863件中 21 - 30件表示
  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ベッドフォードシャー州のルートン・タウンFCでキャリアを開始後、1997年5月に移籍金200万ポンドでプレミアリーグのアーセナルFCと契約した。しかし、アーセナルでは出場機会をなかなか得られず、ハイベリーでの6季は57試合の出場にとどまり、また、ノッティンガム・フォレストFC、クリスタル・パレスFC、レディングFCへと貸し出されていた。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • サッカーの歴史

    サッカーの歴史から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    1872年、アルコックはフットボール・アソシエーション・カップを20ポンドで購入した。同年、15クラブが大会に参加した。クイーンズパークは対戦相手の辞退のため、試合をすることなく準決勝に進出したが、ワンダラーズとのスコアレスドローの試合の後、PK戦や延長戦を前にして試合辞退を余儀なくされた。彼らには再試合のためにロンドンへと向かう経済的余裕がなかった。ワンダラーズは1878年に優勝を勝ち取った。しかし、彼らは他のクラブが明らかに二度とカップを勝ち取ることができない状況にもかかわらず、大会を続けるため優勝カップをFAへと持ち帰った。サッカーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • フランス・フラン

    フランス・フランから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    フランス本土のほか、ニューカレドニア・フランス領ポリネシア・ウォリス・フツナを除く海外領土、およびモナコとアンドラで通用していた。米ドル、ドイツマルク、日本円、イギリスポンドに次ぐ国際通貨のひとつであったが、ユーロの導入により、2002年までに通貨としての役割を終えた。フランス・フラン フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・ドイル

    ケヴィン・ドイルから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    故郷のセント・パトリックス・アスレティックFC及びコーク・シティFCを経て、2005年にイングランド2部のレディングFCと契約する。2009年6月には、クラブ史上最高金額となる移籍金650万ポンドでウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCと契約。そして、クリスタル・パレスFCへ期限付き移籍をした。ケヴィン・ドイル フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウィーケスト・リンク

    ザ・ウィーケスト・リンクから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    イギリス版における最高賞金額は、ほとんどの回では £10,000 だが、有名人が解答者として参加するチャリティーの回では £50,000 である。ザ・ウィーケスト・リンク フレッシュアイペディアより)

  • デアリング級駆逐艦

    デアリング級駆逐艦から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    デアリング級駆逐艦()はイギリス海軍の駆逐艦の艦級。先行する後期バトル級の発展型として1944年度戦時予算で建造されたことから、当初は1944年型バトル級()とも称された。ネームシップの建造費は2,280,000英ポンドであった。デアリング級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マクファデン

    ジェームズ・マクファデンから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    マザーウェルFCにてキャリアを開始し、2002-03シーズンは公式戦19得点を挙げる活躍でを受賞し、一躍有名となる。2003年には移籍金125万ポンドでエヴァートンFCと契約する。エヴァートンで定位置確保に苦戦したことで、2008年1月に移籍金500万ポンドでバーミンガム・シティFCへ売却されると、すぐさま定位置を奪取したが、2010-11シーズン中に重傷で大半の試合の欠場を余儀なくされ、その間にチームは降格となり、そして契約が延長されることはなかった。フィットネスを取り戻した後、2011年10月に自由移籍でエヴァートンに復帰し、サンダーランドAFCでの3ヶ月を経て、キャリアを開始したマザーウェルに復帰した。ジェームズ・マクファデン フレッシュアイペディアより)

  • ポンド (通貨)

    ポンド (通貨)から見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    ポンド()、パウンド()は、いくつかの国で使用される通貨の単位である。代表的なものはイギリスのスターリング・ポンド(UKポンド)。漢字では磅があてられている。ポンド (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • セント・メリーズ・スタジアム

    セント・メリーズ・スタジアムから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    工事は1999年12月に着工され、2001年7月末に完了した。スタジアム自体の建設と周辺のインフラ整備を含めて総額で3,200万ポンドの資金が投入された。セント・メリーズ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ムジー・イゼット

    ムジー・イゼットから見たスターリング・ポンドスターリング・ポンド

    レスター・シティでは、シェフィールド・ユナイテッドFC戦で移籍後初にしてプロ初出場を飾り、以来、定位置を確保すると、僅か2ヶ月半後にウェンブリー・スタジアムでのクリスタル・パレスFCとのプレーオフ決勝戦にも先発出場し、ニール・レノンと中盤でコンビを組んでプレミアリーグ (1部) 昇格に貢献、シーズン終了後には移籍金65万ポンドで完全移籍を果たした。プレミアリーグに昇格してからもオニール監督の下でレノンと中盤でコンビを組んでチームを支えており、昇格1季目ながらリーグ戦を上々の9位で終了すると共にフットボールリーグカップを獲得する一定の成功を収めると、以後の3季ではリーグカップで2度の決勝進出 (内1度の優勝) に加えてリーグ戦においては10位、10位、8位と安定した成績を残していた。しかし、1999-2000シーズン終了後にオニール監督が辞任し、後任のピーター・テイラー (en) 監督がチームの屋台骨というべき選手を複数人放出したことを契機にチームは下降線を辿って行き、特にテイラー監督体制下2季目の開幕戦において、昇格組のボルトン・ワンダラーズFC相手に0-5で大敗した。その後もチーム状況が上向かなかったことで、イゼットは同シーズン前に残留を誓っていたにもかかわらず、2001年秋に移籍要望書を提出しており、シーズン終了後には恩師オニール監督が率いるスコティッシュ・プレミアリーグ (スコットランド1部) のセルティックFCへの移籍を望み、また、ミドルズブラFCからはオファーが届いていた。しかし、クラブ側は移籍金600万ポンド以下での売却には応じず、最終的にイゼット自身も降格したチームから逃げたと思われたくなかったことでミドルズブラへの移籍を取りやめた。ムジー・イゼット フレッシュアイペディアより)

863件中 21 - 30件表示