863件中 11 - 20件表示
  • 救貧院 (ワークハウス)

    救貧院 (ワークハウス)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1784年の国全体での福祉費用は年間2百万ポンドであったが、1832年には年間7百万ポンドにまで膨れ上がった。これは国民一人あたり10シリング以上に相当する額である。この急増の大きな要因として、援助を求める人が大量に増えたことがある。19世紀初頭、ナポレオン戦争後の不況により多くの失業者が生まれた。さらに、多くの労働者を不要とする農業発展に加え、1828年から3年続いた不作や、1830年のスウィング暴動を背景に、救貧制度の改革が迫られた。 救貧制度が広く悪用されているという疑惑に対して、1832年に政府は援助を貧困者に適切に届けるため調査を行い助言する機関として王立委員会を立ち上げ、その結果として1834年の新救貧法のもとで中央集権化された救貧法委員会が設置された。これにより、「いかなる事例も収容者に限り、例外はない」として院外の健康な者に対する救貧は全廃された。教区は教区連合を形成し、それぞれの連合は共立救貧院の運営にあたった。50年間に500を超える教区連合が結成され、そのうちの3分の2は1840年までに作られた 。地域によってはこれらの新しいワークハウスに対する激しい抵抗があり、特に北部の工業地域では暴力に訴える者もいた。1837年の大不況下で多くの人が職を失い、失業者に必要なのはワークハウスではなく職がない間を乗り切るための短期救済であるという思いが大きくなった。1838年の時点で13,427の教区により573もの教区連合が結成されたが、国全体にわたって連合が結成されたのは1868年になってのことだった。救貧院 (ワークハウス) フレッシュアイペディアより)

  • セントヘレナ・ポンド

    セントヘレナ・ポンドから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    セントヘレナ・ポンド (Saint Helena pound) は南大西洋上にあるイギリスの海外領土、セントヘレナとアセンション島の通貨である。レートはUKポンドと等価に固定されている。通貨コードはSHP。セントヘレナ・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ルピー

    湾岸ルピーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    インド政府は1966年6月6日に、これまでUKポンドに対して1ポンド=13 1/3ルピーでペッグしていたインド・ルピーを切り下げることにした際、カタールやその他の国々は切り下げの影響を避けるため独自通貨の導入に踏み切った。カタールとドバイは「カタール・ドバイ・リヤル」(後のカタール・リヤル)を導入し、またそれ以前にクウェートとバーレーンはそれぞれ1961年にはクウェート・ディナール、1965年にバーレーン・ディナール独自通貨を相次いで導入しており、アブダビはバーレーン・ディナールを導入していた。オマーンは政府がポンドとの旧レートを支持し1970年まで湾岸ルピーの使用を続けたが、1970年にオマーン・リアルを導入した。湾岸ルピー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・デランシー

    スティーブン・デランシーから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    その後すぐに、北アメリカのイングランド植民地に渡航、1686年6月6日にニューヨークに上陸した。約1ヶ月後の7月7日、総督ドンガンから国籍を付与する追加書簡を受け取り、1687年9月9日には Colonial Act of 1683 の元、国王に忠誠宣誓をした。 この時に名前を Stephen Delancey. と英語化した。持ち込んだ宝石の一部を300スターリング・ポンドで売却し、商人となった。スティーブン・デランシー フレッシュアイペディアより)

  • 通貨同盟

    通貨同盟から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    UKポンドはイギリス、王室属領(マン島、ジャージー島、ガーンジー島)、イギリス領南極地域、イギリス領インド洋地域(USドルも使用)、ジブラルタル、セントヘレナ、サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島で使用されている。通貨同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年スコットランド独立住民投票

    2014年スコットランド独立住民投票から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    独立を目指す最大の理由として、北海油田の利権がイギリス政府に完全に握られていることの不満が挙げられる。北海油田から徴収される税収はおよそ8200億円で、もし独立が達成されたならば1人当たりの所得が年1000ポンド(約17万円)増えるとの主張がある2014年スコットランド独立住民投票 フレッシュアイペディアより)

  • ベルグレイヴィア

    ベルグレイヴィアから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    第二次世界大戦後、巨大な邸宅の一部は郷紳や上流階級の住宅やタウンハウスではなくなったが、一方でその新規利用は、大使館やチャリティ事業の本部、専門学会など特定の業種に限定された。21世紀初頭には、これらの邸宅の一部が再び住居利用されるようになったが、これには戦後すぐと比べて古い邸宅にオフィスを構える魅力が薄れたことや、ロンドン在住の超富裕層が、1939年以来最高の水準にまで増えたことが理由として挙げられる。ベルグレイヴィアの平均的な住宅価格は、2010年3月時点で660万ポンドだったが、地区には1軒で実に1億ポンド、1平方フィートあたり4,671ポンドの価値がある邸宅も数多くあり、これらは世界中で最も高額な住宅でもある。ベルグレイヴィア フレッシュアイペディアより)

  • ベルンハルト作戦

    ベルンハルト作戦から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ベルンハルト作戦(ベルンハルトさくせん、、)とは、第二次世界大戦中の1943年から敗戦まで、連合国の1国であるイギリス経済撹乱を狙って実施されたナチス・ドイツによるポンド紙幣贋造の秘密作戦である。国家機関による通貨贋造事件としては史上最大規模であった。ベルンハルト作戦 フレッシュアイペディアより)

  • W・H・スミス

    W・H・スミスから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1792年にヘンリー・ウォルトン・スミス () と妻のアンナ () はロンドンで新しい行商事業としてW・H・スミス商会を設立した。2人の死後、商会(1812年時点で1,280ポンドの価値)は息子のが引き継ぎ、1846年に同名の息子ウィリアム・ヘンリーを共同事業者として W・H・スミス・アンド・サン () に改組した。 商会は鉄道ブームに乗じて、1848年のユーストン駅を皮切りに鉄道駅にニューススタンド () を設置していき、鉄道を利用することで新聞の主要な全国的配送会社になった。息子ウィリアム・ヘンリーは、事業の成功を足場にして政治の世界に足を踏み入れ1868年に下院議員となり、保守党政権で何度か大臣を務めた。W・H・スミス フレッシュアイペディアより)

  • タイムフォーム

    タイムフォームから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ブルは学生時代から競馬にのめりこんでいた。数学の知識を活かし、競走馬の走破時計に基づいた独自の評価指標を編み出し、これによって馬券を買った。1940年代までに、“Temple Time Test”というペンネームを使って、この独自の予想を売るようになったが、こうした手法は当時はほかに例がなく、やがてイギリス中の競馬場で評判になっていった。ブルが自分で馬券を買ったうち、1943年から1974年までのあいだの通算損益は295,987ポンドとされており、これは1995年の価値に換算すると約500万ポンドに相当する。50万ポンドの利益を出したとする別の資料もある。タイムフォーム フレッシュアイペディアより)

863件中 11 - 20件表示