアイペディアより)

  • スターリングポンド

    スターリングポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    スターリングポンド フレッシュアイペディアより)

  • タペンス

    タペンスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    2ペンス (two pence) と等価であり、タペンス硬貨 (twopence) の語源となった。また1/120ポンドとも等価である。短命な硬貨で、ジョージ3世治世の1797年にから発行されたのみに留まった。1971年2月15日にイギリスの貨幣制度が十進法に切り替えられるまでの硬貨であり、それ以降の十進法に基づいたとは異なる。タペンス フレッシュアイペディアより)

  • リーブラ

    リーブラから見た英ポンドスターリング・ポンド

    近代では、ペルーで1898年から1931年まで補助通貨的にリーブラが使われていて、1リーブラ () = 1英ポンド にペッグされていた。当時のペルーの(通常の)通貨ペルー・ソルとの換算は 10ソル = 1リーブラ だった。リーブラ フレッシュアイペディアより)

863件中 111 - 120件表示